通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
怪しいシンドバッド (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店ありがとうございます。 ◆カバーに使用感はありますが、中身は綺麗です ◆記載ない限り帯・特典などは付属致しません ◆中古品のため多少の・キズ・使用感がございます ◆防水パック梱包、ゆうメールにて発送させていただきます ◆商品ラベルは直接貼らず、梱包の上から貼り付けています ◆禁煙・禁ペット環境で保管しています 最後までお読みいただきありがとうございます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怪しいシンドバッド (集英社文庫) 文庫 – 2004/11/1

5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,781
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 怪しいシンドバッド (集英社文庫)
  • +
  • 極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
  • +
  • アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
総額: ¥1,977
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

未知を求めて世界の辺境へ。懲りない冒険記。
コンゴに怪獣探しに。幻の幻覚剤を求めて南米に。インドでダマされ無一文に。「未知なるもの」を求め、懲りずに出かけては災難に遭うワセダ探検部出身・高野氏の傑作冒険記。(解説・大槻ケンヂ)

内容(「BOOK」データベースより)

幻覚見たくてアマゾンへ。野人探して中国へ。無一文だって凹まない。「未知なるもの」を求めて辺境に挑む懲りない冒険記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 293ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087477606
  • ISBN-13: 978-4087477603
  • 発売日: 2004/11/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 303tk4 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまで、著者の他の作品を読んでいると気になることがいくつかありました。
「むかし●●を旅したときには」などという話がサラッとでてくるのだけれど、
たとえば「彼の本を何冊も読んだけれど、中国の旅の作品なんてあったっけ?」といった疑問がありました。

1テーマで1冊とまでは行かない旅はこうした短編(?)集に書かれているのですね。
これはこれでテンポが良くて面白い。
バックパッカーやってた人にとっては、長編(自分と比べてやってることがぶっ飛びすぎてる)よりも、むしろこうした小さな冒険を集めた短編集のほうが共感も手伝ってさらに面白いかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
高野先生の冒険のお話を何冊か読ませて頂きましたが、この本は少し読後感が良くなかったような気がします。
インドのホテルでの恐怖体験や、中国の客家の話は大変興味深かったのですが、怪しいハーブ系や、あんまりきれいでない描写が多くて、ちょっと”おえっ”というパーツが多すぎたような気がします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
高野さんの作品は好きで、いろいろ読ませていただいています。文章も面白く、その行動力には頭が下がります。自分では到底体験できないようなことを、高野さんの作品を読むことで追体験できることが楽しく読める要因だと感じます。椎名誠さんの作品を愛読している私にとって、高野さんの作品も同じジャンルだと感じられ、私の好きな作家の一人です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
序盤、インドで身ぐるみはがされるシーンが印象的だ。ここで高野秀行という人の性質がちらりと見えるような気がする。
パスポートなど所持品全てを奪われたあとの「一文無しというのはスカーンと晴れた青空のようなもので…」というシーンなのだが、ここで青空を比喩に持ってきたのがスゴイ。
なにしろ場所はインド、ひとりぼっちで所持金ゼロ、もう少しで拉致されて殺されていたかもしれないのだ。普通の作家ならここで「一文無しとはまるで目の前に霧がたちこめたような状態だ…」とか「大きな壁に取り囲まれたような心境だった…」とか、なにかネガティブなものを持ち出して心情を表現するはず。
なのに、高野秀行はここでスカーンと晴れた青空をもってきた。
この人は決してここで無理して気丈に振舞っていたわけじゃなく、思考の根っこの部分があっけらかんとしているんだと思う。
ふつうの人間は、テロ多発地帯や伝染病のはびこるジャングルの存在を知ると、その危険さを考えて尻ごみする。自分に起こりうる最悪のケースを想像して恐怖する。面白い文章を書ける知的な人間ほど危険性を冷静に分析できるぶん、その傾向は強くなると思う。
でも高野秀行は違う。この人は知的でありながら、またこれから行く場所の危険さをよく知りながら「まあ多分どうにかなるだろう」と世界中どこでも行ってしまう。
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/21
形式: 文庫
~大槻ケンヂの解説に「無茶しすぎ」とあるが、無茶とかそんな言葉では言い表せないくらい、ほんとめちゃくちゃ。
そして笑える。
世知辛い世の中(死語)に飽き飽きしてきている人にお勧めの一冊だと思う。
彼の後書き、宮部みゆきとか、おーけんとか、著名な人が書いてるけれど、結構まじめなコメントが多い。
しかし、僕は声を大にして言いたい。
「~~高野秀行の本は素直に馬鹿笑いできる日本で数少ない本だ」と。~
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
今回も面白かった。やはり著者が自ら経験した生のレポートなので臨場感があって面白い。ただいつか死んじゃうんじゃないかと思うくらい無茶をするので気をつけて頑張ってほしい。それと胎盤を食べるのは日本でもあるが、胎盤を食べると次は人肉が食べたくなるという表現には引いた。そういう素直な感情を書いてしまうところが魅力的でもあるのだが、これは勇み足かな。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/2/11
形式: 文庫
 1997年に朝日新聞社から出た単行本の文庫化。

 著者が19-29歳の時に書いた文章を集めたもの。インド、アフリカ、タイ、ビルマ、中国、コロンビアと世界各地を旅している。ただ、早稲田の探検部の出身ということもあり、バックパッカーの旅行記とはちょっと違うものがある。単なる旅行というよりも、探検・冒険として行われているものが多いのだ。UMAのムベンベを追いかけたり、中国で野人を探したり、コロンビアの危険地帯に潜入したり。とはいえ、現地の人々との温かい触れあいなどもあって、冒険と放浪の境目に位置する旅人かな、と思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー