日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

恋する惑星 (字幕版)

 (453)8.11時間42分199513+
長年つきあった彼女にふられた警官223番は、彼女のことが忘れられず、自分の誕生日に賞味期限を迎えるパイナップルの缶詰を買い続けている。寂しさを紛らわせようと、金髪の女性と、行きずりの一夜を過ごす。同じ頃、ハンバーガー・ショップの新入り定員フェイは、夜食を買いに来た警官633番と出会う。淡い恋心を抱いたフェイは、ある日偶然彼のルーム・キーを手に入れた。彼女はその部屋に忍び込み、模様替えを始める・・・。
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
金城武ヴァレリー・チョウ
プロデューサー
ジェフ・ラウ
提供
アスミック・エース株式会社
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

453件のグローバルレーティング

  1. 70%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

speedpop2020/12/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
どうしてこんなに、胸が締め付けられるのだろう
確認済みの購入
映像が芸術的で、台詞はまるで詩を読んでいるかのよう。
登場人物はフアッションアイコン。とにかく可愛い。
現在2020年師走。公開された1994年から既に26年も時が流れているのに・・・
いつの時代に見ても流れに沿って新鮮です。
2回3回と見るに連れて、魅力にとり憑かれている作品だと思います。

1回目は雰囲気と音楽を楽しみ、
2回目は登場人物の表情を噛み締め、
3回目でストーリーの解釈を考察して味わう。

最低3回は見ないと分からない。でも、1回目を見終わったらすぐに2回目が見たくなる。
中毒性たっぷりの「恋する惑星」
この邦題付けた人、天才だな。男はいつだって失恋から立ち直るのに難儀して、
女は片思いを楽しむバイタリティを持ち合わせているんだ。
この地球は常に失恋と片思いが交差する恋する惑星。

初めて見たのは今から遡ること23年前。まだ19歳の学生自分でした。
とにかくフェイウォンが可愛くて可愛くて。憧れて髪型を真似した若かりし日の私。

633を見つめるフェイの挙動不審さにきゅんきゅん。

失恋から立ち直れずにいる金城武とトニーレオンを見て、
振られて泣ける男は最高に優しいんだと教わったのもこの映画だったなぁと。

私の夢はどこに飛んで行ったかな?カリフォルニア辺りに落ちてればいいのに。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
のじり2015/02/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ブルーレイソフトについて / 20年経っても鮮度抜群
確認済みの購入
最初にブルーレイソフトについて少し書きます。
まず画質ですが、ユニバーサル版DVD(2006)と比較して、ブルーレイならではの高画質!…というほどでもなく、すこしよくなったかな?…くらいです。元々、ユニバーサル版の段階でそれ以前のコロンビア版(1996)から‘かなり’向上していますし、ウォン・カーウァイ作品は高画質をそれほど要求しない(?よーな気がする)ので今回のブルーレイ…DVDでもそれほど問題はないかな、と感じました(メーカーさんゴメンナサイ)。

でも、映像特典は目新しいものなので紹介させてください。(ユニバーサル版には入っていませんし…)
まず、未公開シーン、…ウォン・カーウァイ作品ではいつものことですが…、かなりの量があります(15分弱)。監督自身の解説付きで観る事ができますが、その中で、ブリジット・リンのエピソードについてはもっと別のエピソードが用意されていたことを知り驚きました(本編では背景を全て無視していましたが…描かれていたんですね。サングラスをとるシーンもあったし)。
他にも、撮影のクリストファー・ドイルが当時を(少々酔いながら)振り返り撮影地をいくつか巡るというのもあります(10分弱)。劇中トニー・レオンの部屋がドイルの新居であったことは比較的有名ですが、今も住み続けている、とは思いませんでした(立地が便利らしい)。ただ、ドイルが振り返るのは後半部分のみです。前半は第二班撮影監督だったアンドリュー・ラウの手による撮影だった(!)そうなので仕方ないかもしれません(私は、最近まで全部ドイルの撮影だと思っていました)。

…と、一部だけ紹介しましたが、興味深い特典だと思います。この点なかなか満足しました。(映像特典は今回同時発売のDVDにも収録されています)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後は内容について思うこと書かせてください。それは本作の‘鮮度’についてです。

本作はウォン・カーウァイ監督の長編映画三作目です。が、実際には本作‘後’に公開された武侠映画『楽園の瑕』を先に着手しており、その制作の遅れからスケジュールに空白が生じた四ヶ月を利用し比較的短期間で撮影されたといいます。そのせいなのか、展開にはところどころ‘ありえないだろっ’とツッコミを入れたくなる部分がありますし、全体としてはまとまりに欠ける、と思えます。台本からコツコツと細部を作り込んだ感触はなく、ラフなスケッチのようにサッと仕上げた、といっていいかもしれません。ところが、本作にとってそれは短所ではなのです。

本作で印象的なのは、まず映像面。
それは、…生き生きと描かれた登場人物達…1990年代香港のポートレートと言いたくなる風景…、だけではありません。個性的なカメラワーク・鮮やかな色彩・映像の加工…。映像面だけではなく、刺激的な編集や展開やモノローグ…。ゴダール的と評されながら明らかに現代的な感覚…あるいは刺激的な選曲…。
本作はアーティスティックでありながらポップなのです。垢抜けた明るさもあります。それらは、香港=カンフー…そして垢抜けない…という私の思い込みをひっくり返すには十分すぎるほど新鮮でした。間違いなく90年代を‘象徴’する作品の一つだと思います。

そんな時代を象徴する本作…2015年の今改めて観ても新鮮であることに驚きます。10年一昔といいますが、本作は20年以上も昔…少なくとも背景となる香港の姿は過去…なのにまるで映画そのもの(?)が目の前で呼吸しているような鮮度を維持しているのです。

その鮮度はどこから来るのでしょう。
…撮影前に完成台本はなく、その場で少しずつメモ(台本?)を出しながらの撮影…、時には監督が撮影中(!)シナリオを書く為に中座することすらあった…という伝説(?)。ヌーベルバーグ的なゲリラ撮影。
きっと…かなり即興的な制作だったのでしょう。流動的でルーズな創作的自由…まるでジャズのインプロヴァイゼーションのよう…。これは、作者(監督)の感性が最重要となるはずです(もちろんそれを下支えする力量ある集団が必要ですが)。そして、成功すれば…優れたジャズ演奏同様に…この方法でしか達成できない鮮度が備わる…。本作は見事に証明してみせたのです。ラフなスケッチのように見えながら高い完成度を両立する。言い換えれば…スケッチが持つ‘勢い’を完成作にまで持ち込むことに成功した稀有な作品なのです。おそらく、短期間でサッと仕上げたということで‘勢い’と‘鮮度’を封じ込めることに成功したのでしょう。

本作は優れたインプロヴァイゼーションと同じ…、ジャズの名盤が古くならないように、本作もまた古くならない(なれない)のです。
そんなわけで…本作は(そして兄弟作である『天使の涙』は)‘永久に新鮮’と確信しています。20年といわず、これからもずっと瑞々しい感覚を維持するはずです。
90人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon依存症2017/09/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
香港が誇るWKW代表作
確認済みの購入
WKW監督の代表作でしょう。
昨年夏には、香港文化中心(Hong Kong Cultural Centre)のロビーに、この映画のポスターが掲示されていました。
20年以上経っても香港が誇る大事な作品として扱われているのが嬉しかったです。

原題『重慶森林, Chungking Express』の通り、前半の舞台は重慶大厦(チョンキン・マンション)です。
単独で香港へ行く際には重慶大厦を定宿にしており、これまでに二十泊以上、同ビル群の殆どのホテルに泊まりました。
余談が過ぎますが、セミダブルの個室に最安1,500円ほどで泊まったことがあります。
日本よりも台湾や香港で知られている金城武の存在は日本人にはちょっと不思議な印象があり、そこが彼の妙味です。
彼の演技を越えたナルシズムには慣れていないと引きますが、これはもはや金城印。
現代にはいそうでいない貴重な役者さんなのかもしれません。
重慶大厦好きとしては前半を贔屓したいところですが、映画として面白いのは後半で、こちらは香港島中環界隈が舞台になっています。
客室乗務員がミッドレベル・エスカレーターでしゃがんでアパートのトニー・レオンに手を振るシーンは名シーンだと思っています。
現在ではエスカレーター脇の窓の目隠しは失くなっており、しゃがまなくても外が見えるようになっています。
警官制服姿のトニー・レオンのノーブルなセクシーさは類まれで、それは『ブエノスアイレス』で更に発揮されていますが、香港という猥雑でありながらイギリス割譲時代の優雅さを今も残す複雑さを一人で体現している点、彼にとっても記念碑的な重要な作品になっていると思います。
当初三話の予定だったそうですが、二話構成になったためにオムニバスの意義・意図がわかりにくくなってしまっていると思います。
二話構成ならば別個にして、それぞれもっと深く楽しませて貰いたかったものです。

昨年のパナマペーパー騒ぎ、来年から始まるAEOI、(この映画の前半の密輸出のように)香港で買ったゴールド要申告量を無申告で日本へ持ち込もうとする人たちが騒がれ、イミグレや銀行口座開設が厳しくなっていることが重慶大厦には如実に影響するようで、同ビル一階の空きテナントが目立っており、香港も寂しいことになってきました。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
B6122018/08/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
永遠に色あせることのない作品
確認済みの購入
独特の色彩を放つ、愛おしい作品。
返還前の香港の街を舞台に繰り広げられる二組のラブストーリー。
広東語の音が大好きで心地よくて…。
20年近く前、あの重慶マンションに恐る恐る足を踏み入れた思い出が…。
普通にレストランとか、両替屋とかありました(∩'∀`)∩ホッ。
ふと突然、たまに観たくなる映画。
フェイ・ウォンとトニー・レオンの巻がどちらかというと好き。
Happyな気持ちになれます。
香港の街は、いま、どんな感じなのかな。

追記)2020年7月
香港の街とみなさまのことが心配です。
平安を祈っています。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
権兵衛2017/03/26に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ハマった結果、ロケ地探訪
確認済みの購入
昔テレビ録画していたVHSを整理していたら出てきて、観てみた結果ハマりました。
登場人物とおおよそ同世代で、作中の1994年頃も、同じようなことをして過ごしていたため、その雰囲気に惹かれました。
公開当時はずいぶん話題になっていたと記憶していますが、流行りものは好まないため、録画はおそらく2000年以降で、その時初めて観ました。
初見時は「何この2本立て?」とあまりピンと来ず、以来放置だと記憶しています。
おそらくはそれが本来の感想で、実際今もそう思いますが、20年以上経った結果、その郷愁に惹かれているのだと思います。
ざっと感想など調べてみるといろいろと深読みできるようで「なるほど」と思いましたが、重厚なストーリーがあるものでもないと感じますし、今のところは軽く観てその雰囲気を味わう作品だと思っています。
キラキラしていたと勝手に捉えている1990年代の雰囲気を味わえるように思いますが、今時の若い人が観ても全然響かないのかもしれません。
普段あまり多くの映画を観るわけではない私にとっては、心に残る作品となり、衝動的に香港までロケ地探訪に行くことにし、そのためこのDVDあるいはブルーレイの特典映像で予習しようと購入しました。
元々ローファイな画質の作品のようですので、ブルーレイは見送りDVDにしておきました。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
山田達也2018/05/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
映画の世界には触れることができない、青春も!
確認済みの購入
いつも見ているが内容が同じ。また買ってしまった。香港の猥雑な世界にあいたすてきな穴。この空間に潜り込もうとしてもそれは無駄。この映画が続いている間は、幸せになれる。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
kamu2020/07/13に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ブルーレイ化を待ち望んだ
確認済みの購入
初めて映画館で中国(香港)をみたら
人生の中で人にお勧めする映画だと思います。
二部構成された物語りだけど、香港の
街ですれ違って伏線を上手く表現が
出来た物語りです。

夢のカルフォルニアの音楽が耳から
離れなくなりそうなくらいクセに
なりますから

そしてブルーレイ化されましたが
DVDのリマスター版をそのまま
ブルーレイソフトにしたんだと
思います。

色の発色も良く、この映画は
夜のシーン多いので良かったと
思います。
kicker-t2018/04/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
香港映画ブームの立役者。特典映像にも注目
確認済みの購入
90年代香港映画ブームの立役者となった作品の一つ。
クリストファー・ドイルが撮る香港の夜の街がとてもスタイリッシュで、
まだブルーレイなど存在しなかった当時、レンタルで借りてきたVHSビデオで何度も見てました。
久しぶりに見たくなり、ついブルーレイを購入。
香港の街並みこそ20年で大きく変わりましたが、作品は今見てもクールでオシャレでした。
特典映像にウォンカーウァイ監督とクリストファードイルのコメンタリーと、
お蔵入りした別シナリオが収録されていて、かなりお得だと思います。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示