中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

急性膵炎診療ガイドライン〈2010〉 大型本 – 2009/8

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 大型本: 160ページ
  • 出版社: 金原出版; 第3版 (2009/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4307202686
  • ISBN-13: 978-4307202688
  • 発売日: 2009/08
  • 商品パッケージの寸法: 29.6 x 21 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 479,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
ま、ガイドラインです。それ以上でも、それ以下でもない。
(膵炎治療をする可能性のある)消化器内科医であれば、目を通しておくことは必須です。他科の方が個人的に買って目を通す必要性はないかもしれませんが、いつやってくるかもわからないのが急性膵炎。少なくとも院内に一冊はないと、困るかもしれません。搬送の適応基準もありますので、専門外の方が高次機能病院に搬送要請をするときにも参考にしてください。

前版とは厚労省の診断基準の変更があり、一部変更していますが、大まかな内容は変わりません。ただ、重傷膵炎は死亡率が高い疾患です。現行ガイドラインを参考にしながら治療をしないと、痛くもない腹を探られることも無きにしも非ずということで、防衛的にも読む必要がある本でしょうね…。少なくともこの本をクリックした方に対して、読まない理由、星を下げる理由は思いつきません。

ただ、ほかの重傷疾患のガイドラインと同じく、保険適応の問題、費用の問題で推奨度が下げられている治療内容もあるので、専門医と相談のうえで治療内容は決めてください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
 急性膵炎は2003年の全国調査で約3万5千人だったという。誰でもなり得る身急性膵炎診療ガイドライン〈2010〉近な病気といえる。激しい腹痛がその兆候だが、診療所などで見逃しもある。一般の人にも、十分な知識が必要になる。
 「急性膵炎診療ガイドライン2010[第3版]」は、内外の論文を集大成しており、患者にも役立つ。教科書のような構成で、専門用語が多く、やや難解である。患者向けではないが、急性膵炎になれば、急きょ入手して、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
エビデンスに基づいているような体裁ですが、推奨はエビデンスに完全に基づいている訳ではないので注意が必要です。
例えば、
『選択的消化管除菌(SDD)は重症例の感染性合併症および死亡率を低下させる根拠に乏しい。』

『重症急性膵炎発症早期のCDHFは、多臓器不全への進展を防止する可能性がある。』
はどっちも書いていることは同じですよね。

『SDDは重症例の感染性合併症および死亡率を低下させる可能性がある。』

『重症急性膵炎発症早期のCHDFは、多臓器不全への進展を防止する根拠に乏しい。』
であってもいいわけです。

でも印象はかなり違います。
日本の現状にあわせて推奨を作っているので、このように苦しくなるのでしょう。

ただ、いろんな文献・画像を集めてくれていますし、日本の現状も知ることができるという意味で、膵炎診療に携わる人にとって必読の書であることには異論ありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MacUser VINE メンバー 投稿日 2009/12/25
形式: 大型本 Amazonで購入
膵炎の診療を行う場合に必須と思います。

が、最初から通読するものではないでしょうね。

職場で買ってもらうのが良いでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック