通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
怪物はささやく がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーのかどに擦り切れがあります。少しヤケがあります。書き込み、タバコ臭はありません。2012年第2刷発行です。※この他にも読む分には支障のない程度のわずかな使用感がある場合がございます。※管理シールはビニール包装の上に貼っております。迅速・丁寧なAmazon倉庫から直送(お急ぎ便、コンビニ受取りにも対応)の商品です。(Amazonカスタマーサービスもご利用いただけます。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怪物はささやく 単行本 – 2011/11/7

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 怪物はささやく
  • +
  • かかし
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2017年6月、待望の映画化!
47歳で亡くなったカーネギー賞作家シヴォーン・ダウドの遺したアイディアを、
2011年にカーネギー賞を受賞した気鋭の作家パトリック・ネスが引き継ぎ完成させた、喪失と浄化の物語。
13歳の少年コナーは、“それ"を飼い慣らし、乗り越えていくことができるのか・・・・・・?

内容(「BOOK」データベースより)

ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現われた―それはイチイの木の姿をしていた。「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。おまえはかならず話す…そのためにこのわたしを呼んだのだから」嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: あすなろ書房 (2011/11/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4751522221
  • ISBN-13: 978-4751522226
  • 発売日: 2011/11/7
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 15.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,637位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
けど、大人になったいまだからこそ両者の気持ちを深く読み取ることができて、理解を広げられたからこそ、そう思うのかもしれません。折々に登場するイラストが実に違和感なくはいりこんでくる表現も、なにもかもが心打つ内容でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読み辛かった。
レイアウトも、訳もイマイチ。
レイアウトに関しては、仕方がなかったのだろうけども。
期待して読むとがっかりするので、がっかりさせられると思って読んだら良かったのかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルや表紙の感じから、ちょっと怖い系かなという印象を持ちましたが、予想外に感動的な命の話で、ラストで明かされる怪物がコナーの前に現れた理由や言葉に私は涙が止まりませんでした。

重い病気にかかり苦しむ母親、学校では皆に家庭の事情が知られてしまい、腫れ物に触るような扱いやいじめまで受けてしまうコナー。そんな折イチイの木の怪物が彼のもとへやってきます。怪物はコナーに3つの物語を語り、4つ目の物語はコナーから語るように命令します。さて、コナーが語る真実の物語、本当の気持ちは―…。

物語は読む人だけを癒すでない、それを語る者の苦しみや闇を解放することでもある。そんな事実を再認識させられる話でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ここ最近の課題図書は、選定者の意図がわかりやすい作品が多く、読書としてはあまり面白くないものが多かった中で、
中学生の子どもにとって興味をもって読み進めることのできる作品でした。
感想文も書きやすかったみたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
題名だけ見てホラ-と思い買ったが思っていた内容ではなかった。
しかし可也深い内容であり感動もした。
家族にも読ませたい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コナーがついに怪物に白状した「真実の話」とは?
そして、さらに心の奥底から浮かび上がり、コナーを「救済」に導いたものとは?
ネタバレになるのでこれ以上は書きませんが、読み終えたときに心の中に響いていたのは、ジョン・レノンの歌う「マザー」でした。
(この本の筋立てとは違いますが)、幼い頃に自分を捨てた母と父に、So I, I just got to tell you. Goodbye, goodbye と決別を宣言する、「愛への根源的な不信」とすら称すべきこの歌ですが、その最後に、ジョンは Mama don't go!Daddy come home! と絶叫します。繰り返し、絶叫するのです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
小6の息子が指定図書の中からおもしろそうだと選びました。
中学生の娘も読みましたが、共通した感想は不思議な感じ・・・とのこと。
うちの子には難しすぎた?!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
絵はとてもに美しいです。私は映画の中で別の映画を見ていた前に、この本の映画予告編を見ました。その日から、私は孤独な少年を同情し、同時に少年が好奇心になった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤヤー 投稿日 2011/12/24
形式: 単行本
少年の心理をホラー小説として著した作品に、
ロバート・ウェストールの『かかし』がある。
この『怪物はささやく』はそれに勝るとも劣らない小説だ。

ひとは、時にじぶんの感情を押し殺してしまうことがある。
感じていないふりをすれば、何事もなかったことになるかのように。
そんなことをしても事態は変わりはしないとわかってもいるのに、だ。
主人公コナーのもとに、怪物はやって来た。
「真実の物語」を語れと。
両親の離婚に母親の病気、学校でのいじめ、馬の合わない祖母との暮らし…。
負の連鎖を断ち切るために、コナーはじぶんのこころと向かい合う。

...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テーマはとっても重たい。

それでも書かれた事に経緯を表したい。

原案者はガンで夭折したとのこと。
その物語を引き継いだ方の力量にも経緯を表したいと思う。

親にとってなによりつらいのは
成人前の子どもを残してこの世を去ることではないだろうか。

大人にもぜひ読んで欲しい物語。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告