¥836
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書) (日本語) 新書 – 2014/8/22

5つ星のうち4.1 19個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2014/8/22
¥836
¥836 ¥546
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書)
  • +
  • 怨霊になった天皇 (小学館文庫)
  • +
  • 跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)
総額: ¥3,355
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

怨霊とは死後に落ち着くところのない霊魂である。古来、日本では怨霊が憑依することによって、個人的な祟りにとどまらず、疫病や天変地異など社会に甚大な被害がもたらされると信じられてきた。三大怨霊と称される菅原道真、平将門、崇徳院は死後、いかに人々を恐怖に陥れたのか。そして、どのように鎮魂がなされたのか。霊魂の存在から説き起こし、怨霊の誕生とその終焉、さらに近代の霊魂文化まで概観する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山田/雄司
1967年静岡県生まれ。91年京都大学文学部史学科卒業。亀岡市史編さん室を経て、98年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科史学専攻(日本文化研究学際カリキュラム)修了。博士(学術)。2011年より三重大学人文学部教授。日本古代・中世信仰史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2014/8/22
  • 新書 : 206ページ
  • ISBN-10 : 4121022815
  • ISBN-13 : 978-4121022813
  • 出版社 : 中央公論新社 (2014/8/22)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 19個の評価