通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
恋文―代筆屋のラブレター がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。概ね良好です。土日祝日毎日発送、防水袋にて梱包して発送させていただきます、品切れの際はキャンセルさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

恋文―代筆屋のラブレター 単行本(ソフトカバー) – 2010/12/1

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 829

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 122ページ
  • 出版社: 文芸社 (2010/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4286094200
  • ISBN-13: 978-4286094205
  • 発売日: 2010/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,701,579位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 1980年代前半、進学校のロック少女を主人公とした青春小説。「不器用だった、あの頃の私」みたいなお話。タイトルから「シラノ・ド・ベルジュラック」的なお話を想像すると、肩透かしを喰らう。

 友達のラブレターの代筆ばかりしている高校2年の奈々子は、学校始まって以来のガールズバンドでベースを弾くロック少女。ところが周りは受験モード一色、恋愛至上主義の同級生にも共感できない彼女はすっかり浮いてしまっている。そんな奈々子は、ある日、片時も英単語帳を手放さないイケ面同級生の意外な一面を知る…。

 ラヴェルの「ボレロ」を彷彿とさせる小説。ずーっとずーっとずーっと同じリズムが刻まれ続ける。その時々で主旋律を奏でる楽器は変わっていくが、油断していると退屈にも感じる。「あっ!」と気づいたときには盛り上がった後で、カタルシスを得る間もなく終わってしまう。

 正直言って楽しめなかった。その理由を考えてみると、「あの頃」を振り返っているはずの「現在」の視点から書かれていない、という点が致命的なのではないかと思う。主人公は物語の語り手としては40代半ばのはず。この物語は、既に40を越えた人間として「あの頃」の想いを相対化する視点から語られていなければならないと思うのだが、実際には「あの頃の私」の視点から語られてしまっている。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
高校生の主人公は恋に恋をするような、現実がわかっていない子供。だけど当時では珍しかったガールズバンドのメンバー。
学校で一番恋愛から遠い位置にいるような相手に恋をしてしまう。それは彼も恋愛に興味がないというか、受験勉強で忙しいからだ。
およそ結びつくことのないこの二人が、70年代のロックを介して歩み寄っていく。さて、その結果は・・・?
誰もが一度は覚えのある、人を好きになる気持ちを、学校生活と音楽を背景に痛快に読ませる作品。
初恋の相手を思い出した人、今好きな人がいて、どうやって気持ちを伝えようかと考えている人にはお薦めの本でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
作者の藤田瑞樹さんは恐らく私と同年代なのだろう。

男子校だったのでこんな体験はできなかったけど、

当時から荒井由実の曲や洋楽が大好きだった私。

なんか非常に懐かしい感じがした。

恋には無縁だったけど、ラブレターを書かせたら天下一品の主人公。

青春という素晴らしき時期にガールズバンドで活躍した主人公。

まさに私が過ごしたあの頃の様子が生き生きと書かれている作品であった。

この作者の次回作も是非読んでみたいと思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こんなドラマチックな経験は無かったけど・・・
誰もがあの頃に戻れるんじゃなかろうか?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す