通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
怪物君 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: B5判縦長 初版 カバー付(カバー僅か傷み・僅かヤケ有) 僅か汚有 保存普通/発行年(2016)品切れの場合は即座に返金処理を行います
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怪物君 (日本語) 単行本 – 2016/6/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/6/7
¥4,620
¥4,620 ¥3,300
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

60年代から現在に至るまで、現代詩の最先端を疾走する詩人中の詩人、吉増剛造。
大震災からの五年、渾身の力を込めて書き続けられた一連の詩「怪物君」。
本にするのは不可能といわれてきた詩の群れがついに詩集のかたちになる。
震災の後に見た光景、土地の記憶、人々の声、古今東西の言葉……。
生者と死者が交わる場所に途方もないヴィジョンが立ち上がる。
囁くように、叫ぶように、音楽のように、あらゆる声が響き渡る、世界に対する詩人の応答。

内容(「BOOK」データベースより)

タレカガ、ドコカデ、…タダ、テヲカザシテイルダケデ、ソレデヨイ、…誰かが、何処かで、…ただ、手を翳しているだけで、それでよい、…詩はここまで到達した!

著者について

吉増剛造(よします・ごうぞう)
1939年東京生まれ。24歳のとき詩集『出発』でデビューして以来、現代詩の最先端を疾走し続けている。
おもな詩集に、『黄金詩篇』(1970年、高見順賞)、『熱風 a thousand steps 』(1979年、歴程賞)、『オシリス、石ノ神』(1984年、現代詩花椿賞)、『螺旋歌』(1990年、詩歌文学館賞)、『花火の家の入口で』(1995年)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(1998年、芸術選奨文部大臣賞)、『ごろごろ』(2004年)、『表紙omote-gami』(2008年、毎日芸術賞)など。
2016年に『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ! 』、『GOZOノート』(全3巻)、『心に刺青をするように』を刊行、秋にAlice Iris Red HorseがNew Directionsから刊行予定。
朗読パフォーマンスの先駆者としても知られ、日本各地およびフランス・イタリア・アメリカ・ブラジル・韓国などで詩の朗読を行なう。2006年から「gozoCiné」を発表。
詩のドキュメントともいえる映像群は、2011年に52作品が一挙上映され、現在も進行中。
2015年、長年にわたって広い領域で詩の可能性を追求した業績で、芸術院賞・恩賜賞を贈られる。
2011年の東日本大震災以来、「怪物君」の創作が、詩とドローイング、素描メモなど、様々な形ではじまる。
2016年6月~8月、東京国立近代美術館で、50年におよぶ創作活動を紹介する「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」が開催される。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉増/剛造
1939年東京生まれ。1964年に『出発』(新芸術社)でデビューして以来、現代詩の最先端を疾走し続けている。おもな詩集に、『黄金詩篇』(思潮社、1970年、高見順賞)、『熱風α thousand steps』(中央公論新社、1979年、歴程賞)、『オシリス、石ノ神』(思潮社、1984年、現代詩花椿賞)、『螺旋歌』(河出書房新社、1990年、詩歌文学館賞)、『花火の家の入口で』(青土社、1995年)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(集英社、1998年、芸術選奨文部大臣賞)、『表紙omote‐gami』(思潮社、2008年、毎日芸術賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 172ページ
  • 出版社: みすず書房 (2016/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622079860
  • ISBN-13: 978-4622079866
  • 発売日: 2016/6/7
  • 梱包サイズ: 26.4 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,792位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう