中古品の出品:4¥ 1,799より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋はデジャ・ブ [DVD]

5つ星のうち 4.7 109件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 1,799より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンディ・マクドウェル, ビル・マーレー
  • 監督: ハロルド・ライミス
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2005/06/22
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 109件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009J8C70
  • EAN: 4547462018175
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 149,896位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

寝ても覚めても明日にならない。
どーすりゃボクに明日がくるの?
恋する男のタイムラビリンス・ムービー!


【ストーリー】
高慢で自己中心的なTVの人気予報官フィルは、“聖燭節”の取材のためペンシルバニア州パンクスタウニーを訪れる。
無事に取材を済ませたフィルであったが、吹雪が町を直撃し、足止めを喰ってしまう。
しかし、その翌朝フィルが目覚めてみると昨日と同じ“聖燭節”のお祭が行われ、その翌日も・・・。
タイムラビリンスに迷い込んだ事に気付いたフィルであったが、逆にこれを利用し魅力的な女性プロデューサー、リタを口説く事を思いつく。
日に日に上達するフィルの口説きのテクニックに、はたしてリタは・・・?

【映像特典】
●オリジナル予告編

【スタッフ&キャスト】
《製作》 ハロルド・ライミス/トレーバー・アルバート
《監督》 ハロルド・ライミス
《脚本》 ハロルド・ライミス/ダニー・ルビン
《出演》 ビル・マーレー、アンディ・マクドウェル

【Copy Right】 (C)1993 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

取材のために訪れた町で何度も何度も“今日”を体験し、寝ても覚めても明日にならない男の様を描いたタイムラビリンス・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2011/8/22
形式: DVD
この作品の良いところは、起きたらずっと同じ日だという設定が急に始まりそれに対してなんの説明もないところです。
下手なこじつけで理由を作るよりなんの説明もない事によって観てる側も「どうしたらいいんだろ?」というあまり感じた事のない不可思議さに頭を悩ます事が出来ます。

半年以上同じ日を繰り返す事によって、主人公はある街の2月2日に関してはプロフェッショナルとなっていき街の住民に好かれるように変化していきます。
同じ日を繰り返す事によって一日をうまく生きるプロになったとも言えます。
もっと言えば、一日あればこれだけの事が出来るんだとなぁと私なんかはとても感心してしまいました。

タイムスリップもののなかでもかなり異色で、ただ午前6時からの一日を繰り返すのみという簡単すぎる構成なのにここまで面白くしているのは立派です。

ダイナーであった2人組の冴えない男と酒を飲んだ主人公が
「毎日同じ事から抜け出せないんだ」と悩みを打ち明けると1人の男が
「俺の人生もさ」と返した時にドキリとしました。
日付が変わっているだけの人生になってはいまいか、と。
まぁ、そんな重苦しい映画じゃないんですが妙に頭に残ったシーンでした。

そんはシーンのある映画は素敵な映画です。
オススメできる映画です。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ1000レビュアー 投稿日 2012/3/12
形式: DVD
2月2日の午前6時から始まる1日を、なぜか、えんえん、リピートするしかなくなった、皮肉屋の気象予報士の物語。
ありがちな恋愛モノだろうから、お気楽に笑おう、と思っていたのに、泣きました。

閉塞した小さな田舎町で、なんのへんてつもない1日ばかりを繰り返すはめになったことを、主人公は嘆きます。起きても起きても、また「同じ1日」だ、と。それを聞いた、一緒に飲んでいた男が、ぼそっと呟きます。それは俺の人生だ、と。

努力をしたって報われず、結局「同じ1日」になることにやさぐれ、「世慣れた」ことで世渡りを、でも、やっぱりうまくいかなくて・・・たしかにタイムスリップしなくても、それが人生ですね。ストーリーに、予定調和な部分はたくさんありますが、ありがちな展開、とせせら笑えないのは、余計な台詞や余計な場面を削りに削った演出だからでしょうか。「次はこうなるだろう」と、わかっていても感動的、特に恋を表現する白い雪がとても美しく印象的でした。また、心理的にひとつの「山」を越えたあとの主人公が、本を読みながら満足げに周囲を見渡すときの、微かな笑顔が良かったです。

時々、初対面の、それきり会わないだろう人に対して、びっくりするほど親切なご老人がいらっしゃいますが「こういうことなのか・・・」と納得してしまいました。
天災や、
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
結構、考えさせられ、面白い映画なのだが、主演の2人の日本での知名度や地味な設定も響き、
あまり評判にはならなかったと記憶している。
舞台が”片田舎”ということもあったが、日本は世が世だった。
公開された1993年、アメリカでは、クリントンがブッシュ(父親)を破り大統領に就任して
何かが変わる気配を感じていた頃。日本はバブル末期だったが、今と比べればまだまだバブルだった。
丁度、Jリーグが開幕されたり、相撲では曙、若貴兄弟なんかが人気だった頃だ。

2000年以降、主演のビル・マーレイも『チャーリーズ・エンジェル』や
『ロスト・イン・トランスレーション』で ”第一級” という感じだが、どんな映画に出ても、
つかみ所のない、何処かすっとぼけている楽しいところは変わらない。

ある1日を繰り返すことになってしまった男の喜悲劇の中から、
「今」この瞬間が大切であるかを伝えてくれ、また本当の「自分らしさ」を知ることの
大切さも描かれている。
私たちは日々同じ行動を繰り返している。
しかし本当の自分に気づいた時、大きなシフトが起こり、次に必要な出来事がどんどんと起こってくる。

  必要な時に必要な出来事や人はやってくる。
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アイク トップ1000レビュアー 投稿日 2005/7/26
形式: DVD
監督のハロルド・ライミスの作品は当たり外れが多いのだが、これは「当たり」の方ですね。(因みに他の当たりとしては「ゴースト・バスターズ」や「デーブ」。外れは「ゴースト・バスターズ2」とか「キンダーガーデン・コップ」とか多数あり)
主演のビル・マーレイにとってはスランプ期の作品になるのでしょうがこの作品はキャラに合っていて悪くないですね。
毎日同じことの繰り返しに飽き飽きしてるTVキャスターが春の訪れを告げるGroundhog Day(原題です)のイベント取材でやって来た田舎町。
そこで掛けられた呪いによってその一日を何度も何度も経験する羽目になってしまいます。何をしようと眠りから醒めると又同じ場所&同じ一日。
最初は面白がっていたものの(どこで何が起こるか全てお見通しだから)次第に自棄になってついには自殺を試みるもののそれでも目が覚めると同じ一日が始まってしまうのだからこれはひどい話ですね。
さて、彼はどうやってこの呪いを解くのか?
人生を斜に見ている主人公の詰まらなさそうな雰囲気が仏頂面のビル・マーレイにピッタリ。
でも元々コメディアンな彼だからこそ、細かい所でユーモアを感じさせて「同じ一日」の繰り返しでも飽きずに見ることができます。
たしかにワンアイデアのお話ではありますが、さらりと盛込まれる主人公の
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック