恋するマドリ 通常版 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,950
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
カートに入れる
¥ 1,950
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 【迅速・丁寧】オンラインストアすみれ堂
カートに入れる
¥ 3,094
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

恋するマドリ 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,780 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,210 (55%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、プレゼント・マートが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,200より 中古品の出品:10¥ 93より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 恋するマドリ 通常版 [DVD]
  • +
  • フレフレ少女 [DVD]
  • +
  • 恋 空 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥8,190
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 新垣結衣.松田龍平.菊地凛子.中西学.ピエール瀧.江口のりこ.矢部太郎(カラテカ).廣田朋菜.マリエ.内海桂子
  • 監督: 大九明子
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2008/01/25
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000YKDHT2
  • EAN: 4934569631572
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 34,571位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

新垣結衣 初主演&豪華キャストで贈る、甘く切ない青春ラブストーリー。
初めての一人暮らし。偶然が運命の出会いを運んでくれた。
新しい町、新しい部屋、新しい私。

【特典・仕様】
● 毎回映像特典
特報、予告、TVスポット集、完成披露、初日舞台挨拶映像 ほか
● 仕様
英語字幕付(ON・OFF可能)

【ストーリー】
はじめての一人暮らしをすることになった美大生のユイ(新垣結衣)に素敵な出逢いが訪れる。
元の部屋に忘れ物を取りに行くと、新しい住人は大人のカッコイイ女性=アツコ(菊地凛子)。
しかも彼女の元の部屋はユイの新居と判明し、運命的な関係に。
そしてもう一人、バイト先で知り合った男性はユイのすぐ上の住人=タカシ(松田龍平)。
取っ付きにくいところもあったけど仕事に取り組む姿勢に次第に惹かれていく。
アツコには同姓としての憧れ、タカシには恋心を抱き始めるユイ。
でも、アツコには自分の夢のために別れた恋人がいて、まだ少しそのことを引きずっている様子。
タカシはタカシで、失踪してしまった恋人がいて、未練たらたら。
しかもそれはユイの部屋の前の住人らしい。前の部屋の住人?
「それって、つまりアツコさん?」
運命的な出逢いは、一転、奇妙な三角関係に……。どうするユイ?

【スタッフ】
エグゼクティブ・プロデューサー:高島郁夫/プロデューサー:松田広子、押田興将/原案:筧 昌也/撮影:山﨑 裕/
照明:尾下栄治/VE:大場雅一/録音:郡 弘道/美術:古積弘ニ/編集:今井 剛/衣裳:宮本茉莉/インテリアスタイリスト:作原文子/イラスト:河村ふうこ/スチール:鈴木さゆり/
音楽:スネオヘアー(EPICレコードジャパン)/エンディングテーマ:新垣結衣/監督・脚本:大九明子

【キャスト】
新垣結衣/松田龍平/菊地凛子/中西 学/ピエール瀧/江口のりこ/矢部太郎(カラテカ)/廣田朋菜/マリエ/内海桂子/世良公則

Amazonレビュー

   引っ越しをキッカケに運命的に出会った3人の男女の恋と友情を綴った、切ないけれど最後は爽やかな感動を味わえる作品だ。新垣結衣演じる主人公ユイは、引っ越ししたマンションの上の階に住んでいるタカシ(松田龍平)に惹かれていく。一方、自分が以前住んでいた部屋の新しい住人アツコ(菊池凛子)にも憧れるように。だがその内に実はタカシとアツコがかつては恋人同士で、しかも互いにまだ想いをつのらせていると知ったユイは、2人をなんとか結びつけたいと思うようになっていくのだが……。
   主人公たちそれぞれの想いが交錯していく様を、じっくりととらえているし、それぞれの秘めた切ない想いは確実に観ているこちら側に届いてくる。熱くなりすぎない人間関係も現代っぽいし、映像も音楽もとにかく心地良い。だがそんな心情の積み重ねがメインなドラマだけに、細かい部分にリアルが感じられないと、せっかく気持ち良く走っていたのに石につまづいてよろけたような感じになってしまう。例えばプロレスラーが副業でやっている引っ越し屋。なぜかひとり覆面姿で働いているのが違和感。今ドキそんな姿で現われたら、客が不信感を持つだろう。他にも橋の上からどうやって瞬時に船に乗ったのかとか、普通に観ていても疑問に感じるシーンがチラホラ。マンガ気分で観れるほどぶっ飛んではいないし。そのディテールのツメの甘さが勿体ない。そこらへんをカバーしてくれていたら本当に完璧だった。(横森文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

「新垣結衣を観たい、けれど恋空とかBALLADとかを借りてしまうと、
開始15分で停止ボタンを押す自分の姿目に浮かぶ…。」
そんな私のような30代以降の男性が消去法で選ぶ作品と言えば、これでしょうか。

作品としては良くも悪くも主張がなく、
映画というよりも、新垣結衣のイメージビデオ的な要素が強いように思います。
役名もずばり「ユイ」。
よく言えば等身大、悪く言えば「世間が思う新垣結衣」を演じている感じです。

新垣結衣の薄さを補うためか、
松田龍平、菊池凜子、ピエール瀧と周りを個性派で固めていますが、
個性派に普通の役を演じさせるのもなあ・・・。
菊池凜子は結構馴染んでいましたが、なぜ松田龍平をキャスティングしたのか疑問。
あの顔を見ると、「いつカルトな素顔を表すのか」
と期待してしまうのは私だけではないはず。しかし本作では最後まで普通の人。

その他、ニッコリのくだり、プロレスの運送屋、内海桂子等、
一つ一つのネタがしつこい印象があり、ストーリーにも雑さが見受けられますが、
全体には害のない、さっぱりした作品だと思います。
映画館に観に行ったらちょっと凹むかもしれませんが、
レンタルして家で新垣結衣をぼんやり眺めたい方にはちょうど良いと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 calm 投稿日 2008/4/24
ストーリー自体はむちゃくちゃ良いというわけではない。
でも、憧れの人を想うガッキーの一途な恋心には共感したし、何より
松田龍平と菊池凜子がいい味でてます。

そしてやっぱり美大生の設定なだけにお部屋の家具やファッションにも注目。
Franc francだからもっと原色系の家具がいっぱいなのかと思っていましたが
意外にシンプルなものを使ってたのにびっくり。それがナチュラルなガッキーに合ってました。
好みにもよると思いますが、可愛いもの好きな人は是非☆
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雪柳 VINE メンバー 投稿日 2008/2/4
作品としては、やや凡庸な印象。
タイトルと予告編から「こんな作品かな」と予想された以上のものは、特に見当たらなかった。

ただ、個人的に菊地凛子が非常によかった。
本当に特異な、他の人では代えがたい個性を持った、貴重な女優さんのように思う。
特に、新垣結衣と二人で橋を渡っている時の、「空も、にっこり。風も、にっこり」と言ったところへ通りかかった自転車を見ての「自転車も、にっこり」に、なぜか心をわしづかみに(笑)されてしまった。
何となく、中島みゆき(たとえば『間宮兄弟』の)を連想させるテイスト。
私にとっては、女優・菊地凛子を堪能できた映画、として記憶されることになりそうだ。

作品自体にうまく入り込めなかったのは、松田龍平の演じたタカシがあまり魅力的に描かれていなかったように感じたからかもしれない。
無愛想で、不器用で、思いを人に伝えるのが下手で、という役柄にしても、ちょっとこれでは、ユイがなぜ彼に恋をしてしまったのか、納得がいかない。

しかし、新垣結衣も可愛かったし、登場人物たちの暮らす部屋のインテリアなども美しく、それなりに楽しめる作品ではあったと思う。
プロレスラーがやっている引っ越し屋さんも、微笑ましくて悪くなかった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
淡いラブコメです。劇的な展開とか過激なシーンはありません。
見た後に癒された気持ちになります。
仕事から開放されて、金曜日の夜に一人で「ほっこり」したい人にはお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主人公のユイが、引っ越した先のマンションの上に住む男にときめいた。
その男の彼女がユイが引っ越す前の家に引っ越していた…。
ユイはその女性の生き方や大人のカッコよさに惹かれていく。

すれ違う引っ越し前の家に住む女とその彼氏、
引っ越した先の2階に住む男と消えた彼の女…、
2つの点はやがて線となる。
現実味のある話とは言いがたいが、設定としてはユニークだと感じた。

物語自体からは何の複雑さも、大きな起伏も感じられない。
しかし、「人を想う気持ちは簡単に伝わらない」という、
とてもシンプルなメッセージを伝える作品なのだろうと感じた。

ユイを演じた新垣結衣さんのファンではれば、
その様々な表現の豊富さを楽しめるのだろう。
私はあたたかさがあふれるプロレスラーの引っ越し屋さんたちが、
とてもほのぼのしていて心が和んだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック