この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

思考する豚 単行本 – 2009/10/26

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 5,942 ¥ 4,000
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

豚は多くの人間から蔑まれている。食肉として人類に大きな貢献をしているのに、人間は豚を「汚く下品で馬鹿だ」と言う。その重要性と評価が、これほどかけ離れている動物は他にいない。もしかしたら、私たちは、豚への評価を誤っているのではないか――。
自然界と生物を先入観なしに見続けたライアル・ワトソンは言う。「動物の中には、単に生来の本能的なやり方で反応するのではなく、ちゃんと互いを理解し合うものがいる」。そして「豚と人間は、どちらも昔から社交的で、遊び好きで、音楽好きで、思いやりがあって、機略縦横で、概して合理的な存在だ」と。2008年、ワトソンは、私たちにこの著作を遺して世を去った。世界中の豚好きの人々に向けて。

ワトソンは、人類学、生物学、地理学、心理学といった視点から、豚の鼻が
なぜあんな形をしているのか、その不思議な鳴き声、耳の形等を考察し、いか
に豚が鋭い洞察力を持った動物であるかを検証する。また豚の「心の理論」
についても迫り、その蔑まれた存在に光をあてた、渾身の大著。

内容(「BOOK」データベースより)

「文化」はヒト固有のものにあらず。「豚文化」へといざなうライアル・ワトソンの調査記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 木楽舎 (2009/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863240171
  • ISBN-13: 978-4863240179
  • 発売日: 2009/10/26
  • 梱包サイズ: 19.4 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 398,094位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

2013年2月2日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年5月23日
形式: 単行本
コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年2月7日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年1月30日
形式: 単行本
コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年6月5日
形式: 単行本
コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年12月13日
形式: 単行本
コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。