この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怪奇探偵小説傑作選〈5〉海野十三集―三人の双生児 (ちくま文庫) 文庫 – 2001/6

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 500
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本SFの元祖・海野十三。理科系作家がその新しい知識を駆使して生み出す奇ッ怪で新鮮な物語に、昭和の科学少年たちは胸を躍らせた。赤外線、テレヴィジョン、超音波に電気風呂―。エログロ・ナンセンスにみちた初期の作品から戦時下の緊迫した空気を伝える異色作まで、鬼才が遺した多彩な推理小説を収める。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

海野/十三
1897年徳島市生まれ。早稲田大学理工科卒。逓信省電気試験所で技師として働くかたわら小説や随筆、漫画をかき、1928年「新青年」に「電気風呂の怪死事件」を発表する。日本SF小説の先駆者として知られる。本名佐野昌一、別号丘丘十郎での著作もある。1949年没

日下/三蔵
1968年神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、ミステリ評論家・フリー編集者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 558ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480036458
  • ISBN-13: 978-4480036452
  • 発売日: 2001/06
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
安部公房展が目的で世田谷文学館に行ったのだが、常設展の中で海野十三が紹介されていた。
ちょっと興味を持ったので早速Amazonで検索し、入手。
作品世界は好きなのだが、他の巨匠と比べてしまうとやはりちょっと物足りなさがあるのは否めません。ポー(星5つ)、江戸川乱歩(星4つ)、海野十三(星3つ)という感じだろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
■ちくま文庫の《怪奇探偵小説傑作選》《怪奇探偵小説名作選》のシリーズは、名アンソロジスト・日下三蔵氏の企画編集によるものである。日下氏は重要な仕事を良くこなしておられると思う。
■本書には、海野十三の主要な短編が手際よく網羅されている。目次から拾うなら「電気風呂の怪死事件」「振動魔」「爬虫館事件」「俘囚」「人間灰」「不思議なる空間断層」「生きている腸」「三人の双生児」。これらの代表短編により海野ワールドが堪能できる構成となっている。
■さらに本書には、三一書房版『海野十三全集』未収録の小説・随筆等が5編収録され、これが大変貴重だ。メモしておくと、①「点眼器殺人事件」、②「顔」、③「盲光線事件」、④「『三人の双生児』の故郷に帰る」、⑤「盲光線事件(!脚本)」。どれも貴重なものだが、特にありがたいのが④。これは海野が故郷・徳島市のことを綴った非常に珍しい望郷ルポで、幼少時の原風景を記した重要文献といえる。しかも初出誌『シュピオ』の誌面から写真7点を復刻掲載している(撮影者は海野)。海野が小学3年まで住んでいた徳島市安宅町の家や彼が遊んだ四所(ししょ)神社の風景などが、鮮明に再現されており申し分ない。これは快挙といってよい。この随筆1本だけでも、本書購入の価値は十分あると私は思う。
■筑摩書房はこの種の作品集を大事にする版元なので、本書も5年くらいは流通するのではないか。入門書として最適であり、新たな海野ファン獲得に大いに貢献するものと思われる。本書は、大きな成果だった。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/30
形式: 文庫
逓信省の電気技師として働きながら小説を書いた海野十三。江戸川乱歩に強く影響された作家、だが乱歩とは似て非なる明るさがある。本書には主に探偵小説が収録されているが、「日本SFの父」としても有名だ。
未だに熱狂的なファンも多い一方、書店では、もう滅多に見ない名前でもあって、故・小松左京氏が2007年に開催されたSFのイベント会場にて、海野十三の名前をあげたところ、その名を知っていたSF関係者、観客は、ごく僅かだった、という。
2011年80歳で亡くなった小松氏が、小学生の頃に読んでいたのが海野十三だ。

2013年5月現在、ウィキペディアで調べると、昭和3年『新青年』に掲載された『電気風呂の怪死事件』が海野十三名義でのデビュー作であるかのように記載されているが、本書の巻末解説によれば、昭和2年に『無線電話』に掲載された『遺言状放送』が同名義でのデビュー作である。
海野十三全集1巻の巻末、長山靖生氏の解説によると、この『遺言状放送』は、世界的にみても核爆発の危険性を指摘したごく初期の作品であり、しかも核兵器の危険性ではなく核の平和利用における危険性について言及している点、高く評価されるべきである、とのこと。発表当初、オチがわかりにくい、という知人の意見から、現在の形(いわゆる夢オチ)になったが、もとはれっきとした終末モノだった、とか。当時
...続きを読む ›
11 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 親の世代(昭和一桁生まれ)が夢中になった高名な作家だ。親の話では空想科学小説が多かったようだが、本選集はミステリが主体である。その作風は、理系の研究職であったという事で、今でこそ一般的になった科学的知識に基づくトリックが用いられた推理小説が多い。最新科学を用いたトリックに戦前の子供達は驚嘆しただろうと思える。
 直接的なタイトル、そしてかなりのエログロさは、江戸川乱歩に近いものを感じる。しかし、科学技術を応用するこだわりはこの作家独特の物で、SF作品のアプローチを推理小説に持ち込んだ点が評価できるのではないかと思う。これはSF中心の作品を探して読まねば、という気持ちになる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
その作品は怪奇と幻想とに彩られ、エロは少々、グロでナンセンス、いかにも「探偵小説」らしい探偵小説を書いた海野十三は、また、「日本SF小説の父」とも称され、数多くのSF小説(というよりは空想科学小説といったほうがピッタリ)も発表しました。そんな作者の短編十五作にエッセイ一作、本書にも収められた短編を城昌幸が脚本化したもの一作をまとめた短編集です。

十五編のうち、ほとんどが探偵小説ですが、タイトルだけで魅力的、『振動魔』に『赤外線男』、『三人の双生児』などなど、もうこれだけで十分に楽しい。

「また帆村 少々無理な謎を解き」 帆村とは作者の創造した名探偵 帆村荘六のこと、こんな川柳が当時作者が作品を発表していた紙面に載った(らしい)ことからもわかるように、その内容は少々というよりはかなり無理、ミステリとしてマジメに読んでいたら、帆村名探偵の謎解きを聞いたら怒り出してしまいそうなものが多くあります。が、これが良いのです。もう、「無理」だとか「バカにしている」、「こじつけ」、「子供だまし」とかいったものを、はるかに超越してしまっているのです、海野作品は。

ですが、こういった理由で海野作品を嫌って読まずにいる本格ミステリのファンの人もいるでしょう。損してますよ、こんなにおもしろいのに。そんな方にはここに収められている一編『不思議
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告