通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
思春期ビターチェンジ(5) (ポラリスCOMICS... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

思春期ビターチェンジ(5) (ポラリスCOMICS) コミック – 2016/1/14

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 200
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 思春期ビターチェンジ(5) (ポラリスCOMICS)
  • +
  • 思春期ビターチェンジ(4) (ポラリスCOMICS)
  • +
  • 思春期ビターチェンジ(3) (ポラリスCOMICS)
総額: ¥1,848
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小学4年生のある日、心と身体が入れ替わり、
戻れないまま6年め──高校生になったユウタとユイ。

[男子]として生きる女子と、
[女子]として生きる男子。

お互いを大切に思いつつも、
これまで、互いを異性として意識したことは
なかったふたりだけど……?


登録情報

  • コミック: 166ページ
  • 出版社: ほるぷ出版 (2016/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4593881218
  • ISBN-13: 978-4593881215
  • 発売日: 2016/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 suika トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/19
形式: コミック Amazonで購入
長期戦の入れ替わりストーリー。
このマンガの特徴は、女になった佑太も、男になった結依も、6年の思春期の歳月が経過しても、未だ中身は元の性別を保っている点。
多くの同種作品だと、外見の性別に引きずられる形で中身も変わっていくというのが普通だが、この作品はあくまで変わったのは外見だけという姿勢を貫き、それによる恋の悩みが画かれていく。
ぶっちゃけ外野からみたら、佑太と結依が付き合っちゃうのが一番てっとり早いわけだが、実際にはそういうわけにもいかない。
何と言っても自分なのだし。
それでも佑太は、結依に対して今までとはちがう感情を抱き始めてはいる。
また周囲でも、単に友情という言葉では収まらない、様々な想いが交差しているのを感じだした。
さらには、入れ替わりの秘密を知っているかのような転校生まで現れる。
二人の思春期の迷路には、まだまだ出口が見えない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
佑太とユイの入れ替わりも6年が経過し、本人たちは男女逆転生活にも慣れてそれぞれ友人も出来て学園生活は何とか回ってる。

そんな中でも第三者が自身に向ける(男女逆になった相手への)視線から改めてお互いへの気持ちを意識していく第5巻です。
このまま戻れないとしたらお互いが結ばれるのが最もいい道であると気が付くのは時間の問題。

但し、その時に疑問点も浮かぶことだろう。「入れ替わりなくても結ばれたのか?」という当然に浮かぶ疑問が。
そもそも二人は決して仲が良かったわけでなく、むしろお互いにいけ好かない奴と思っていた。
それが思わぬ入れ替わりで「相互理解」をせざろう得なくなり、お互いの両親も交換することになった。
つまり「入れ替わりの前提あっての結びついた関係」だった。それを運命と呼んでいいのか?

精神的にはもう家族同然の二人。
ユイは佑太の家族のような仲の良い家族を求めており、お互いが前を向いて人生を一緒に歩んでいくにはまだ超えなければいけないハードルはいくつもある。
私は結ばれても二人は元に戻らないと思う。佑太がユイの身体を借りて、二人の子供を産み落とすようなそんな未来があるやも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐天さん! トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/19
形式: コミック
「結衣の姿をした勇太」が、他の男子との関係をいくら「男の友情」と信じようとも、そこは外見が美少女の結衣、女性として自分に告白された事に改めて、自分が結衣の身体であることを嫌というほど痛感する。
つまり、勇太にとって、自分に向けられる男子の好意は全て異性に向けるそれだとようやく理解し、その自分(結衣)ジェラシーを感じる自分に気付く。
いつもの報告の時に、(勇太の姿の)結衣に思わず抱きついてしまう。
勇太は、本来の姿に戻って結衣を守りたいのだと思う。そして、何とも思っていなかった「ハズ」の結衣への淡い気持ちに気付く……
うん・・・ 本当にこのふたりが結ばれるべきだと思います・・・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
高校生になり、周りの関係も少しずつ変わっていく。2人の関係にも変化があって本当に面白かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック