中古品
¥380
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 YuiHouse
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯なしです。中古品のため多少のキズ・スレ・ヤケ・折れ・書き込み等がある場合がございますがご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合は、メールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応致します。商品はゆうメール便にて配送致します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


恋愛結婚は何をもたらしたか (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2004/8/6

5つ星のうち2.3 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥380
¥296
お届け日: 7月11日 - 13日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夫婦別姓論議や少子化、不倫、熟年離婚など「結婚=家族」という主題が、ここ十数年メディアを賑わしてきた。だが、こうした話題の前提として、「一夫一婦制」自体が論議されることがなかったのはなぜか?そもそも明治期に唱導された一夫一婦制は、単なる精神論や道徳談義ではなく、「総体日本人」の、改良という国家戦略と共存していた。本書では、一夫一婦制と恋愛結婚をめぐる言説が、優生学という危険な部分と表裏一体であったことを検証し、恋愛・結婚・家族という制度の「近代性」の複雑さを明らかにする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/秀一
1963年生まれ。一橋大学社会学部を卒業し、東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。現在、明治学院大学社会学部教授。専攻は社会学、性現象論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.3
星5つ中の2.3
評価の数 6
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
33%
星1つ
33%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年2月24日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年8月13日に日本でレビュー済み
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2004年9月8日に日本でレビュー済み
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年1月14日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月20日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年9月30日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告