通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
性のタブーのない日本 (集英社新書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に使用感が少々あります。若干の傷み・汚れヤケなどがあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

性のタブーのない日本 (集英社新書) 新書 – 2015/11/17

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 192

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 性のタブーのない日本 (集英社新書)
  • +
  • 本当はエロかった昔の日本:古典文学で知る性愛あふれる日本人
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

タブーはないが、モラルはある。
「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。
「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がります。
歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのでしょうか?
西洋的な【タブー】とは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた【モラル】から紐解く、驚天動地の「日本文化論」を論じた一冊となっております。

【目次】
タブーはないが、モラルはある
Introduction-現代の日本に性表現のタブーはあるのか?
「性表現の自由」をうっかり語ると笑っちゃう/「性表現の規制」の中の自己規制/
エロスの経済事情/成人映画と一般映画の違い/思春期的な問題/
「芸術か、猥褻か」という下らない論争/逆にその方が煩わしい/
「猥褻でなぜ悪い! 」という問題ではない

第一章 それは「生理的なこと」だからしょうがない
世界は具体的にはじまる/「子供を作る行為」の始まり/「まぐわいしない?」とナンパする/
アメノウズメの見せるもの/それをいやがる和泉式部/清少納言の場合/女であることの証明/
日本のオッパイ文化/オッパイを描く歌麿の謎/英泉の描く腋毛のある女/晴と褻/
自分の身体で世界を把握する/ウンコだらけの平安京

第二章 「FUCK」という語のない文化
性的タブーとはどんなことか/神様は「まだ早い」と言う/古代日本の性的タブー/
タブーはないがモラルはある/率直だが卑語はない/『万葉集』の恋の歌/
逢ひ見ての後の心に比ぶれば/強姦する光源氏/強姦と和姦の間の微妙な一線/
顔を見せるか見せないか/いいのか悪いのか分からない平安時代/「夜」という時間の持つ意味/
「顔を見せろ」は強姦と同じ/自分の肉体を自分で把握しない/丸出しの肉体表現

第三章 男の時代
少女マンガ的な『源氏物語』/肉体関係以外に他人と関係を結ぶ方法はない/
女を介在させる同性愛/男に意味のない時代/藤原頼通の不思議/藤原頼通のストレス/
かなりマッチョな少年愛/性的主導権と人事権/武士の時代/恋の至極は忍恋/
『葉隠』の武士道原理主義/セックスさえもセレモニー/「遊女」とはなんだ/
男の本音はまた違う/和歌の詠めない男達/女から男へ/和歌的日本語の限界/
下品を志向する文学/近松門左衛門と女のフンドシ

内容(「BOOK」データベースより)

「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がる。歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのか?西洋的なタブーとは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた「モラル」から紐解く、驚天動地の日本文化論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087208109
  • ISBN-13: 978-4087208108
  • 発売日: 2015/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 タイトルから想像されるように、古代以来の日本文化には性のタブーはないがモラルはある、ということを中心的なテーマにしているが、冒頭から古典的なものから現代のものまで性にまつわる用語や表現がこれでもかというくらい出てきて面食らう。しかし、書かれていることは至極まっとうな文化論、芸術論であり、これまで「古事記」、「源氏物語」を始めとした古典の現代語訳を多く手掛けてきた著者ならではの視点で様々なことが語られており、江戸時代の春画や源氏物語なども本書を読む前と後では見方、読み方が大きく変わるであろう。また芸術だけではなく、女の時代であった平安時代が、院政期から男の時代に変わっていった、など歴史という視点からもとても興味深い見方を提供してくれる。第三章の「藤原頼通のストレス」の項などは特に印象に残った。またカラーで載っている6点の絵画も、「小柴垣草子」や「稚児草紙」といった、こんな絵巻物が春画以前に存在したのかと驚くようなものがある一方で、「伴大納言絵巻」や「餓鬼草紙」といった国宝絵画もちゃんと意味を持って載せられている。

 これだけまっとうな内容であれば、もう少しまじめな文体で書けばもっと多くの人に共感してもらえるのではないか、とも思えたが著者はわざとこのような書き方をしたという訳ではなさそうである。巻末に書いているように、「そういう日本だったんだからしょうがないじゃ
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
主に江戸期を取り扱っている第一章は文句なく面白いのだが、平安期が中心となる2章・3章には不満が残る。なぜならはそこで述べられている「日本の性文化」が、所詮は貴族社会のものに過ぎないからだ。

例えば著者は、平安期には「会う=性交する」の意味であると言う。そもそもその時代の貴族の女性は家の外へと出ること自体が稀で、「居室に入る=性交に合意する」だったとのことだ。なるほど、平安期の貴族社会ではその通りだったのだろうし、そのこと自体、現代の我々にとっては十分な驚きで、興味をひく内容であることは間違いない。

しかしそこは十分に評価した上で、なお私は、「それはあくまでも当時の日本列島に住む人々の中のごく一部の、貴族社会の中での取り決めであり、文化に過ぎないのではないか。」という疑問を抱かずにはいられない。当時の貴族の女性にとって、自分の顔を見られることは性交すること以上に恥ずかしいことだったとも書かれているが、それもやはり貴族同士の話であって、一般の庶民に当てはまらないことは著者自身も触れている。だとすればその、白昼堂々と顔を晒して活動して、壁で隔てられた居室など持ちようもなかった当時の庶民の男女の性の文化や価値観は、どのようなものだったのだろうか。

本書には限らないが、私は常々、貴族の文化や武士の文化のみが「日本の文化」であり
...続きを読む ›
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 him トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/8
形式: 新書
「真面目そうな父親が死んで、その遺品を整理していたら、大量のポルノが出て来たとか、上品でおとなしそうなお婆さんが死んで、着物が入っていた箪笥を開けると奥から春画が出てきたというような話を聞きますが、それは個人の好色性を物語るものではないでしょう。それは「ケ」の現実世界に生きた人の、ままならない「ハレの行為」に関する願望を示すものでしかないと思われます。」

VHSもインターネットも、ポルノがあったから急速に普及したと言われているように、人間にとって性は欠かせないものである。
人が性についておおやけに語りたがらないのは慎みがあるからで、それもまたタブーの一種だ。
タブーやぶりは快感だが、著者が性について語って快感を覚えているわけではない。
性を「生理的なこと」だから「しょうがない」と淡々と語れるのは、65歳を越えた著者ならではの妙味だろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者らしい古典を中心にした分析解説。読後感想はおもしろいの一言。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告