¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
思い通りの人生に変わる 女子のための仕事術―――会... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

思い通りの人生に変わる 女子のための仕事術―――会社では教えてくれない女性のためのビジネス作法とルール36 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/16

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/1/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 151

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 思い通りの人生に変わる 女子のための仕事術―――会社では教えてくれない女性のためのビジネス作法とルール36
  • +
  • 私たちが仕事をやめてはいけない57の理由
  • +
  • 自分らしいキャリアも幸せも手に入れる! 「働くママ」の仕事術
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「いい加減な仕事をするのはイヤだけど、働きすぎてボロボロになるのはもっとイヤ」
「いまの仕事を続けたほうがいい? それとも、ステップアップのために転職するべき?」
「子どもがほしいけど、キャリアの中断が不安。いつ産んだらいいのかな」
「夫に家事や育児を気持ちよく分担してもらうにはどうすればいいの?」
仕事も大切だけれど、プライベートも大切にしたい、という女性は多けれど、なかなかうまくいかないのが現実。働く女子の悩みは深いのです。

転職、結婚、出産…。男性よりも、人生のハードルが多い女性が、オフィシャルもプライベートも幸せになるためには、ちょっとした発想の転換や、男性と女性の考え方の違いを学ぶことも必要です。

力まず、がんばりすぎず、それでいて、タフにしなやかに。思い通りの「ワーク・ライフ・デザイン」を描くためにちょっとだけ視点を変えてみては。
人材コンサルタントとして、働く女性の悩みに答え続けてきた著者からの、働き方・生き方のアドバイス。

内容(「BOOK」データベースより)

「私主語」を封印したビジネストークに変えれば、意見が通る。肯定メッセージを発信して、仕事のモチベーションが上がる。花を持たせ、実をとろう!仕事のできる女性が実践している秘訣があった!仕事もプライベートもうまくいく!ハッピーを叶えるヒント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478066582
  • ISBN-13: 978-4478066584
  • 発売日: 2016/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 408,417位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

男性社会と評される企業組織の中で、家事・子育てと仕事の両立に悩みをもつ女性社員必読の一冊。
そういう女性社員の悩みに、筆者が明快かつ具体的に応える形式で展開されています。
「涙がポロリ・・・ その後が大事です」、「育児は壮大なプロジェクト、ひとりで抱え込まない」
といった女性社員特有のお悩みに関する解説あり。
「『これでいい』ではなく、『これがいい』」、「上司と部下の“いい通訳”をめざそう」
など男性社員にとっても、「そうだよな」、「これ忘れてたな」と思わずうなずく言葉あり。
「仕事」ではなく「志事」と記す著者の熱い想いにも触れ、思わず自分を仕事への取り組み姿勢を
振り返った次第です。
気難しい?女性社員を部下、同僚にもつ男性社員の指南書としても価値ある一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告