Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,555
(税込)
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三津田信三]の怪談のテープ起こし (集英社文芸単行本)
Kindle App Ad

怪談のテープ起こし (集英社文芸単行本) Kindle版

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,555
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 728

商品の説明

内容紹介

恐怖は全て、日常にひそむ。「自殺する間際に、家族や友人や世間に向けて、カセットテープにメッセージを吹き込む人が、たまにいる。それを集めて原稿に起こせればと、俺は考えている」。作家になる前の編集者時代、三津田信三は、ライターの吉柳から面白い企画を提案された。ところが突然、吉柳は失踪し、三津田のもとに三人分のテープ起こし原稿が届く。死ぬ間際の人間の声が聞こえる――<死人のテープ起こし>。自殺する者は何を語るのか。老人の、夢とも現実ともつかぬ不気味な昔話の真相は。怪女「黄雨女(きうめ)」とは一体――。戦慄のテープ起こしがいま、始まる。怪談六篇と、ある編集者の顛末。【目次】序章/死人のテープ起こし/留守番の夜/幕間(一)/集まった四人/屍と寝るな/幕間(二)/黄雨女(きうめ)/すれちがうもの/終章

内容(「BOOK」データベースより)

恐怖は全て、日常にひそむ。自殺する者は何を語るのか。怪女「黄雨女」とは一体―。怪談六篇と、ある編集者の顛末。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 338 KB
  • 紙の本の長さ: 187 ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/7/31)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01KF68P82
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 90,840位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
いつもの三津田恐怖短編集です。
どれも体の芯からしみじみと冷えていくような恐ろしい内容で面白かったです。
ただ、最後に明かされるこれらの短編の共通点がかなり肩透かしでした。
「どこの家にも怖いものはいる」みたいな衝撃的真相が明かされるのかと思いきや「え、それだけ?」みたいな。
それともあえてはっきり描いてないだけで何か別の真相があるのでしょうか?
しかし短編自体はどれも本当に素晴らしいのでお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
怪談、或いはホラー映画というものは不思議なもので、文章や映像の未完成度、拙さが
必ずしもマイナスの効果につながらない、むしろ場合によっては、より怖さを増幅すること
に寄与する場合があるようです。

文章で言えば主客の混同、つながりにくく唐突な登場人物の入場・退場、オチの無い結末。
映画で言えば露出の過不足、手ブレ、ピント不調、音量とバランスの悪さ、などなど。
どれもこれも、完成度を目指す者、完成度を要求する者にとっては目のカタキ、有っては
ならない不純因子なのですが、それらが意図されてか、無意識にか、(或いは理知外の
奇妙な力の作用によってか)、読者や観客に対して怖さを増幅する方向に効果してしまうのです。

この本においても読了後、しばし悩んだ後、このような持論を当て嵌め納得するに至りました。
この本は小説として、物語としては欠陥もあり、目新しい発見も少なく、突っ込み処が多く存在する。
しかし、怪談として俎上に載った場合。意味不明のぞくり、とする怖さを包括していて、ある種の
完成度を有しているようだ。 と

この本は作者の三津田信三と女性編集者が怪談の連載を始めるいきさつを語る序章から始まり、
怪談の連載中に関係者に起こる不
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ふとした瞬間に、自分の身に振りかかりそうで、想像もしないアプローチなので、ぞっとします。
いつも新刊が出ると読んでますが、今回も面白いです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
収録されている話自体は、「ありがち」ではあるが、そこそこ怖いです。
しかし、導入部の、著者の近況、思い出話、薀蓄といった、本筋とは関係ない話が無駄に長い。
そうした導入に続いて語られるのが「こんな話を人から聞いた」
「○○さんから聞いた△△さんの体験談」という話なので、
「ここまで読まされてきたのは何だったのか?」という気分になる。
しかも、作品と作品の間に「幕間」まで入っているクドさ。。。

その導入部の内容もひどい。
『黄雨女』では導入部が6ページに渡って続くうえに、その中のわずか2ページの中に
 「事故後の月曜日、高校では追悼集会が行われたはずだが、あまり覚えていない。」
 「教師と教え子、二人にそれ以外の関係があったのかは知らない。」
 「この展開に興味を持たれた読者には申し訳ないが、どのように集会が進行し、そこで何が起きたのか、実はほとんど覚えていない。」
 「三人の命を奪った未成年者に、どんな処罰が下ったのかも記憶にないが、」
 「事故から何日後だったか、あるいは何か月後だったか、はっきりした日付は不明だが、」
「覚えていない」「分からない」「知らない」の連続。そもそも本編とは関係ない話なのだから、分からなければ書かなければ良いので
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ライトなTHE・三津田信三といった本作。
「どこの家にも~」よりは怪談の切れ味というか、気味の悪さが増していてよかった。
特に「死人のテープ起こし」は設定が面白い。
テープ起こしという「行為」そのものを、序章・幕間・終章に入れることで、全編を通しての繋がりを持たせている。
その分ミステリ要素がよりなくなっているけど、中途半端な作品よりも怪談+メタというシンプルな構造のほうが好き。
読み終わった後にゾワゾワ気分を味わえます。

刀城シリーズの新作を待ちつつ、この手の怪談ならいくらでも読みたい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover