中古品の出品:1¥ 1,200より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋愛戯曲 私と恋におちてください(初回限定生産版) [DVD]

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 1,200より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 深田恭子, 椎名桔平, 塚本高史, 中村雅俊, 清水美沙
  • 監督: 鴻上尚史
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2011/03/09
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004C44V4G
  • JAN: 4988003804725
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,980位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気劇作家・鴻上尚史が監督を務め、自身の大ヒット舞台「恋愛戯曲」を映画化したラブコメディ。スランプに陥った人気脚本家・谷山は、原稿の催促にやって来たプロデューサー・向井に“強制恋愛”を迫り…。初回限定特典としてブックレットほかを封入。

内容(「Oricon」データベースより)

鴻上尚史の大ヒット舞台を待望の映画化!恋も仕事もちょっと前向きになれる、疾走ラブコメディー!1行も書けなくなった女性脚本家・谷山真由美。ダメ社員のレッテルを貼られたTV制作プロデューサー・向井正也。崖っぷちの二人がTV局の命運をかけたドラマを作ることに!二人は恋も仕事も敗者復活できるのか?!深田恭子、椎名桔平ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2017/6/7
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
人はあまりに若くして、何かとてつもない事をやり遂げてしまうと自ら高めた
ハードルを越えることが至難の業となってしまうというのは世間ではよくある
こと。

とてもわがままで気難し屋の脚本家を深田恭子が演じている。「あれはビギ
ナーズラックだったのか?」いつもその不安に恐れおののき、現在抱えて
いる脚本の仕事は遅々として進まない。

「結局自分は体験したことしか書けないのだろうか?」そんな気持ちが支配的
となっていた矢先、新たな担当プロデューサー(椎名桔平)が深田の前に現れ
る。締め切りは目前となり出来なければ代わりの人間が脚本を書くことになる。

そんな切羽詰まった状況に深田は、「私と恋に落ちてください」と椎名に告げた。
落ち目の脚本家と謎を秘めたプロデューサーの、刹那的なバーチャル恋愛が
現実のものとなるお話しです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ストーリーは単純ながら、深田恭子のいつもながらの演技と、椎名桔平の上手い演技が相まって、脇役はなかなかのメンツで固められた良い映画だった。それにしても椎名桔平という役者はかっこよくて良い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本作は、もとが舞台劇だからテンポが良い。
それから、監督も舞台と同じく鴻上尚史が務めているので、進行にブレがないのも成功の要因だろう。
架空の「関東テレビ」での新ドラマの脚本を巡っての大騒ぎは、まあ誇張もあるが面白い。

それにしても、深田恭子のキュートなこと!
「ヤッターマン」のドロンジョも大変結構だったが(笑)、ごくごく普通のフカキョンも素晴らしい。
デビュー作が大当たりして、ドラマ界から羨望を集める脚本家・谷山真由美を演じているが、もの凄いタカビー
の裏腹にある「不安」と「寂しさ」を見事に表現していたと思う。

対する椎名桔平も、普段とは一味違う役回りであり、それでも「何で」?というキャスティングだったが、
その理由もラスト近くで明かされる。単なる窓際の局員ではなかった、というオチは少し無理があるけれども(笑)、
作品自体がファンタジーだからまあいいんじゃないだろうか。

塚本高史はWOWOWの「幻夜」でも深田恭子と共演しているが、こちらのフカキョンはかなりアブない役(笑)
だったので、ふたりともアプローチが難しかったのではないか。
もともと「不思議ちゃん」と呼ばれているフカキョンだから、本作のような「素」の役柄の方が良いね。<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 映画が公開されているときは、いまいち設定が面白そうじゃなく、また得るものもないだろうと思って見なかった。
 だが今回DVDで見てみて、その認識が間違っていたことに気付いた。

 設定自体はそれほど新鮮でもないのだけれど、物語が進むうちにだんだん面白くなっていった。
 それにないと思っていた、学ぶこともあった。
 それは、「『モノづく』は妥協してはいけない」ということ。

 物語の途中、なかなか仕上がらない脚本を完成させるために、編成部が柳原恭一郎を送り込む。
 なだめてすかして急がせる柳原は、担当プロデューサーの向井に「あなたのやり方じゃ、間に合いません」といい、「とにかく、完成さえすればいいです」という。
 これを聞いたとき、「この作品は、現代人に『モノづくり』の大切さを教えることが目的で作られたんじゃないか」と思った。

 日本人は世界中で一番ブランドの偽物をつかまされることが多いという。
 それはたぶん日本人には、モノ自体よりもブランドの名前がほしいという人が多いということなんじゃないかと思う。
 それでは作るほうもやる気をなくしてしまうし、「まぁいいや」と妥協してしまう人が増え、モノの質は落ち、悪循環でどんどん悪い方向に進んでしまうのではないか
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
怖い深きょん三部作?のはじまり、はじまり…
恋愛戯曲、セカンドバージン、幻夜へとエスカレートして行きましたね。
本編の恭子ちゃんはまだプチ怖いくらいですけど。
映画は舞台挨拶の回から合わせて5回ほど観ましたが、
劇中劇中劇という複雑な構成になっているので、
観るたびに新たな発見がありました。
そう、観るたびに面白くなって行くんですよね。
なにしろ、深きょんは一人三役!ですから、恭子ちゃんのファンにとっては
嬉し!楽し!のたまらない作品だと思います。
今はこのDVDを好き放題、楽しんじゃっています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。深田恭子