中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

恋人よ〈上〉 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2001/6

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

お腹の子供の父親はあなたではないかも知れないと告げられた航平。夫になる男を愛しきれない愛永。二人の男女が結婚式の直前に出会い、再会し、そして恋をする。プラトニックな不倫小説。

内容(「BOOK」データベースより)

お腹の子供の父親はあなたではないかもと告げられた航平。夫となる男を愛しきれぬまま結婚式を挙げようとする愛永。二人の男女はそれぞれの結婚式の直前に運命的に出会う。ホテルの一室で交わした二秒のキス。二人は不確かな再会を誓って、それぞれの式にのぞんだ。それから半年後、愛永夫婦が航平たちの隣りに偶然、越してきた―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 370ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344401190
  • ISBN-13: 978-4344401198
  • 発売日: 2001/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,245位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ふた組のカップルが同じ日に同じ式場で挙式、しかしその数時間前に運命の出会いをした2人がいた……話は結婚後、複雑に絡む男女4人がその中でも懸命に運命を受け入れ、やがて命そのものを考えさせられる
話である。 ドラマを先に観ていた為、ドラマの時に感じた驚きや 涙は少ないだろうと思っていたが、活字を追う事によって より 心に直接響くものがあった。特に タイトルになっている恋文は、絶対に この本で 文章にて読むことをお勧めしたい。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマより絶対に本の方がオススメ!
男女間の思いの描写も流石で涙なくしてはよめませんが、結婚式当日の父親の気持ちの描写部分も涙しました。
私自身、結婚に際、両親に反対され、それでも最後は父は大きな愛で今も見守り続けてくれている事と重なり、号泣してしまいました。
ドラマで感動した方は、是非、本もごらんになって欲しいと思います。
本の方が、深く描写されている部分があるので!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読みながら昔見たTVドラマがありありとよみがえった。人物や情景の描写が素晴らしい。例えば鈴木京香扮する粧子、「自己主張がすぎる大きな目は、会社にいた頃にはいろいろ誤解を招いた。組織の中では、使い方を誤ると多くの敵を作ってしまう顔立ちだった。組織を離れると眉間の皺が減り、今の表情になった。笑うと顔が口いっぱいになるところが、俺好きなんだよな、と航平はよく言う。」キャストが決まってから書いたのかと思うほどだ。非現実的なストーリーをこの独特でリアルな描写で語っていく。その手法によって「心の中で永遠に燃える青い炎」などどいう言葉にも妙な説得力を感じてしまう。惜しい作家を失ったと思う。これをきっかけに同氏の著作を全部読んでみたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマが大好きだったので本も買ってみたのですが、
これは本のほうが数段にいい。
登場人物の心の動きの描写が細やかで、
特に下巻の半分以降は泣きっぱなしになります。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビューの評価が高かったので読んでみました。
ドラマが人気だったようですが私はその存在を知りませんでした。
先入観なく読んでの感想は「ありえない&偶然が多すぎる」です。

ありえない設定に嫌悪感をおぼえて先を読みたくなくなりました。
しかも女性二人の人物描写が不足していて
読んでいてどっちがどっちかわからなくなったりしました。

結末が気になったので何とか最後まで読み進めましたが
感情移入できなかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
男女の劇的な出会いと別れ、その後の愛の工面の道程。それらどの場面においても、野沢尚のドラマツルギーとしての辣腕ぶりをみることができる良作である。

その礎となるのは、如才ない登場人物の造形と洗練された数々の台詞である。

泥沼にはまり込むような愛憎劇を描きながらも、彼の真意は「純愛」にあるのだと思う。

私書箱を使った文通も黄色いハンカチといった古風な小道具を用いたのも、そうした意図の表れなのではないか。

苦しさ、哀しみの中にも「安息の地」があることを諭したくて、囁きかけるようなタイトルが付けられたのだと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
野沢作品は生々しいシビアな心をえぐるような作品が多い
のですが、こんな恋愛小説もあったのかと驚きました。

でも人の本質に踏み込んでいくところは逆に本作の方が厳
しいのかもしれません。

いろいろな登場人物が出てきていろんな形で繋がっている
ことが明かされていく、これはまさにドラマ仕立てであり、
ちょっと鼻につく展開でしたが、そんなことを補って余り
ある後半のストーリーにはやっぱり引き込まれます。

愛永がいとおしく感じられました。彼女はいろんなことを
ある意味達観していてピュアに一生懸命生きていく。
その潔さ、純粋さ、悲しさに涙しました。

野沢尚、実は繊細でピュアな人だったのでしょうね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック