中古品
¥1
+ ¥256 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 本の状態「非常に良い」の内容につきましてはアマゾンが定めるガイドライン規約の3つの項目の範囲に従っております。メール便にて発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


恐怖箱 遺伝記 (竹書房文庫) 文庫 – 2008/11/28

5つ星のうち1.8 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1
¥1
お届け日: 1月25日 - 27日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

原因不明の怪異は勿論それだけで十分怖い。だが、それに呪いや祟りといった原因、因果が絡む時、怖さは何倍にも膨れ上がる。いわくつきの恐怖は理由なき恐怖を遙かに凌ぐものなのだ。そしてその因果が過去に深ければ深いほど、未来に犠牲が連なれば連なるほどおぞましさは増大する。そんな恐怖の本質に迫ろうとしたのが本書、実験的ホラー小説大会「遺伝記」の傑作選である。収録の24話はどれも独立したひとつの話として楽しめる。どこから読んでも構わない。だが、すべてがどこかで繋がっていることにお気づきになるだろう。巧妙に張り巡らされた因果の糸。邪悪な蜘蛛の巣の罠にかからぬようくれぐれもご用心あれ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/一
1967年静岡県生まれ。パソコン雑誌から少女雑誌、官庁のお役所仕事から怪談まで、守備範囲ははなはだ無節操。自称、日本でいちばん逃げ足の速い怪談コレクター。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』冬版の編著者で、実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、同コンテストの傑作選「怪コレクション」シリーズの編者を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 竹書房 (2008/11/28)
  • 発売日 : 2008/11/28
  • 文庫 : 223ページ
  • ISBN-10 : 4812436583
  • ISBN-13 : 978-4812436585
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち1.8 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.8
星5つ中の1.8
3 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
21%
星2つ
39%
星1つ
40%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年6月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年2月27日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告