この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


性のグラデーション―半陰陽児を語る (寺子屋ブックス) 単行本 – 2000/5

5つ星のうち3.2 5個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥898
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

 現在、誕生の段階で手術によって強制的に性を決定されてしまう半陰陽(インターセックス)児の「性の自己決定」を考える。性には男と女だけでなく多様な形態があることを主張し、同時に半陰陽への対応と支援を詳細にガイドする。

内容(「BOOK」データベースより)

自分の性は自分で決める、それがあたりまえだ!男性でも女性でもないインターセックス(半陰陽)の人々は、医療関係者の認識不足のため、誕生の段階で、手術によって男性ないし女性に決められてしまう。それが本人のためだと医療関係者も家族も信じているが、しかし、本人のためには、性意識が確立する思春期まで性の決定を保留にしておかなければならないのだ。男性と女性しか存在しないという偏見を打破し、性には多様な形態があることを常識として定着させるため、著者はみずから率先して自分の性を語る。当事者のみならず、医療関係者・教育関係者にとって必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 青弓社 (2000/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787231758
  • ISBN-13: 978-4787231758
  • 発売日: 2000/05
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 575,548位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.2
評価の数 5
星5つ
40%
星4つ
19%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
41%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2019年8月7日
形式: 単行本Amazonで購入
2013年1月24日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年8月29日
形式: 単行本Amazonで購入
2004年4月3日
形式: 単行本Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年11月8日
形式: 単行本
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告