この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

怪談新耳袋 絶叫編 まえ「すごい顔」 [DVD]

5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 6,900より 中古品の出品:1¥ 2,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 山下リオ
  • 監督: 吉田秋生
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2009/07/08
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0029AJPAK
  • JAN: 4988003994709
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 221,789位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

怪談新耳袋史上、最強の幽霊キャラクター登場!!その名は”すごい顔”!!

シリーズ20作以上を超える大人気ホラーシリーズ『怪談新耳袋』。1話50分の絶叫編の最新作が2話登場!!今回は「怪談新耳袋」史上最強・最悪の心霊キャラクター”すごい顔”が登場!!放課後の女子高生たちが”すごい顔”によって地獄に堕ちる!!そして、もう1本は究極の絶望を描いた恐怖譚「記憶」が登場。遂に「怪談新耳袋」は最終形態を迎える!!2作品の主演を演じるのは、三井のリハウスCMで注目を浴び、ドラマ・映画で大活躍の山下リオ。監督は『怪談新耳袋 幽霊マンション』の吉田秋生。過去に『怪談新耳袋 劇場版』を監督した吉田が再びメガホンをとる!!さらに脚本は「怪談新耳袋 絶叫編 黒い男たち」「怪談新耳袋 絶叫編 ぶぅん」や最新作『呪怨白い老女』を監督した三宅隆太が担当する!!今年の「怪談新耳袋」が一番すごい!!
★「怪談新耳袋」史上、最恐のジャケット・ビジュアル!!
★人気若手女優・山下リオ絶叫!12代目三井のリハウス・ガールがホラー初主演!
★原作書籍シリーズ最新刊「隣の怪」(メディアファクトリー刊)2009年6月発売!シリーズ既刊も文庫化!
○特典映像(音声):三宅隆太(脚本)×豊島圭介(「怪談新耳袋 絶叫編 うしろ 記憶」監督)オーディオコメンタリー、山下リオ・スペシャルインタビュー、怪談新耳袋殴り込み!2外伝
[STORY]
文化祭を前にした女子高。女子高生たちは学際の準備をしている。そんな彼女たちの目の前に現れる不気味な女の絵画。絵から現れるその女の”すごい顔”を見た女子高生は次々と死んでいく。”すごい顔”とは一体何者なのか!?

内容(「Oricon」データベースより)

人気心霊ホラー「怪談新耳袋」シリーズの絶叫編。12代目リハウスガールの山下リオ主演!

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9

トップカスタマーレビュー

今までのシリーズの中でも一番見るべきものが無かったかもです。

新耳袋に収録されている話を、エンターテイメントに脚色してきた本シリーズ。
微細な怪異を突飛に飛躍させたところに魅力を感じていたのですが、今作は普通の「アイドルが出ている低予算ホラー」に落ち着いていると感じました。

『うしろ「記憶」』の方が、本シリーズが好きな方には楽しめるかと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新耳袋は短編でオチのない、理由のないものに恐怖を抱くのが最大の魅力だろう。こういうチープな恐怖はいかがなものかと思う。 クオリティーの低い下品な脅かしにすぎない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ユイト VINE メンバー 投稿日 2009/7/20
監督が基本的にホラー畑の人間ではないためか、今一歩恐怖演出が精彩を欠いており、やや不満は残る。コメンタリーを聞くと、脚本の三宅隆太はある程度狙っていたらしい。確かに「人間らしさ」「生々しさ」が出ることによって怪物っぽさが現れる。が、今回の絶叫編のコンセプトがある程度「原点回帰」であったのであれば、あえて演出で違うことをやる必要はなかったのではないかと。
実際、後半になるにつれてやりたいことはわかってくるのだが、ホラーの玄人たちが楽しむだけならともかく、ある程度間口を大きく取るのであればこれはいけない。
ちなみに、本当に真正面からホラー演出をやるのであれば、やはり「すごい顔」は想像力の限り考えを絞って見せるべきだったんじゃないかと思う。

とはいえ、首吊りの直接的な見せ方や「すごい」と言って死んでいく少女たちの表情など、色々と観るべきところのある作品ではあるとは思う。決して出来は良くないが、「牛おんな」や「ぎぃ」ほどチープでやりたい放題なシロモノではないので、まだ楽しめるのではないかと。

オーディオコメンタリーはシリーズ通して面白い。日本のホラー界を担っている作り手たちが演出や作劇についてここまで熱く語っているのは他ではなかなか聞けないだろう。毎回楽しみにしているので、今後とも是非続けてほしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昨年までの絶叫編と比べると、想定外に面白く感じた(怖いかどうかは別として)ので☆4。
でも、”スゴイ顔”って原作(全十巻)にあるらしいけど、発見できなかった、もしかして複数話あつめてタイトル新規にしているのかな?それともキングレコードのデタラメなのかな。

それはさておき、気になった部分としては、パケ写裏面の1話50分の表記ってコレは特典?あわせて50分なのでイカサマ気味だなぁ(ヤレヤレ)。また裏面に「 致死率100%!最強キャラクター”スゴイ顔”出現! 」って、思いっきりネタバレじゃん(笑)。
特典のオーディオコメンタリーも新耳袋に関する怖い話ではなく、日本のホラーについて熱く語るだし(それはそれで面白いけど)、そんな特典の為に購入したのではないのでガッカリした。
ちなみにスゴイ顔は、後編に収録されている予告編にチラッと写っていますが、ソ連出身のロボ超人の素顔みたいでショボイです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す