中古品
¥232
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 Sindbad-
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに若干イタミ、スリキズ、ややヨゴレあり。あとは問題ありません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


怪集 蠱毒(こどく) (竹書房文庫) 文庫 – 2009/11/13

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥232
¥169
お届け日: 12月8日 - 13日 詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「恐ろしい話であること。絶望を伴うと尚良い。“虫”をモチーフとして扱うこと。」というテーマで開催した創作怪談発掘大会の傑作を収録。「クロスローダーの轍」という作品では…ちょっとした揉み合いで相手を殺してしまった探偵のもとに現れた、鼠色の燕尾服を着た老人。その“死のファイル”には、探偵の余命があと3日と記してあった。寿命を延ばすためにはそのファイルに記された罪人を殺してその寿命を奪うしかないという。残された時間はもうわずかだ!また「蝗の村」では…ある地方で続けざまに施設に住む11人もの子供が水死するという事件が起こる。事件を防ぐために雇われたセキュリティコンサルタントが謎の童歌に秘められた血生臭い悲劇の裏側に迫っていく!そのほか「マンティスの祈り」「虫のある家族」「ムしイチザの話」「楽園」「面影は寂しげに微笑む」「遺念蝉」「失敗したおやすみなさい」「紫陽花の」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/一
1967年静岡県生まれ。パソコン雑誌から少女雑誌、官庁のお役所仕事から怪談まで、守備範囲は広い。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』冬版の編著者で、実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、同コンテストの傑作選「怪コレクション」シリーズの編者を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2009/11/13
  • 文庫 : 245ページ
  • ISBN-10 : 4812440203
  • ISBN-13 : 978-4812440209
  • 出版社 : 竹書房 (2009/11/13)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年12月13日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告