中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

恋都の狐さん 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/16

5つ星のうち 2.4 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2012/2/16
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

“掟破り?”の第46回メフィスト賞受賞作!

「20年間彼氏なし」女子大生が狐さんに初恋!?

「本読みの達人」が絶賛!
恋をするなら奈良。そんな気にさせられてしまうのだ、この小説は!―ー金原瑞人氏(翻訳家)
生真面目&ちょい天然な主人公が愛おしい!――瀧井朝世氏(ライター)

豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落としてしまう。拾ったのは、狐のお面を被った着流し姿の奇妙な青年。それが「狐さん」との生涯忘れえない、出逢いだった――。

内容(「BOOK」データベースより)

豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落としてしまう。拾ったのは、狐のお面を被った着流し姿の奇妙な青年。それが「狐さん」との生涯忘れえない、出逢いだった―。第46回メフィスト賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 258ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062174855
  • ISBN-13: 978-4062174855
  • 発売日: 2012/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 772,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
第46回メフィスト賞の受賞作.ノベルスサイズではなく四六版での刊行となっています.

カバーを飾る男女が出会い,そこへもう一人の女性を交えたやり取りが主に描かれますが,
とにかく物語の動きが鈍く,何気ないことにまで冗長な表現は読んでいて煩わしく感じます.

かと思えば,中盤を過ぎてからは急に進み出し,主人公の『スイッチ』の入りが唐突なら,
本編の結末も唐突で,きっかけとなった神事を絡めた事件もこれまた唐突でしかも中途半端.
続くエピローグで…という期待も,さらに呆気に取られる流れで消化不良の感だけが残ります.

終盤からエピローグでの,いわゆる『予想外の結末』自体は特に悪いとは思いませんが,
そこへと至る主人公の様子にはついて行けず,もっと丁寧に畳んでいってほしかったです.

奈良を舞台に歴史や神事にまつわるうんちく,狐面の青年の人を食ったような言動などは,
森見,万城目さんらの作品に似ており,これらがお好きならばそこそこは楽しめそうですが,
『恋』を冠しておきながら,人や気持ちの部分がまるで伝わってこないのは残念でなりません.
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
奈良の行事がたくさんでてきて、思わず奈良に行きたくなる。
登場人物の掛け合いも楽しめました。

ただ、残念なのは最後。
あっけなくて、続きをだすことを考えてだとしても、こんな終わりかた?と思いました。

私は恋愛小説だと思って購入したのですが、ほとんどそんな要素はなかったです。奈良のPR本に近いかな。

ちょっと残念。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「メフィスト賞受賞作」であることを期待して読みました。

一読してミステリとは思えず、広義のエンタメというには地味で、
これがあのメフィスト賞???という印象。

じゃあどんな小説なのかというと、
ごく普通の女の子の恋愛小説なのかなと思います。

では普通の女の子の恋愛小説としてどうか、と考えると、
肝心の気持ちの部分が伝わってこず……

奈良県の文化には詳しくなれましたが、消化不良。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
帯の言葉と表紙の絵に惹かれて購入しました。

古都奈良でどんな素敵なラブストーリーが繰り広げられるのかと期待しましたが、
本の大部分が奈良についての説明で、肝心の恋物語が疎かになっている印象を受けました。
主人公の気持ちや考え方にも違和感を感じる部分が多く、ラストはなぜあんな行動をとったのか
共感できません。もう少し登場人物に深みがほしかったです。

途中、化学式について説明する狐さんにちょっとトキメきました!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hus 投稿日 2012/8/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
あちゃーって感じです。
中盤から、すごくだれてきて微妙…。
好きな本は何回か読みなおすんですけど、もういいかなーってかんじです。
でも恋愛小説ではなく、奈良散策小説と思えば面白いです。
でもいろんな矛盾が目立ちます。
設定の基盤がしっかりしていなかったのでしょうか?
買って、後悔。これに尽きます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 neko 投稿日 2013/5/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
メフィスト賞の授賞作ということで購入しました。
全く尖ってない。深みもない。
奥手な女学生の安い妄想みたいだった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この小説には様々な要素が盛り込んでいるあるが、メインであろう「恋愛」について言えることは、「終始主人公の独り相撲」の一言に尽きる。 常に狐のお面を付けた青年「狐さん」と美人の揚羽さんに出会った主人公は友達になる。 狐さんはミステリアスな青年だが、意地悪でわがまで子供っぽいところがある。主人公は揚羽さんに憧れを抱いたようだが、狐さんはせいぜい変な人止まりのようだ。 それが主人公が鹿に猿沢池に突き落とされた事件(思えばこれも不可解な部分だが割愛)で助けてくれた狐さんに唐突に恋に落ちる。 それからは猪突猛進の主人公は鼻息も荒くバレンタインチョコを作って、狐さんの自宅に届けるも、中から揚羽さんが出てきて「二人は恋人同士」と勝手に思い込み、一人悶々とする。 いままで二人の関係性なんかほとんど気にもとめてなかったくせに…。 それからは二人に陰で迷惑がられているんじゃないかと卑屈な様を見せていたのだが、狐さんのトラウマとその原因に関与していた揚羽さんの心境を聞く。そして揚羽さんに狐さんが「主人公に好意的だ」と教えてくれる。 ところが主人公はとんでもない独りよがりな決心をする。そしてほとんど言い掛かりのようにそれを二人に押し付けた。 おい、君はいったい何がしたいんだ? 一番ミステリアスだったのは狐面の青年ではなく主人公だったのだと、気づいた時にはすでに巻末だった。 買う必要は感じない
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック