恐竜・怪鳥の伝説 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恐竜・怪鳥の伝説 [DVD]

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 3,759 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,101 (23%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,759より 中古品の出品:4¥ 3,117より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡瀬恒彦, 諸口あきら
  • 監督: 倉田準二
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2005/04/21
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007IO0M4
  • EAN: 4988101116577
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,411位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   かつて富士の西湖に恐竜が今も存在すると主張して非業の死を遂げた父を持つ芹沢(渡瀬恒彦)は、樹海で女性が怪死した事件に興味を覚えて調査を開始。まもなくして西湖では不可解な事件が多発し、次々と人が襲われていく……。『JAWS』など時の動物パニック映画ブームに目をつけた東映が製作したSF映画で、監督は『十七人の忍者』やTV『仮面の忍者赤影』などの倉田準二。ファミリー映画を目指したという割に残酷でどこか大時代的な演出は、やはり当時の東映のセンスを思わせるが、妙に懐かしいところもあるのも事実。特撮はかつて黒澤映画のスタントを担当していたという変わったキャリアを持つ大橋史典で、これまた懐かしいとしか言いようはないが、当時としては7億円という破格の製作費を投じて作られている。海外でも公開され、それなりに外貨を稼いだとのこと。なお、同時上映は実写版『ドカベン』であった。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

恐竜・プレシオザウルスと怪鳥・ランホリンクスの激突を描いた日本映画史上空前のスケールで贈る恐竜ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

投稿者 岡本秀雄 投稿日 2014/1/27
Amazonで購入
自分が出演していた映画がDVDになっていてアマゾンで手に入るなんて想像もしてませんでした。
水上ステ-ジのバンドのメンバ-でした。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何とも捨ておけぬ魅力がある作品である事も否めない。
ジョーズ、ネッシー等のブーム下とは言え、きっちりとした当時の特撮で怪獣サスペンスホラーに挑んだ企画力は
エンタメのスタンスとして間違ってはいなかったと思う。近年のクローバーフィールドもそうだが、ゴジラ一作目やヘドラ等、怪獣物はホラーとの
シンクロ性が高い。夜の湖畔を歩きながら、本作におけるプレシオサウルスの描写を思い出せばその効果は理解できるのではないだろうか。

又なにより、八木(あしたのジョー)正生と、伝説にして現役の沖縄H・Rバンドである紫(ムラサキ)の
ヴォーカル宮永英一による存在感溢れる主題歌/挿入歌の魅力は未だに色褪せない。
作詞の山川啓介による、怪獣側の本能的な破壊衝動をハードロックの文脈で美的、詩的に描いた歌詞も忘れ難い。
ただ、本編におけるプレシオザウルスとランフォンリンクスは生息した時代が違ったんじゃなかったっけ?
って事は「♪確かどこかで 確かあの時」ってのは記憶違いなんじゃ?と恐竜&怪鳥に突っ込みたくなりますが笑

確かに、ツッコミ所満載のシナリオは酷く、特撮も東映の京都の方で担当したとかでどこかチープだ。
だが渡瀬恒彦のクールな演技に、露悪的でトラウマ必至なスプラッタ描写、そして音楽面の
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BNR34 投稿日 2005/4/21
Amazonで購入
監督:倉田準二、脚本:伊上勝・他とくれば「仮面の忍者 赤影」コンビ。
東映さんが当時「ジョーズ」ブームにのって7億かけて作った超大作。
若き渡瀬恒彦さんと、白影でおなじみの牧冬吉さんの元気なお姿が
見られるのが嬉しい作品です。
ぶっちゃけ本編の見所は、あまりないのですが、強引なシナリオと山積み爆雷ちゅどーんは(・∀・)イイ!!  
私はトクサツファンなので、やはり首長竜VS.翼竜を期待したいところですが、
双方の造形があまりよろしくなく、特にランフォリンクスは飛び方が変。
プレシオザウルスは首の処理がイマイチ。。。
VS.シーンもほとんどがCLOSEUP撮影でごまかされ、
パッケージにあるようなダイナミックなカラミを感じないのが残念。
しかしクライマックスの富士噴火~地割れ特撮シーンは今見てもなかなか迫力にあふれ、
東宝や大映特撮を見慣れた世代にとっては新鮮に感じます。
見たほうがいいとは言わないまでも、見たほうが経験値UPします。(何の?)

東映さんはこの作品といい「宇宙からのメッセージ」や「北京原人」など
特撮ファンの心の隙をつくかのような…良い意味でバカっぽい企画を
唐突に「ぽん」と出してくれてましたが、最近ないっすね。寂しいです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きょう 投稿日 2014/7/29
ゴジラのような特撮怪獣映画だと思って観ると痛い思いをします。確実にスプラッターパニック映画です。女性が下半身を食いちぎられたり、生首が目の前に浮遊してきたりとトラウマシーンの数々。70年代の妖しい雰囲気といい好きな人は手放せない珍品
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック