Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,404
(税込)
ポイント : 14pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[前田司郎]の恋愛の解体と北区の滅亡
Kindle App Ad

恋愛の解体と北区の滅亡 Kindle版

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 531

商品の説明

内容紹介

ヤバい世界はもう終わった。宇宙人占領下東京の平穏で危険な日常、僕らのぎりぎりの「今」を描く青春長篇小説。傑作短篇「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」収録!

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙人占領下東京の平穏で危険な日常、僕らのぎりぎりの「今」を描く青春長篇小説。傑作短篇「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」収録。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 245 KB
  • 紙の本の長さ: 90 ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/6/30)
  • 販売: 株式会社講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GXRUOSC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 45,807位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
万人受けはしないかもしれませんが、ものすごく面白かったです。

宇宙人が地球に攻撃をしかけるかもしれないという夜に、たいした目的も持たずにそこかしこと街をぶらついているダメ男のお話。北区が滅亡するかもという事態に大した危機感も感じず、コンビニ、本屋、風俗といったありきたりな日常を消費する主人公。その希薄なリアリティーや起伏のない生活感が何とも現代的でおもしろいです。

ただ、だらだらと続いてきた物語が、ラストにほんの少しだけ体温を上げます。SM嬢と交わりながら眺める宇宙人の攻撃。性交も地球の一大事も、彼らにとってはフラットな関係なのでしょう。

同時収録されている「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」もなかなかの傑作でした。身だしなみを整えることに、想像を絶するほど神経を使う完璧主義者の男を彼氏に持った女性の話。ドライブ中、その彼が苦痛の表情を微塵も見せず、極限までウンコを我慢する姿に、彼女は神々しさを感じ、惜しみない愛情を覚える。

何とも人を食ったような話ですが、そのシュールさが絶妙。場面の描写や語り口も、人を小馬鹿にしていて小気味がいいです。「なんか定食食べたい」なんてくだりも、そうそうって感じ(笑)

低俗な話が嫌いでなければ結構オススメです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 娯楽世界 投稿日 2007/1/8
形式: 単行本
前作「愛でもない〜」からの期待を裏切らなかった。宇宙人云々だからSFということでは全くないのでその辺で読者を選ぶことはない。作者らしいといっていいのだろうか、力がぬけていてかつ滑らかな世界観は維持されていて、最初から最後まで読者を引っぱってくれる。今回は主人公の思考、特に愛や憎しみや、サディズムとかマゾヒズムについての考察に力点がおかれているようにもみえるが決してそれが作品を重苦しくしているわけではない。また宇宙人の使い方が面白い。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2009/2/10
形式: 単行本
あらすじを見たとき、これはブンガク的SF? ちょっと難しそう?
と思ったのですが、なんてことはない、とてつもなくおもしろい独り言文学でした。
宇宙人が襲来しようが北区が滅亡しようが、止まらない意識の濁流。
非日常も日常も巻き込み、ただひたすら暴走する独り言。
読み終わったあとの爽快な疲労感はクセになります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カテゴリ的にはSFと言う事になるのでしょうか?

文学賞の批評では「宇宙人が怖くない」ということで

跳ねられましたが、私はこれでいいと思います。

むしろ、それが笑えます。

地球に危機が迫っても、案外みんな冷静だったり、

目の前の小さな問題に心を奪われるところにリアリティ

を感じます。そこが文学なのでしょう。

主人公の坦々とした独り言(一人思考?)がテンポ良く

これまた笑えます。

同時収録の短編「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」

も、味があっていい作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まず,装丁が秀逸.
さわやかな雰囲気の女性と背景に,若干の卑猥さをもった謎の物体.
中身を読めば,きっとこれがファナモなんだと思う.
爽やかさと同居する汚くない汚物.対比と,その表現が好き.

しかもタイトルの「恋愛の解体と~」ではなく,ファナモの画を装丁にしているところもいい.

内容は,非日常的な日常.でも,現代の日本でも,戦争をする国になるかもとテレビで騒いでいても,
日常を繰り返す自分たちと同じかもしれない.

でもやっぱり,だからと言って読み終わってから行動するわけでもなく,日常にもどってしまう.
SFだけど,実は現実に近いと気づかされる話.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover