通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
怪談えほん (4) ゆうれいのまち (怪談えほん4... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怪談えほん (4) ゆうれいのまち (怪談えほん4) 大型本 – 2012/2/16

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2012/2/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 怪談えほん (4) ゆうれいのまち (怪談えほん4)
  • +
  • 怪談えほん (2) マイマイとナイナイ
  • +
  • 怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 113pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ホラー小説界と絵本界の新鋭が贈る怪奇絵本。
真夜中に、友だちからあそびに行こうと誘われた。家を出ると、丘の向こうに「ゆうれいのまち」がひろがっていた。のぞいていたら、ゆうれいたちが追ってきて…。たすけて!

出版社からのコメント

子供たちは、おばけが大好きです。
不思議な話、怪しい話、怖い話が出ると、いきいきと目を輝かせて聴き入ります。幼いころから怪談に親しむことによって、子供たちは豊かな想像力を養い、想定外の事態に直面しても平静さを保てる強い心を育み、さらには命の尊さや他者を傷つけることの怖ろしさといった、人として大切なことのイロハを自然に身につけてゆくのです。
私たちが人生で初めて出逢う書物である「絵本」を通じて、良質な本物の怪談の世界に触れてほしい――そんな願いから「怪談えほん」シリーズは生まれました。
執筆陣に迎えたのは、日本を代表する怪談文芸や怪奇幻想文学のプロフェッショナルたち。それぞれの作家陣、画家陣が、この企画に賛同して集結しました。研ぎ澄まされた文章が、実力派画家によりビジュアルで表現され、今までにない美しくて深みのある怖い絵本ができました。子どもはもちろん、大人にも読み応えのある作品です。「怪談えほん」の世界を、じっくり味わってください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 32ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2012/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265079547
  • ISBN-13: 978-4265079544
  • 発売日: 2012/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 0.8 x 22 x 29 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

すでにレビューをされていらっしゃる方のご意見の中に、この「ゆうれいのまち」は、同じ作者の「夜市」を思わせるとのご指摘がありましたが、僕もその通りだと思いますし、もっとハッキリ言うと、僕は子供向けの「夜市」だと思います(笑)しかし、だからと言ってこれは、決して子供向けに薄めた二番煎じではなくて、大人が読んでも十分、怖いお話だと思います。でも、まあ、それは「夜市」が好きな僕みたいな人向けだろうとは思いますけども(笑)因みにウチの子供に読ませてみると、真夜中にこんな友達が誘いに来てピンポン鳴らしたらどうしよう?とか(笑)ゆうれいのたべものって美味しいのかな?とか言ってました(笑)大畑いくのさんの絵は、やっぱり怖かったようですが、吸い付けられるように、ジーッと見つめていました(笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 友達に、奇妙な世界に誘われた子の、奇妙な体験を描いた怪談えほん。

 怖い、というよりも、シュルレアリスティック(超現実的)。最後まで読むと、友達が本当に「友達」なのか、疑わしくなってきます。
 子供も、夜遊びしていて警官に追われるよりも、こういうなんだかよくわからない異形に追われる方がよっぽど怖いですよね。

 夜遊びする悪い子にならないために、この絵本を読み聞かせたら、子供にこう言ってみてはいかがでしょうか。

「夜中に、友達に遊びに行こうと誘われたら、考えてみよう。この子は本当に、自分が知っている友達なのかな?」
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
子供がふたりで幽霊の町へ向かう話。

絵を切り貼りした表現はなかなか独特で、
得体の知れない雰囲気がよく出ている。

ただ、よくわからない世界観と
今までの生活を忘れてしまう怖さを描いたもので、
恐怖感を感じるかどうかは人次第だろう。

純粋に怖い話を読みたい人は「いるの いないの」か
「ちょうつがい きいきい」をオススメする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひこ・田中 トップ500レビュアー 投稿日 2012/7/14
 怪談絵本の一冊です。
 真夜中友達に連れられてたどり着いたのはゆうれいの町。そこで「ぼく」を待ち受けるものは? ゆうれいの待ちでの暮らしが楽しそうなのが怖いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 太ったジェーン VINE メンバー 投稿日 2012/2/29
作者恒川光太郎氏らしいストーリー。
「夜市」を思い出させる内容だけど、
私的には絵のイメージが相違してて
当然ではありますが、別作品として読み進めると…
いやぁな話です。母の立場としても子どもの立場でも。
でも絵筆のタッチや色使いが魅力的で惹かれます。
夜更かしがちの2歳10ヶ月の次男に
夜遅くまで起きてると夜のおともだちが連れに来るよぉと言ったら
布団に入るようになりましたが。
これはあまりいい例ではないですね。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す