日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

恋はデジャ・ブ (字幕版)

 (3,170)8.01時間41分1993PG12
高慢で自己中心的なTVの人気予報官フィルは、"聖燭節"の取材のためペンシルバニア州パンクスタウニーを訪れる。無事に取材を済ませたフィルであったが、吹雪が町を直撃し、足止めを喰ってしまう。しかし、その翌朝フィルが目覚めてみると昨日と同じ"聖燭節"のお祭が行われ、その翌日も・・・・・・。
監督
Harold Ramis
出演
Bill MurrayAndie MacDowellChris Elliott
ジャンル
外国映画
オーディオ言語
English
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると3 日でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
Stephen Tobolowsky
プロデューサー
Trevor Albert
提供
Columbia Pictures
レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.6

3170件のグローバルレーティング

  1. 73%のレビュー結果:星5つ
  2. 18%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 1%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

horuso2018/01/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中ニーチェが泣いて喜ぶ映画!?
確認済みの購入
古い映画なのでBlu-rayでも画質最高とはいきませんが、DVDよりは断然綺麗。この映画を愛する人なら買う価値あり。以下、映画の内容に関して思い切り触れていますので注意してください。

自己中心的で他人への思いやりのかけらもない、天気予報官フィル・コナーズは、取材に訪れた田舎町で、どういうわけか、まったく同じ日を何度も何度も繰り返すはめに陥ってしまう。現実にはありえないファンタジー?いいや、どなたも似たような境遇の人をよく知っているはずだ。そう、あなたも私も、来る日も来る日も同じ場所で、同じことの繰り返しでしかない退屈な毎日を生きている。この映画は「あなたはいかに生きているのか」を鋭く問うてくる、おかしくも恐ろしい映画なのだが、問いかけには終わらない。この退屈な繰り返しから脱出するにはどうしたらいいのかの答えまで示してくれる。

フィルは、最初のうち、元に戻るのだから何をやってもいいのだということで、暴走、暴食、果ては泥棒と無軌道に過ごすが、やがて取材に同行しているプロデューサーのリタが好きだということに気づく。繰り返しを利用して相手の好みを学習し、部屋まで誘うことに成功するが、あわやというところで失敗。その後は何度繰り返しても、もっと手前で失敗してしまう。絶望して何度も自殺を試みるが、もちろん同じ一日の中によみがえってしまう。思いあまってすべてを告白したことから、これまでにないぐらいリタと親密になり、とうとうベッドで並んで眠ることに成功するが、また同じ朝が来て、リタはすべてを忘れてしまっている-

繰り返しから脱出できないことよりも、もっと悲しいのは…と呟いていたことが現実になったのに、なぜかフィルは生まれ変わっている。だれにでも親切になっただけでなく、有り余る時間を有意義に使い始めるのだ。ラストのスピーチを聞く限り、かなり読書にもいそしんだらしいが、よく目につくのは氷の彫刻とピアノ演奏だ。どちらもクライマックスで上手に生かされている。氷の彫刻はもっとも重要なシーンで使われているし、パーティでラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲の第18変奏をジャズ風に弾くシーンも実によかった。ラフマニノフをあういう風に弾くと本当にぴったりでびっくり。

だが、フィルが本当に生まれ変わったのは、乞食のじいさんが死ぬのに出くわしてからなのだろう。おそらく何度も何度も助けようとするのだが、運命を変えることはできない。

有限の生を生きるものたちの愛おしさ、同じ時間と空間を共有していることの奇跡…。

さて、もちろん映画はハッピーエンド。フィルはリタを得て無限の繰り返しから脱出するのだが、
魔法の呪文は、フィルがリタに告げる、 “No matter what happens tomorrow or for the rest of my life, I'm happy now.” だと思う。

今この瞬間をあるがままに愛すること。

こうまとめると、モチーフになっているのは、ニーチェの永劫回帰じゃなくて、ゲーテのファウストなのかという気もしてくる。とうとう繰り返しから脱出したフィルがリタに言う言葉、「ぼくと一緒に今日を楽しもう」は泣かせる。この映画を見終わったときの気持ちをずっと忘れないでいられたら、私の人生もどんなに密度の濃いものになるだろう。
55人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
とーる2018/01/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中星下げユーザーは気にせずに
確認済みの購入
本当に素晴らしい映画です。
昨今、アニメなどでもループ物は流行っていますが、その源流とも言っていいほどのアイデアがこの映画にあります。
もし、たった一日を何度も繰り返してしまう人生があったら、自分ならその一日をどう生きていくだろうか。

映画本編とは関係のない評価下げによってこんなに素晴らしい映画が低評価にされてしまうのが残念です。
多くの方に見て頂きたい映画です。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonカスタマー2015/06/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中死ぬまでにあと何度観ることだろう
確認済みの購入
[[ASIN:B00UMY6E9U オール・ユー・ニード・イズ・キル]]のレビューを書くのに「同じ日を繰り返す」つながりで本作を検索したところ
BD版が発売されているのを発見して即購入しました。

いつ購入したか定かではないDVD版は当時結構あったCDジャケットサイズのモノで、他のDVDと並べてもおさまりが悪く、
それだけが残念でしたが、今回BD版に買い直したことで、無事CDラックの片隅へとおいやることが出来ました。

他の方のレビューにもありますが、確かに画質は目を見張るほど上がっており、90年代初頭のフィルムでもここまでの
高画質に仕上げることが出来るのか、と驚きました。おそらく時間をかけた丁寧なリマスター作業が行われたのでしょうが、
それだけの手間をかけても採算が採れる=この作品の評価が高いということなのでしょう。

2006年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録され、2017年には舞台化作品が上演予定となっていることは、
この作品がいまだ多くの人たちに愛され、支持されていることの証明でもあると思います。

DVD購入当初から何度も何度も繰り返し鑑賞した本作のストーリーは、何年振りかで観ても少しも色あせておらず、
やはりというか、年とったせいもあってか一段と感動し、一段と泣いてしまいました。当分はまた繰り返し観てしまいそうです。

次に購入するのは4K?、8K?、それともクラウドデータかな?

いずれにしろ私にとってのこの作品は、まだまだ死ぬまでに何度も何度も観ることになるであろう名作中の名作です。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
znoka2014/10/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中心の持ち方ひとつで、"今日"という一日は変えられる
確認済みの購入
生ぬるい邦題と時代を感じさせるパッケージのせいで、「よくある恋愛モノ(しかも古臭そう…)」とスルーされてしまいそうですが、
"恋愛モノ"というよりは、高慢で自分の殻に閉じこもっていたある男の"成長物語"。

あらすじは、他のたくさんのレビュワーさんが書いていましたので省きますが、
同じことを繰り返しているような平凡な日々を…積み上げてきたものが、いとも簡単に崩れてしまうような不条理な運命の日々を、
どうやって生きてゆくのか、そのヒントを与えてくれる作品。なんでも、ニーチェの「永遠(劫)回帰」の思想から着想を得た作品だと何かで読みましたが…
そんなことは知らなくても、いろいろな気づきが得られる作品です。

観終わった時の清々しさがクセになって、繰り返し観たくなりました。
機会があれば、ぜひ。
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2016/06/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中単純な話なのにとても奥が深い。
確認済みの購入
人間の心理が展開に反映されているのが面白いと思いました。
同じ日が繰り返されると知ったら、2日間くらいは「え?」という感じで同じ事を呆然とそのまま繰り返し、数日後はやってみたかった事をやって、更に自棄になって無法者のように振る舞い、それに飽きると今度は絶望。きっと誰しもそうなるんじゃないかなという心理と展開が、何かのきっかけで前向きに転じて永遠の1日なら楽しもう!素敵な日にしよう!という思いに変わり、作中のフィルを自己中心的で嫌われ者からかっこいい大人の男性へと変化させるという流れが見ていて楽しかった。
リタの気を惹こうという邪な思いからくる行動が逆効果だったけど、その邪念を捨てたら素敵な1日になったという事、それから、同じ1日でもその人の心がけ次第で全く違う1日になるという事。(フィルの場合は永遠の1日だからピアノや氷の彫刻技術が磨けたわけだけど・・・)それを考えさせられる映画だと思いました。もちろんそこまで深く考えなくても間抜けな展開と素敵な展開が楽しめるいい映画です。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
木村2017/03/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中ループを繰り返すことでの誰もが思うことの実現とフィルの心の変化を楽しみたい
確認済みの購入
繰り返されるループの中でフィルは様々なことを行います。それこそ犯罪・女遊び・自殺その中で2月2日という日のすべてを知っていきます。しかし、その中で唯一、実現できないことがあります。繰り返される日々の中でフィルは実現できないただ一つのことを実現するために日々を積み重ねていくことでフィルの人間性の価値の向上がなされます。その変化は作品中でのオークションのシーンでフィルとラリーで比較されることによって描かれています。
ただ見てもフィルのループになり精神的に弱っていき追い詰められていく演出が分かりやすく描かれており、ループで繰り返されるシーンを省きながらもフィルが想像もできないほどのループをしていることを分かるように出来ている。

ただ漠然と見ても楽しめる、周りの人は変化せずフィルの心だけが変化していく様を追いかけても楽しむことができる。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ふう2018/04/11に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中シンプルで良い!
確認済みの購入
バタフライ・エフェクトでブームになり日本のゲームや漫画・アニメなどで多用・量産され、今ではすっかり使い古されたタイムリープ。
タイムリープ物の原点と言える作品は複数あります、そしてこの作品もその一つ。
無理な根拠や裏付け、リアリティなどの一切を省きとてもシンプルで無駄のない仕上がり。
これはSFではなくタイムリープに陥った一人の人間の変化や成長を楽しむヒューマンドラマです。上手いこと根拠を作ろうなどというものが無いため観る人間は主人公の心情に集中でき楽しめます。主役の演技力も素晴らしく、変化していく様がとても伝わってくる。
様々な作品にしゃぶり尽くされ使われているため新鮮さはありませんが、家族で楽しめるいい映画です。
しかし字幕がいまいちです。例えばいちをリス科であるグラウンドホッグをもぐらと言ってしまうのはあまりにも…
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ろくよん2021/01/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中タイムループの初期の作品
確認済みの購入
ウエザーアナウンサーが、同じ1日を何度も繰り返しながら元の時間に戻ろうとする内容です。
原題のグラウンドフォッグデイは、実際に行われているお祭りです。
とても面白いので、ぜひ見てくださいね。全然SFチックではありませんので、パートナーと
一緒にご覧になることをお勧めいたします。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示