通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
怖い俳句 (幻冬舎新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事 前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。お客様のご都合による返品の場合は送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怖い俳句 (幻冬舎新書) 新書 – 2012/7/28

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 83

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 怖い俳句 (幻冬舎新書)
  • +
  • 元気が出る俳句 (幻冬舎新書)
  • +
  • 覚えておきたい極めつけの名句1000 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

短いから、よけい怖い。 恐怖俳句――芭蕉から現代まで、その名作と鑑賞。

世界最短の詩文学・俳句は同時に世界最恐の文芸形式でもあります。日常を侵犯・異化するなにか、未知なるものとの遭遇、人間性そのもの……作品の中心にある怖さはそれぞれですが、どれも短いがゆえに言葉が心の深く暗い部分にまで響きます。一句二句、暗唱して秘められた世界に浸ってみてください。不思議なことに、そこはかとない恐怖がやがてある種の感動へと変わるはずです。数々のホラー小説を手がけ同時に俳人でもある著者が、芭蕉から現代までたどった傑作を巧に解説する。
・幽霊が 写って通る ステンレス 池田澄子
・鶏しめる男に雪が殺到す 橋本多佳子
・芋虫の 一夜の育ち 恐ろしき 高野素十
・水を、水を 水の中より手がそよぎ 坂戸淳夫

内容(「BOOK」データベースより)

世界最短の詩文学・俳句は同時に世界最恐の文芸形式でもあります。日常を侵犯・異化するなにか、未知なるものとの遭遇、人間性そのもの…作品の中心にある怖さはそれぞれですが、どれも短いがゆえに言葉が心の深く暗い部分にまで響きます。一句二句、暗唱して秘められた世界に浸ってみてください。不思議なことに、そこはかとない恐怖がやがてある種の感動へと変わるはずです。数々のホラー小説を手がけ、また俳人でもある著者が、芭蕉から現代までたどった傑作アンソロジー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 247ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434498269X
  • ISBN-13: 978-4344982697
  • 発売日: 2012/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 223,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 『怖い俳句』という書名だけで「けっ!」と思う人もいるかも知れないが、本書は決してエキセントリックなキワモノではない。ここに集められた俳句は実際ある種の俳句であるが、「ですます」調で専門用語を極力用いず平明に語る著者の語り口は、いたずらに怖がらせるためのバイアスの決してかかっていない、個々の俳句が持っている本来の味わいを引き出す深い確かな読みである。踏み込んだ記事では、技術的な効果や音読したときの効果までもが、分かりやすい言葉で記されている。
 そして芭蕉から種田スガルまで、紹介される俳句のワイドレンジなこと。
「芭蕉から子規まで」8人。
「虚子からホトトギス系、人間探求派まで」12人。
「戦前新興俳句系」17人。
「実存観念系とその周辺(伝統俳句、文人俳句を含む)」26人。
「戦後前衛俳句系」14人。
「女流俳句」22人。
「自由律と現代川柳」13人。
「昭和生まれの俳人(戦前)」41人。
「昭和生まれの俳人(戦後)」48人。
まったくよくぞ、これらの幅広い著作から「怖い俳句」を拾い出したものである。ぜんぜん知らない俳人も多々だが、私にも分かる範囲では時代背景や俳人紹介も簡潔にして適切である。それぞれの俳人について記事は興により伸び縮みするらしく、半ページのものもあれば、阿部青鞋など5ページにも及んでいる。
 このアンソロジーから俳句に入る人はきっと幸せである。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
怖い、というよりは幻想文学に近いイメージ。
私にはまったく怖くなかったし、感覚が合わなくて何回も解説でつまづいてしまいました。
納得いかない解説もあり、怖くない俳句を無理やり怖がっている風に感じる部分もあり、解説を読むのが苦痛でした。

たとえば「人殺ろす我かも知れず飛ぶ蛍」。
なんらかの事件があって殺意を持った醜い自分。それを知らずに近くを穢れの無い蛍が舞っている。
動物や子どもに好かれると、自分の良い部分が肯定されるような気分になりますが、この「我」もそうだったのではないでしょうか。
魂が殺意に染まりきれなかった「我」は正気に戻り、殺意を喪失したのではないでしょうか。
そんな風に解釈してしまい、怖くないどころか美しさを私は感じたのですが、「殺ろす」のろが異物の恐ろしさを表現しており、妖しい光を放っている俳句である、と解説では書いてあります。
私はド素人なので解説の方が正しいのでしょうが、解説に素直に頷けなくて……
そういう感覚のズレが何回もあったので、だんだん飽きてしまいました。

ただ知らなかった俳句を知ることができましたし、俳人の人生も少しわかるので、そういう部分では読んでよかったと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suihou トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/13
形式: 新書 Amazonで購入
怖い俳句、というのはどんなのか。
俳句は詠みませんが、読むのは好きなので、期待して。

帯には「短いから、よけい怖い」とあります。前書きでは著者自身、もっとも字数の少ない文芸である俳句は、怖さの謎解きができないので、「説明が付与されない不安」がつのり「宙ぶらりん」の怖さにおいて、俳句の右に出る形式はない、と書いています。

しかし、ページをめくっても、特に背筋が凍るほど「怖い」世界には出会えない気がします。著者は句作のほか、ミステリ、幻想文学、特にホラー文学の研究者でもあるので、「怖い」俳句には目利きであるはずです。もちろんどれも名句ではあるのですが、
「大枯野すてられし箱うごき出す   藤岡筑邨」「貌が棲む芒の中の捨て鏡  中村苑子」
「首をもちあげると生きていた女 時実新子」「いつまでも骨のうごいている椿 飯島晴子」「幽霊が写って通るステンレス 池田澄子」

たしかにこれらは、文字面も、また浮かぶ映像も、「怖い」ようです。しかし、俳句という箱の中に切り取られたとき、これらはギャグに近い後味を同時に残してゆきます。言っていることは怖いのに、こう言い切られると、ノンセンス、おかしみにつながってゆくのはなぜか。特に二句目は、著者推奨の怖い俳句ですが、能楽などで見たような既視感があり、つまり舞台
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本で語られる怖さとは、幽霊や怨霊などのことでもなく、サイコホラーめいた刺激の強いものでもありません。
あくまで俳人の作品世界に入り込み、そこに潜む孤独、懊悩の深さを腑分けする趣向になっています。
俳句初心者にとっては、俳界の歴史を概観する構成になっているので、入門書としてもいいと思います。
お気に入りの一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック