中古品の出品:5¥ 2,800より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恥 (特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 2,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リヴ・ウルマン, マックス・フォン・シドー, G・ビヨルンストランド
  • 監督: イングマール・ベルイマン
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • 言語: スウェーデン語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2008/06/27
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00180472S
  • JAN: 4988142665027
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 176,358位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

夫婦の間に最後に残ったもの── “恥”
生々しく戦争の残酷さを描いた地獄図とも言える問題作


<キャスト&スタッフ>
エーヴァ・ローセンベルイ…リヴ・ウルマン
ヤーン・ローセンベルイ…マックス・フォン・シドー
ヤコービ市長…G・ビヨルンストランド

監督・脚本:イングマール・ベルイマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト

●字幕翻訳:桜井 文

<ストーリー>
元バイオリにストのヤーンとエーヴァは戦争を避けて街の中心地から離れた小島で静かに暮らしていた。しかし、内戦が激化し、敵軍が島へ浸入してきたことで戦禍を被る。気が付けば両陣営が2人の家に乱入し平和な生活はすっかり破壊されてしまう。凄惨な争いを目の当たりにしたことでヤーンとエーヴァも変わってしまっていた……。

<ポイント>
●マックス・フォン・シドー×国際派スウェーデン女優リヴ・ウルマン主演
●信仰がなく政治的な立場を持たない普通の人々が、戦争に翻弄される様子を描く。恐ろしく残虐な人間の本性が戦争によって浮き彫りになっていく。戦争の不条理さを訴えるのが難しかったベトナム戦争の時代に、ベルイマンが描いた問題作。
●手書きフォント採用

<特典>
●音声解説 (by 映画研究家マルク・ジェルベ)
●撮影の舞台裏:人間性の闇をめぐって
●出演者インタビュー:リヴ・ウルマン
●フォト・ギャラリー
●オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

イングマール・ベルイマン監督の68年度作が初単品化。小島にあるヤーンとエーヴァの家に軍隊が侵入し、平和な生活は壊滅。凄惨な争いを目にしたふたりも変わってしまう。ベルイマン作品の常連、マックス・フォン・シドーとリヴ・ウルマンが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

元バイオリニストの夫婦が、戦争に翻弄されるうちに
気がつけば人格そのものが変わってしまう・・
そんな風に書くと、いわゆる普通の戦争映画に思われてしまうだろうけど。
階段で涙を流すほど気弱だった夫のヤーンが、戦車の爆撃や軍からの尋問を受けるたびに
徐々に人格が変貌する様は、不気味なほどリアリティがあります。
モノクロ映像ながらも、迫力のある爆撃シーンの数々は必見。
極限にまで追い込まれた人間が、そして普通に暮らす人々が、戦争でどう変化するのか?
緊張感のある映像を通して戦争の不条理さを追及し、世間に説いたこの映画は
現代でもまったく色あせていないと思います。
DVDの発売が、本当に楽しみです。

ベルイマン監督って、20世紀を代表する偉大な監督と言われているけど
まだまだ知名度が今ひとつなのが、とても残念。
ぜひ、多くの人たちに見てもらいたいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ベルイマンと聞いても、ピンと来る人は少ないと思いますが、
日本で言う黒澤明みたいな巨匠映画監督です。
『処女の泉』とか『沈黙』が有名ですけど、
この『恥』も戦争の真実に肉薄した意欲作。
BOXでしか発売されていませんでしたが、単品で出るんですね。
知る人ぞ知る映画だからちょっと驚きました。

ごく普通の人が戦争に巻き込まれ、
次第に人を殺すことのできる人間に変わり果てていく様子がすごくリアルで、
この映画ほど戦争の恐怖、狂気を感じた映画はありません。
一人でも多くこの映画を見て、
善良な人間の人格を粉々に破壊してしまう戦争の恐ろしさを実感してほしいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
そう問われている様な気がした、ヤーンに対し、ベルイマンから。2013年10月末だったか、二度目の鑑賞をした。最初に観た時は、一人で(約4年前)。二度目は、妹と一緒に。この作品を観終わって妹と感想を話し合った。妹が「ヤーンはベルイマン自身なんだよ、きっと」そう言った。妹は続けた、「ベルイマンは戦争が起こったら、おそらくヤーンの様にしか行動出来ないだろうって、この映画で示してるんじゃないかな」と。彼女は更にこう言った、「そう(ヤーンと同様の行動)してしまう事を、ベルイマンは“恥”だと言ってるんだと思うよ。でもそれって“人間”として生きていくには余りにも苦し過ぎるよね」。「なるほど」と思った。妹が言った事を受けて考えを巡らせてみた、「何故ベルイマンはこの作品を創ったのか?」と。私自身の結論が出るまでに、そう時間はかからなかった。「ヤーンに対し、あなたは何をしますか?彼に何と言いますか?」…これが、ベルイマンの「魂」がこの作品に込めた「問いかけ」の様に私には感じられた。「ヤーン=ベルイマン」…この前提で考えた、そうとしか考えられなくなっていた。ヤーンは内戦に巻き込まれた哀れな男である。初め、彼はただ巻き込まれ、恐怖していただけだった。そんなヤーンが、自分が「生き残る」ために、人を殺す様になってゆく。そうなっていった彼を、一体誰が責められるだろうか?もしもヤーンと同じ立場に立たされたら、彼と...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画監督をめざしている方はとくに観た方がいい映画です。けっして制作費はたくさんかけてないけれど、見ごたえがある。30代過ぎになってみると味わい深い「愛のゆくえ」にドキっとします。
監督インタビューもかなーり いいです。DVDはそのオマケ得点映像なんかが また楽しめますね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ベルイマンということでちょっと他の作品と比べると辛め。
個人的に題材が好きくないのでこの☆の数。観察眼はやっぱりベルイマンだと思う作品です。
自分の言葉に責任を持てず、政治、思想、生き方としての無知、無責任さの惨めさ、悲しさ描いている作品。

それは、オールのないボートの上に主人公夫婦2人残され、
「ああ、私たちはどこにいくのだろう」と締めくくっている言葉からも明らかではなかろうか。
外からの圧迫に従い、でも生きたい…けど世の中を知るのは怖いし…。
自分でハンドルをけして握らず、他人にハンドルを握らせ、事故ればそれは自分のせいではないっていう無責任さ。
ああ、無知のなんたる愚かさよ…!って言葉が最後頭に浮かびました。

そんな理由で一見の価値はあるけど、なんども見たい映画ではない。
一回見て、ギクッとしたら…「あなたは現実をしっかり生きてる?」という作品のテーゼが心に響いたのだと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す