通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
恐怖の緑魔帝王 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ヤマブキ堂 
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯】なし。【カバー】キズ・スレ有り。汚れ無し。【本文】折れ・ヤケ・書き込み無し。※送料無料・安心・安全・確実 アマゾンからの発送です。(商品チェックには十分注意を払っておりますが、見落としがある場合がございます。何卒ご了承願います。尚返品対応もしております。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

恐怖の緑魔帝王 単行本 – 2015/3/4

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/3/4
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 996

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 恐怖の緑魔帝王
  • +
  • 少年探偵 (一般書)
  • +
  • 全員少年探偵団 (一般書)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

江戸川乱歩生誕120年記念
「みんなの少年探偵団」シリーズ第4弾!

緑づくめの怪人が仕掛ける「大東京緑化計画」。
どうなる少年探偵団!?

ある寒い寒い秋の夕方。
探偵術の訓練をしていた少年探偵団の井上君とノロちゃんは、
奇態な緑の老婆に遭遇し、恐ろしい目に遭う。
時を同じくして、港区白金の大富豪・湧水健太郎氏のもとに、
値打ちものの絵画と娘の登喜子嬢をいただく、という犯罪予告が届いた。
送り主は、怪人二十面相。
出張中の明智探偵に代わり対応した小林少年は、湧水邸に張り込むのだが――。
二転三転する事件。やがて明らかになる意外な真実。
直木賞作家が贈るスリルとユーモアたっぷりの冒険譚。
小林少年の八面六臂の変装術をご堪能あれ!

内容(「BOOK」データベースより)

緑づくめの怪人が仕掛ける「大東京緑化計画」。どうなる少年探偵団!?直木賞作家が贈るユーモアとスリルたっぷりの冒険譚!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2015/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591143104
  • ISBN-13: 978-4591143100
  • 発売日: 2015/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 478,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
著者の芦原すなおは、少年探偵団シリーズのフォーマットを忠実に再現しています。
帝都に迫る不吉な前兆→名探偵と怪盗そして魔人・緑魔帝王の三巴の戦い→大団円
大戦直前・直後の雰囲気を漂わせる語や乱歩特有の言い回しや表現も散見できます。
文調は文語体というよりNHK文学館のラヂオドラマ風の口語体で語りかけてきます。
小林団長、花崎マユミさん、「魔術師の娘」こと文代夫人や中村警部も出てきます。
ミステリーファンにはもうあとひと捻り欲しい不満な内容かもしれないでしょうが、
私は面白く一気に読み上げてしまいました。
『少年探偵団シリーズ』はあくまで、推理小説風の「怪奇冒険活劇」なのですから。

ジュベナイルものとしては十分面白かったけれど、も少し長くても良かったかなぁ
あと残念なのはあのポプラ社作品特有の挿絵が全くないこと。
小学生だった頃、あの挿絵が作品の不気味さを駆り立て、震えあがったものでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 江戸川乱歩生誕120年ということで、ポプラ社から昨年11月より刊行されていた、「みんなの少年探偵団」シリーズの第4弾になる本書が刊行されました。
 そして、本書をもってこのシリーズは完結だそうです。
 本書では、第105回直木賞作家の芦原すなおさんが執筆を担当されています。
 本書では、港区白金の大富豪、湧水健太郎の所有する値段の付けられないような高価な雪舟の山水画と美貌の娘を狙って、
 怪人二十面相と、正体不明の全身緑づくめの緑魔帝王が激突します。
 当然、明智小五郎、そして、小林少年をはじめとする少年探偵団のメンバー、マユミさん、明智探偵の奥さんの文代夫人、中村警部も大活躍します。
 果たして、勝者はどちらに、そして、緑魔帝王の正体とは・・・・・!!!??
 さて、読んでみての感想ですが、あくまで私見ですが、文句なしに面白いと思います。このシリーズで一番面白いと思います。
 シリアスな話に適度なユーモアがちりばめられているので、読んでいて飽きません。
 それに、少年探偵団シリーズは、本作のような奇想天外な話、破天荒さ、言い換えればハチャメチャさがなければ・・・・
 作者の芦原さんは、1949年生まれの65歳だそうで、私と同い年です。
 この世代は、私と同じように、「少
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以下、決して皮肉ではありません。念のため。
これはユーモア小説です。本各推理小説でも血沸き肉踊る冒険活劇小説ではありません。痛快なパスティーシュです。
特に出てくる女性陣のボケぶり、謎解決の荒唐無稽さは一読の価値ありです(理論的な謎解きを期待する人は読まないほうがいいです)
何度も書きますが皮肉ではありません(笑)
あの頃の少年探偵団シリーズのファンだった人にも、はじめて読まれる方にもお勧めです。
ただし他の方が書いているように、挿絵は欲しかったですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一言でいうと、本当に面白い作品です。作品の世界にどんどん入っていってしまう芦原先生の見事な文章や、また、何度も何度も笑ってしまうユーモアがあふれる、それは楽しい作品です。この本に巡り合えてよかったと思わせた一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
カバー絵から、懐かしいポプラ社の少年探偵シリーズを思わせるテイスト満開ですが、文章は乱歩調とは異なりややコミカルな雰囲気になっています。それはそれで面白いのですが、純粋に少年探偵シリーズが好きだった人は、やや違和感を感じるかもしれません。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック