恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディショ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店
カートに入れる
¥ 800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: SAKAENET
カートに入れる
¥ 800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Bomber's Shop
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 102件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,900 (70%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DVDアウトレット 年中無休が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で恋におちたシェイクスピア (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • エリザベス [DVD]
総額: ¥1,733
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: グウィネス・パルトロウ, ジョセフ・ファインズ, ジェフリー・ラッシュ, コリン・ファース, ベン・アフレック
  • 監督: ジョン・マッデン
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2003/11/21
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 102件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000062VR2
  • JAN: 4988107199475
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,004位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   第71回アカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞ほか7部門を獲得したロマンティックラブストーリーの傑作。
   1593年のロンドン。まだ芝居小屋の座付作家だった若き日のシェイクスピアは、ある日夜会で、裕福な商家の娘ヴァイオラと出会い、一目で恋に落ちる。しかし、実はヴァイオラは芝居好きが高じて、男装してシェイクスピアのお芝居のオーディションに受かっていた女性だった。
   現実の恋物語と劇中劇の『ロミオとジュリエット』が、テンポよく交錯していく筋立てがすばらしい。そして自分の主張をもち、行動力があり、慈愛に満ちたヒロインを演じるグウィネス・パルトロウが実に魅力的だ。まるで彼女の全身から恋の高揚感があふれだし、映画のなかで舞っているようである。美術や衣装もすばらしく、映画的醍醐味が堪能できる作品となっている。(星乃つづり)

内容(「Oricon」データベースより)

16世紀のロンドンを舞台に、シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の裏に秘められた運命の恋を描いたラブ・ロマンス。アカデミー賞主要7部門受賞作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 octo+ VINE メンバー 投稿日 2008/9/9
形式: DVD Amazonで購入
買ってから暫く放置してから見た位での期待度だったんですが
意外と良かったです。特にヒロインのグウィネスが綺麗なので
劇中に引き込まれるのと、シェイクスピア役のジョセフ・ファインズも
思い込みや感情の起伏の激しい役割にぴったりでした。
ロミオとジュリエットというのはこうして描かれたのか・・と
フィクションながら信じてしまいそうで楽しかった。
最後は必ずしもハッピーエンドではありませんが、爽やかな風が心を
吹き抜けたような、そんな気持になりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
有名なこの映画をようやく見た。

なるほど人気があるわけだ。
ユーモアたっぷりのわりと軽いノリで、
熱烈で思いきり甘い、しかし切なくもある恋の物語。
だからその恋の成り行きだけでもまあまあ愉しめるだろうが、
その主人公がかのシェークスピアである。
元の素材を思いきり遊び倒しつつ新たな娯楽作品に仕上げてある。

脚本は名声高いトム・ストッパードだとか。
時期的には若く気鋭のシェークスピアが
『ロミオとジュリエット』の初演に至る時期を背景にしているが、
シェークスピアの劇の内容と彼自身の恋の展開が巧みに掛け合わされ、
気になる恋の成り行きとともに、
創作で行き詰っていた彼が、これをこ機に一気に才能を爆発させる様子が見事に描かれている。

こうして既知の要素のうえに新たな物語を紡ぎ上げる物語にはいつも感じることだが、
シェークスピアの作品、とくに『ロミオとジュリエット』や『十二夜』、
そして同時代の文学的社会的背景を知っていれば、もっと愉しめることは間違いない。
何も遅くはないので、この映画を見てからシェークスピアを読んでみるのもいいと思う。

思いがけない愉しみだったのは、脇を固
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
シェイクスピアの古典『ロミオとジュリエット』の創作過程と作品自体のプロットを非常に上手く重ね合わせて撮影された若きシェイクスピアの創作の苦悩が、恋人ができることで、恋愛の想像力喚起が創作力を刺激して、無事に小'落としを向かえ、恋人と永遠の愛を誓って別れるというなんとも素晴らしい映画。アカデミーを獲るはずである。
 付録に資料映像で、出演者や関係者の共通認識は監督の焦らない丁寧な対応と説明で誰も一丸になれた、という指摘。名監督には共通する撮影クルーと出演者達への人心掌握術で、他にもコッポラ、黒澤や小津にも共通する。名作や名監督の由縁も所詮は人間関係の良し悪しが全てである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これほど喜びに満ち溢れた人生があるでしょうか?
映画を見た後、このような感想を持ちました。単純なハッピーエンドではないけれど、それを超えるほどの喜びに満ち溢れたストーリーだと思います。
ヒロインのヴィオラの夢見がちで行動力にあふれているのに与えられたマイナスの現実を前向きに潔く受け止める強さに女の理想的な姿を感じます。
グィネスパルトローはそんなヴィオラの気質を完全に消化して素晴らしい演技を見せてくれていると思います。シェイクスピアがそんな彼女に恋をして、ロミオとジュリエットを完成させ、二人でいるときには自分の書いた台本のセリフを彼女に聞かせ、舞台の上では彼女が自分のために発せられたその言葉をセリフとして口にする。
彼女とお別れした後も期待にこたえるために彼女を主人公にした「十二夜」を執筆するシーン・・・ (ちなみに実際の『十二夜』ではヴィオラは恋の女王と称されます。その辺が映画脚本としても優れていると思います。)どれもがロマンチックで肯定的。
私にとって人生観が変わる映画の一つになったと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ローズ・レッド 殿堂入りレビュアー 投稿日 2006/1/21
形式: DVD
アカデミー賞を受賞して有名になってしまっただけに、作品のあらすじまで見る事前にわかってしまったのは残念。シェイクスピア自身が自分の恋心を物語の台詞に表現し、自分の恋愛と物語の恋愛が同時に進んでいくというアイディアはなかなか面白いな、と思いました。でもそれ以上にいいなと思ったのが、舞台演劇が娯楽だった当時の様子がリアルに描かれていたこと。観客と一緒になって、劇中で進む舞台に夢中になって見入るのは、実に楽しかったです。決闘シーンでは大声で応援したり、主人公たちの悲恋に感嘆の声を挙げたり、実際のグローブ座もこんな風な賑わいだったんだろうな、と思わせます。

借金に苦しんだり、四苦八苦して(時にはやっつけ気味に)物語を書き上げたり、舞台に上がってはいけないというご法度を破ったりと、舞台を作る裏方たちは苦労ばかり。でも舞台の後の彼らの晴れやかな笑顔を観ていると、本当は芝居を作るのが好きでたまらないんだろうなと思います。メインである恋愛よりも、生き生きとしたグローブ座の面々の情熱にふれ、「観てよかったな」と心から嬉しくなりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー