¥ 756
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
恋ヶ窪ワークス(下) (アース・スターコミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

恋ヶ窪ワークス(下) (アース・スターコミックス) コミック – 2017/2/13

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 恋ヶ窪ワークス(下) (アース・スターコミックス)
  • +
  • ミニじゃじゃ 上 (サンデーGXコミックス)
総額: ¥1,352
ポイントの合計: 120pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少女とバイクの忘れられない日々を描いたあの名作がまた読める!
18歳の〝あやめ〟は親友のしのぶをバイクの事故で亡くしてしまう。
葬儀の日、屋上から飛び降りようとした彼女の前に〝バイクの妖精〟を自称するヒゲの男があらわれた。
走る道を見失ったあやめは、その男の経営する小さなバイク屋で働くことになった。
少女とバイクと忘れられない日々の物語が始まる。


登録情報

  • コミック: 225ページ
  • 出版社: 泰文堂 (2017/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4803009945
  • ISBN-13: 978-4803009941
  • 発売日: 2017/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 上巻を読んで、再び心に明かりが灯った気がしたこの物語もこの下巻で完結。こじんまりとした感じで
やや寂しさを感じないでもない。
 しかし、やはり大好きな作品には違いないことを再確認。後半のLTD版は、恋ヶ窪ワークスの本編から
は少し外れて、「グッバイ・エバーグリーン」に通じるような雰囲気のお話も。
 また、大森センセの作品が載っていたバイク雑誌「Mr.Bike」を作っていた東京エディターズによる、
作品中に登場したバイクの解説も収録。これがまんま当時のMr.Bikeの誌面を思い出す雰囲気で、重箱の隅
を突っつきながらも、どこかいい加減というかすっとぼけた感じが懐かしいですね。ただし大森センセの
デビュー作をリアルタイムで読んだバイク乗りの年齢だと、このページの文字の小ささは結構クルぜぇっ!
ってとこですかね(笑)。
 また、デビュー作を含む、大森センセの初期の作品も収録されていますが、これに載っていない、その他
の名作短編たちも、再び読みたいです。ぜひ改めて出版してほしいな、と他の本のレビューにも書きましたが、
重ね重ねお願いいたしたい次第。
 さて、「恋ヶ窪ワークス」はこれで完結なのですが、ボスとあやめは「グッバイ・エバーグリーン」にも
ゲスト出演して
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
オートバイは 何も教えてくれないし 何かをしてくれるわけではない。
が、しかし 所有し、乗って出かけていくと 自分と向き合う機会を与えてくれる気がする。
自分自身の鏡のようなものだ。

必要以上の出力は 自分の傲慢さを映し出し、すぐに倒れてしまう虚勢は 自分の儚さを描いているようだ。
機動力は若さそのものだし、相対的に小さな実像は 自分の影である。

いろいろな経験をし、心に刻むバイク乗りだが 
この本を読むと やはり共感を得るのではないだろうか。

誰もが持つ 心の隅に眠る物語を なんとなく変換してくれるような物語だと思う。
それに バイクの魅力を絵に込めるのが上手だなと思う。
この絵を見ると バイクが欲しくなるんだよね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
連載されてた頃からのファンで再販嬉しかったです。
これで上下巻揃いました。
大切にします!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
レースとか、峠でバトルとか、そういった派手な描写を期待する方は、拍子抜けするかもしれません。
そういうシーンもありますが、割合としてはほんの少しです。

何に乗るべきか決めかねているのでヒントが欲しいという方は、その期待を裏切られるでしょう。
登場するバイクの大部分が絶版車で、中古ですらなかなかお目にかかれない車種も多く、カスタマイズも近頃流行のものとは違うと思います。

それでもこの本は上下巻読んでほしい。
バイクは楽しいぞ、と積極的に訴えるでもなく、バイクという相棒のいる人々の日々を綴る。
まだおっかなびっくり公道を走っている新米ライダーの私でも、なぜだかとても走りに行きたくなってしまう。そんな本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作品の内容は言わずもがな。
注文から発送、到着が早くて感謝です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告