中古品:
¥ 687
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [簡易クリーニング済] 状態は概ね良好で目立つ傷、ヨゴレはございませんが、中古品のため若干の使用感(ケース擦れ傷や色褪せ、盤面に薄い拭き傷など)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません。☆BOOKOFFの店舗に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋をしましょう [DVD]

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 1,000より 中古品の出品:5¥ 332より

この商品には新しいモデルがあります:

恋をしましょう [DVD]
¥ 933
(4)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マリリン・モンロー, イブ・モンタン, デビッド・バーンズ
  • 監督: ジョージ・キューカー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2002/08/02
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000069KUS
  • JAN: 4988142108029
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 49,166位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

マリリン&イヴ・モンタン、世紀の2大スター共演で贈るロマンティック・コメディ!
女優として成熟したマリリンの魅力が満載


<キャスト&スタッフ>
アマンダ・デル…マリリン・モンロー(向井真理子)
ジャン・マルク・クレマン…イブ・モンタン(臼井正明)
オリバー・バートン…デイビッド・バーンズ(武藤英司)

監督:ジョージ・キューカー
製作:ジェリー・ウォルド
脚本:ノーマン・クラスナ

●字幕翻訳:鈴木京子

<ストーリー>
マリリン・モンローとシャンソン界の大スターイヴ・モンタン。世紀の2大スター豪華共演! 億万長者でプレイボーイのクレマンは美人女に人目惚れ……。モンローの甘い歌声に加え、ビング・クロスビーやジーン・ケリーが特別出演。観る者が心踊る、華やかでロマンティックなミュージカル・コメディ。

<ポイント>
●日本語吹替音声計約74分収録。
※日本語吹替音声は、現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

<特典>
●オリジナル劇場予告編
●修復前と修復後の映像比較
●フォト・ギャラリー

Amazonレビュー

   マリリン・モンローとフランスの名優イヴ・モンタンの共演で贈る、ジョージ・キューカー監督ならではのミュージカル作品。億万長者でプレイボーイのクレマン(イヴ・モンタン)は、自分を皮肉った舞台劇が行われると聞き、ひそかに楽屋を訪れた折り、踊り子のアマンダ(マリリン・モンロー)に一目ぼれ。やがて彼はクレマン役のオーディションを受けることに…。
   モンローのキュートでセクシーな魅力はここでも華やかに全開。一方モンタンはやや存在感薄し。ただしこの両者、撮影中は映画を地でいくアツアツぶりがスキャンダルにもなった。名曲『恋をしましょう』や『私の心はパパのもの』などミュージカル・ナンバーも楽しい。ビング・クロスビーやジーン・ケリーなどミュージカル・スターもゲスト出演。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

モンローは62年に亡くなっているので、60年製作の今作は晩年の作品と言っても間違いないでしょう。
何故私が晩年と言う事に拘るのかと言うと、今作でのモンローの体の線が妙に崩れてしまっているからです。
確かに撮影当時34歳ですからオバサン体型になるのも致し方ないでしょうが、
それにしてもそれまでのモンローと比較して崩れ方(胸と尻は垂れ気味、お腹はポッコリ)が著しいのは気になる所です。
私が思うに、もうこの頃から色々な悩み・ストレスを抱えていたのではないでしょうか。それが原因で急に自慢のプロポーションを崩れさせたのではないかと思いますね。
劇中、モンローに対し『多産系だ』と称す台詞がありますが、これは強烈なる皮肉でしょうか?

私にはマリリン・モンローと言う女優はどの作品でも同じような役柄しか演じておらず、役者としては所詮B級と言うイメージがあります。
ここ最近エリザベス・テイラー、ジェーン・ワイマン、オードリー・ヘップバーンの主演作を立て続けに観てきましたが、彼女達と比較するのが酷なくらい芸域が狭すぎます。
賞レースにもほとんど無縁。歌も歌える、踊りも出来るとは言え、お世辞にもプロフェッショナルとは言えない。
但しヴィジュアル的にはこれ程男の眼を釘づけにするセクシーな女優は後にも先にもこ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 映蔵7 VINE メンバー 投稿日 2002/12/17
 オープニングの人物紹介がちょっと長いかなと思いましたが、モンローが登場すると画面に釘付けですね(笑)
 あの特徴ある歌い方とセクシーな身のこなし、最近ようやくマリリン・モンローの良さが分かってきました。
 共演のイブ・モンタンはもちろん、後半に登場する3人のゲスト出演には驚きました。ミュージカルの巨匠が2人も出てたなんて!
 歌と踊りを見てるだけで楽しくなれるミュージカルは何回観ても面白いですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
~マリリンの映画は全て見ているので言わせていただきますが、私は個人的にこの映画は好きではありません。ジョージ・キューカーはあの有名な映画ミュージカル「マイ・フェア・レディー」など、たくさんの映画をヒットさせていた有名な監督さんです。(たいへん厳しい方だと聞いています)ストーリーは置いておいて、やはり私もびっくりしたのですが、あの映画~~ミュージカルで有名な俳優さんたちが出てきたときは思わず画面に飛びついてしまいました!ああ、見逃さないで良かったと本気で思ってしまいました(何せファンなもので)本当のところ星1か2にしようか迷いましたが、マリリンの可愛さ+豪華なゲスト陣で星3にしました!ちなみにちょっとしたエピソードですが、この映画をきっかけマリリンとイブ・モンタンは~~しばらく(?)付き合っていたそうです。~
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/3
本作の共演がもとで、イブ・モンタン(「恐怖の報酬」など)とM・モンローはW不倫になった。
私には、ゴシップまみれで夫婦の危機を招いたという印象が強い映画。
イブ・モンタンの妻は、フランスの大女優S・シニョレ。モンローの夫はA・ミラー(後に離婚)だった。
特にS・シニョレは、夫モンタンとモンローの仲を気に病んで・・・というエピソードが残っている。
本作のストーリーは、大富豪の男クレマン(イブ・モンタン)が、ダンサーのアマンダ(M・モンロー)に一目ぼれした事から起こるラブ・コメディー。
ストーリーは大したことなくて、せいぜい★2、モンローが歌って踊るシーンは一見の価値ありで加点して★3。
一番好きなナンバーは、C・ポーターの「私の心はパパのもの」で目が釘付け。
このシーンのモンローのお色気は、「ただものではない」ほど爆裂。
レオタード姿は悩ましすぎて、直視できないほど。
モンローに見とれるモンタンの表情は、演技を超えて実感だろうなあと思った。
他にも、コメディー界の大スターやサプライズ・ゲストが出てくるところが見所。
この頃のモンローは、最晩年。
傑作「お熱いのがお好き」の頃からも、精神的に不安定だった(T・カーティスの子を妊娠、流産などT・カーティス自叙伝による)、
...続きを読む ›
7 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告