通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
息子が殺人犯になった――コロンバイン高校銃乱射事件... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 寿王書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★状態:使用感・書き込み無く非常にきれいな状態です。★商品はアルコール除菌しております。★安心確実なアマゾンから365日24時間配送です。管理シールは書籍を封入したクリアパック上に貼付しております。★送料無料・保証付き★代引き・コンビニ受け取り・お急ぎ便対に対応
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

息子が殺人犯になった――コロンバイン高校銃乱射事件・加害生徒の母の告白 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-16) 単行本 – 2017/6/24

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/6/24
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,860

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 息子が殺人犯になった――コロンバイン高校銃乱射事件・加害生徒の母の告白 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-16)
  • +
  • 息子が人を殺しました 加害者家族の真実 (幻冬舎新書)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

息子が殺人犯になった

1999年4月20日、米国のコロンバイン高校で銃乱射事件が起きた。犯人のエリック・ハリスとディラン・クレボルドは13人を殺害し、24人を負傷させて自殺した。2人は同校の4年生だった。

ディランの母、スー・クレボルドの人生はこの日を境に一変する。郊外に暮らす善良な母親は、モンスターを育てた愚母と見なされ、地元だけでなく国内外から非難の的となった。『息子が殺人犯になった』には、それまでの価値観を全否定された彼女がいかに嘆き悲しみ、加害責任を受けとめつつ惨劇の原因を追求し、そして自分を取りもどしていったか、克明に書かれている。書いたのは、事件から16年たってからだった。

スーは文字どおりの良妻賢母であり、夫だけでなく息子たちとも積極的にコミュニケーションをとりながら愛情豊かに育てた。ディランも近所の人々に可愛がられる少年だったが、死亡後の調査で、うつ病を患っていたことがわかる。原因は、スクールカーストと呼ばれる学校でのいじめのようだった。本人が残していたメモ等によれば、病は暴力衝動や自殺願望にまで進行していた。

しかし、スーはその事実を見抜けなかった。ディランはいつもと変わらない態度で家族に対し、巧みに嘘をついていたのだ。彼女が事件後に初めて見た映像には、自殺を前提にした凶行計画に興奮する野蛮な息子が映っていた。

この本には、これを読まなければ知り得ない、親にとっては不都合な真実が書かれている。それらは、スーが命がけで学んだ教訓でもある。彼女は現在、贖罪の思いを胸に、自殺防止の活動に奔走している。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

死者13人、重軽傷者24人、犯人2人は自殺。
事件の一報を知ったとき、母が心の中で神に願ったのは、息子の死だった……全米を揺るがした銃乱射事件の実行犯の家族が揺れる心のままに綴る、息子のこと、事件後のこと。

高村薫氏推薦!
「わが子が惨劇の犯人になったとき、親の人生もまた残酷に断ち切られる。著者が想像を絶する喪失と加害責任を引き受けてゆく過程や、それでもわが子を否定しきれない孤独な葛藤は、神を前に正しくあることを求める善きアメリカの、息苦しいほどの理性の姿である。」

【書評・メディア情報】
神戸新聞(8月27日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
琉球新報(8月27日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
京都新聞(8月27日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
山陽新聞(8月27日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
日刊ゲンダイ(9月2日)/短評
週刊新潮(9月7日号)/書評(大竹昭子氏・作家)
神奈川新聞(9月3日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
大分合同新聞(9月10日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
信濃毎日新聞(9月17日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
本の雑誌(10月号)/書評(青木大輔氏)
婦人公論(10月号)/紹介
読売新聞(9月24日)/書評(服部文祥・登山家、作家)
週刊朝日(10月20日号)/ベストセラー解読
静岡新聞(10月15日)/書評(江川紹子氏・ジャーナリスト)
2018年
週刊教育資料(1月15日号No.1462)/書評(青木幸夫氏・元川崎市立中学校校長)
TBS系特番「マサカの映像グランプリ」(4月4日)/著者インタビューなど

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 398ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2017/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750514462
  • ISBN-13: 978-4750514468
  • 発売日: 2017/6/24
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 226,831位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年3月8日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年10月22日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年9月27日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月2日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年6月27日
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年9月24日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月13日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年11月20日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告