恋の罪 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆商品をご覧いただきありがとうございます☆盤面には再生に問題ないレベルのキズが見られます。■中古品のためジャケットやライナー、ケース等にキズや汚れがある場合もございますので予めご了承下さい。■OPP袋に梱包した状態でお届け致します。■帯なし■※ハガキ・チラシ・応募券などは、原則付属しておりません。■スリーブ・短編集欠品■
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,427
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋の罪 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.1 75件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 3,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,284 (36%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、人誠堂(古物商許可証 第971011700076号)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 3,980より 中古品の出品:5¥ 2,450より

この商品には新しいモデルがあります:

恋の罪 [Blu-ray]
¥ 3,371
(6)
在庫あり。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ恋の罪¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 恋の罪 [Blu-ray]
  • +
  • 冷たい熱帯魚 [Blu-ray]
総額: ¥6,816
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 水野美紀, 冨樫真, 神楽坂恵
  • 監督: 園子温
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2012/06/02
  • 時間: 144 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 75件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0073O64T2
  • JAN: 4907953047778
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,828位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『冷たい熱帯魚』を超えて園子温、かつてない美しき究極作、誕生。

今、世界中から新作が待ち望まれる映画監督―園子温。
問題作ながら、爆発的なヒットを記録した『冷たい熱帯魚』の衝撃も新しく、ヴェネチア国際映画祭での『ヒミズ』の受賞が話題になるなど、国内にとどまらず全世界から熱い視線を浴びている。

新作『恋の罪』は、90年代日本を騒然とさせた、渋谷区丸山町ラブホテル街で実際に起こった殺人事件を下敷きに、未知なる禁断の世界を映像化した。
体当たりの演技をみせるのは、『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真、園監督作品の常連で『ヒミズ』にも出演する神楽坂恵。

表と裏の顔を持つ3人の女性を主人公に、1つの殺人事件をめぐって浮かび上がってくる人間の心の闇を激しい官能描写で描ききった究極のリアル・ファンタジー!
3人の女たちの行き着く果て、誰もみたことのない愛の地獄が始まるー。

【ストーリー】
どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される。事件を担当する女刑事・和子(水野美紀)は、仕事と幸せな家庭を持つにもかかわらず、愛人との関係を断てないでいた。謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学のエリート助教授・美津子(冨樫真)と、人気小説家を夫に持つ清楚で献身的な主婦・いずみ(神楽坂恵)の驚くべき秘密に触れ引き込まれていく和子。事件の裏に浮かび上がる真実とは……。3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる……。

【キャスト】
水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大方斐紗子、津田寛治

【スタッフ】
監督・脚本: 園子温
企画: 國實瑞惠、プロデューサー: 千葉善紀、飯塚信弘

【初回生産特典】
スリーブケース
フィクション・ノベル<菊池由紀夫 短編集>
本編で津田寛治演じる菊池由紀夫が熱く語るめくるめく官能恋愛小説の世界! 代表作「夜の動物園」のほか、「愛は世界を照らす」「男と女の形而上学」を収録。全13P。

【映像特典】
監督・園子温の仕事~メイキング&インタビュー~
公開までの軌跡~カンヌ映画祭&完成披露報告会&初日舞台挨拶~
予告篇集【特報/劇場予告/TVスポット/3女優キャラ別予告/第4の女キャラ別予告/幻の男キャラ別予告】

【音声特典】
女むきだしのオーディオコメンタリー(水野美紀×冨樫真×神楽坂恵×小島慶子“パーソナリティ")
罪深き男のオーディオコメンタリー(園子温×千葉善紀×飯塚信弘×谷川創平)
名セリフ炸裂のキャストプロフィール

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

水野美紀、冨樫真、神楽坂恵らが共演した園子温監督のサスペンス。ラブホテル街で起こったある殺人事件をめぐって絡み合う、女刑事の和子、大学のエリート助教授・美津子、小説家を夫に持つ専業主婦・いずみの姿を通して女性の心の光と影を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ヘアー解禁を謂われて久しいですが、これはそれだけの作品でした。美紀ちゃんファン以外に楽しむ余地のないB級映画認定。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
レビューワーの評価は高くないものの「冷たい熱帯魚」と並び園子温監督の代表作と言ってよいのではないかと思う。 水野美紀, 冨樫真, 神楽坂恵と三人の女優が出て来るが、東電OL殺人事件がモチーフなので、当然、中心は冨樫真の演じた大学助教授になる。父親とのエレクトラコンプレッツクスを示唆し、各登場人物もカリカチュアされているが、現代のそこここに居るリアルな人間達である。元ネタの事件も現代の病んだ日本人もグロテスクなので、映画も必然的にグロテスクであるが、事件の解釈及びそれを生んだ社会背景も鋭く描いていると思う。「外国語なんて知らなければよかった。」で始まる大学で教える冨樫真と、娼婦ビジネスをしている冨樫真のギャップもリアルで映像的にも魅力的だ。

病んだ女も腐った男も、この頃増えている。東電OL殺人事件は、未来を象徴していた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
冒頭の水野美紀の一糸まとわないヌードを見たとき、全裸の女がただいると思った。水野美紀という美しい女優という存在は消し飛び、ただの全裸の女がいると思った。
「言葉なんか覚えるんじゃなかった」「言葉は肉体を持つ」「愛という言葉は肉体がない」
言葉は肉体をもって実体化する。では、愛のないセックスをしたらお金をもらわなければならない。それはなぜか?
お金を介さないセックスであれば、一応恋愛として成立する。ラブストーリーの延長線上にセックスがあると言い張ることができる。
しかし、お金を払ったり、もらったりしたらそれは恋愛にはならない。ラブストーリーとしては成り立たない。それは、双方の欲望を満たすための契約行為であり、利害関係が一致したにすぎない。だから、下品なのだろう。
何度も男女がセックスしているシーンが登場するが、そこにエロスを感じるよりもセックスさえ記号化されてしまう恐ろしさを感じた。
バラバラの体とマネキンの顔が組み合わさったグロテスクな死体は没個性化のメタファーともとれると思った。
主婦という立ち位置は社会的にはかなり危うい。評価されることもなく、というか評価するものさしがそもそもない。そんな女たちが自分の承認欲求を満たすためにはああなってしまうのだろうか?
まあ、女は社会的地位があろうとも、それとは別に女としてのどこまで機能するのか知りたい生き物なのかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
いつも人間の剥き出しの本能と欲望をこれまた本能で表現する、私感では国内では最高の監督なんじゃないかと思ってる園子温なわけですが。前作から更に演技力がついた神楽坂、一般ドラマの脇役で印象に残ってる名脇役の津田、貞淑な大学教授とアマゾネスのような迫力の街頭婦の二面性を持つ冨樫、母親役の大方、出演者が己の持つ最大限の熱量で画面に迫ってくる。

このテンションの維持と俳優のポテンシャルを引き出す手腕はさすが。そして、中盤から後半にかけては頭がクラクラするくらいの圧倒的迫力でチェンソー持った殺人鬼のホラー映画が可愛く思えてくるくらいの人間の情念、欲望の凄まじさ。熱で魘されるときに見る悪夢のようなかんじ。
水野は悪くはないが神楽坂、特に冨樫の迫力に押されてしまいこのメンツだと不足感が否めない。水野の濡れ場を期待してるだけの風情には肩透かしでしょうね。社会的立場の表層と裏に潜む本能、そして城が持つ意味、登場人物たちの関わり方、この辺の表現が最高ですね。各チャプターのネーミングもいい。

一見支離滅裂に見える人間達は正直に開放した自分自身・・・実はそれは架空の奇天烈なキャラのようで生命感の躍動する、ある意味リアルな人間像。冷たい熱帯魚もかなり怖かったけどこの映画もかなり怖い。
*補足*初回版には登場人物である小説家の小冊子が付いているんで
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rockstrongo 投稿日 2016/12/25
形式: Amazonビデオ
東電OL殺人事件をベースにしてるので、興味深い。
園子温監督の奥さんでもある、神楽坂恵は「冷たい熱帯魚」にも出てましたが
あんまり演技が上手とは思えないのに、エロさと地味さの配分がものすごく絶妙で、こういう役のときはハマる。
顔が綺麗なんだか地味なんだか、よく分からない中途半端さで、体がとんでもなくエロいというのは普通に美人(orかわいい)でエロい体より、リアリティがある。最初から最後まで体当たりの演技。ただ、セリフを頑張って読んでる(演技をしている)感がどうしても抜けないのは残念。

大学教授役の冨樫真は、怪演。これまた服を脱ぐとかわいそうなくらいガリガリなのが、役に合ってる。彼女の母親役やってた人もかなりハマってた。お上品なおばあさんが、ものすごい毒を吐いてるところが秀逸。

アンジャッシュの児嶋さんは、ドラマでもたまに見るけど、芸人の雰囲気を出さずに普通に上手な俳優さん。
小説家の旦那役の人も良かった。
水野美紀は綺麗で安定してるけど、その分主演の二人(&ばあさん)のインパクトが強すぎて、ちょっと存在感が薄くなっちゃったかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー