この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

思いがけない話 (ちくま文学の森) 単行本 – 1988/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

《収録作品》 夜までは…室生犀星/改心…O・ヘンリー/くびかざり…モーパッサン 嫉妬…F・ブウテ/外套…ゴーゴリ/煙草の害について…チェーホフ バケツと綱…T・F・ポイス/エスコリエ夫人の異常な冒険…P・ルイス 蛇含草…桂三木助演/あけたままの窓…サキ/魔術…芥川竜之介 押絵と旅する男…江戸川乱歩/アムステルダムの水夫…アポリネール 人間と蛇…ビアス/親切な恋人…A・アレー 頭蓋骨に描かれた絵…ボンテンペルリ/仇討三態…菊池寛 湖畔…久生十蘭/砂男…ホフマン/雪たたき…幸田露伴 《この一文》 “それから長いあいだというもの、きわめて愉快な時にさえも、あの「かまわないで下さい! 何だってそう人を馬鹿にするんです?」と、胸に滲み入るような音をあげた、額の禿げあがった、ちんちくりんな官吏の姿が思い出されてならなかった。しかもその胸に滲み入るような言葉の中から、「わたしだって君の同胞なんだよ。」という別な言葉が響いてきた。で、哀れなこの若者は思わず顔をおおった。その後ながい生涯のあいだにも幾度となく、人間の内心にはいかに多くの薄情なものがあり、洗練された教養ある如才なさの中に、しかも、ああ! 世間で上品な清廉の士とみなされているような人間の内部にすら、いかに多くの凶悪な野生が潜んでいるかを見て、彼は戦慄を禁じ得なかったものである。   ――「外套」(ゴーゴリ)より ” 「思いがけない話」というだけあって、ここに収められた短篇は、いずれも思いがけず口をあんぐり開けてしまうような、意外な面白い作品ばかりです。


登録情報

  • 単行本: 468ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1988/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480101063
  • ISBN-13: 978-4480101068
  • 発売日: 1988/03
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 818,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。森毅