¥660
残り1点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
息子の嫁 (二見文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


息子の嫁 (二見文庫) 文庫 – 2008/5/25

5つ星のうち2.8 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥660
¥660 ¥456
無料配送: 明日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
8 時間 26 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 息子の嫁 (二見文庫)
  • +
  • 若い後妻と息子の嫁と (二見文庫)
総額: ¥1,320
ポイントの合計: 19pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

定年退職後、妻に先立たれ一人暮らしとなってしまった亮介の元に、息子夫婦が引っ越してきた。27歳の魅惑的な息子の嫁に、かいがいしく世話を焼かれる毎日に年甲斐もなくドキドキしながら過ごす亮介は、彼女の熟れた肢体に自然と目がいってしまう。ある日、その視線に応えるような動きをする嫁に気づいて…。初登場の俊英による書下ろし官能ノベル。

著者について

霧原一輝 きりはら・かずき
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年 『 恋鎖 』 (双葉文庫)で
霧原一輝としてデビュー。その後も 「 大人の男性が元気になる官能小説 」 をテーマに執筆、読者の熱い共感を得る。
著書として 『 息子の嫁 』 『 弟の嫁 』 『 うちの嫁 』 ( 以上、二見文庫 ) 、 『 人妻あそび 』 『 艶姿三姉妹 』 ( 以上、双葉文庫 )、
『 ふたりの嫁 禁断の癒し 』 『 媚薬X 』 ( 以上、竹書房ラブロマン文庫 ) などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2008/5/25
  • 文庫 : 240ページ
  • ISBN-10 : 4576080644
  • ISBN-13 : 978-4576080642
  • 出版社 : 二見書房 (2008/5/25)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.8 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.8
星5つ中の2.8
3 件のグローバル評価
星5つ
15%
星4つ
40%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
45%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年9月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
VINEメンバー
2013年3月13日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告