この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

恋愛症状 (徳間文庫) 文庫 – 2004/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

新しい部屋のソファで私はスカートを捲りあげられる。「窓、開けたまましたら?」そんな恥ずかしいことを彼が囁いてくる。いつもの私だったらきっとノッていた。でもいまはそれどころではなかった……切なく哀しいエロティック触感恋愛小説。

著者からのコメント

三十代となった今、周囲に恋愛症状な人は大勢います。婚約破棄されてノイローゼになったとか、結婚生活のストレスでうつ病になってしまったとか、先の見えない不倫に苦しんで、過呼吸になたとか。ココロのビョーキというものが、ちらほら、お互いの話の中でも出てくるくらいに、それはポピュラーなことになってきました。
 私も、カラダで学んだことがあります。
 恋愛とは、ヤマイなのだ、と。
 恋愛という名の症状なのだ、と。
 人間は、惚れたら、相手に狂信的になり、執拗にこだわります。恋をすると、食欲がなくなり、時に眠れなくなったりもするし。
 これが“症状”でなくて、なんでしょう。 実際“恋煩い”という言葉だって、昔から使われています。恋愛は、人をなんらかの異感情に連れ込むし、いつもの自分では考えられないほどのエネルギーをも生み出します。
 ひとつひとつのお話に、ひとつひとつ「恋愛絡みの症状」を組み込みました。それはパニック障害だったり、流産だったり、はっきり単語として存在しているものもあるし、うまく相手に近づくことができない、コミュニケーションの問題もあります。
 この本を読んで、読者のみなさまがいろいろな意味で「他人事ではない」と感じていただければ、それがいちばん嬉しい気もします。私達は本来愛し合う生き物のはずなのです。この本が、あなたの背中をそうっと押して、あなたが一歩“あの人”に歩み寄る勇気となりますように、願っています。

 

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419892158X
  • ISBN-13: 978-4198921583
  • 発売日: 2004/11
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,865,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。sony a