通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
怒れ! 憤れ! がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 若草七福堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少のキズ、ヨレはありますが、書き込みもなく状態は良好です。良好な状態の帯が付属します。ご注文をいただいてから48時間以内に防水封筒に入れ、発送いたします。万が一、品質不備があった場合は、確認が取れ次第ご返金いたします。何かございましたら「出品者に連絡する」から、ご連絡をお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怒れ! 憤れ! ペーパーバック – 2011/12/8

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2011/12/8
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 296

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 怒れ! 憤れ!
  • +
  • 若者よ怒れ! これがきみたちの希望の道だ―フランス発 90歳と94歳のレジスタンス闘士からのメッセージ―
  • +
  • Indignez-Vous!
総額: ¥2,510
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「ウォール街を占拠せよ」デモに代表される欧米の怒れる人々に火をつけたといわれているフランスで200万部を超えるベストセラー。
「若者よ、無関心はいけない。怒りを持って行動せよ」と呼びかけたパンフレット。

著者は90歳を超えた元レジスタント活動家のステファン・エセル。世界で不正義が横行しているなか、無関心でいる人々に対して、ナチに
逮捕されて処刑される寸前に脱出した自らの若き日々を振り返りつつ、「世の不正義に目をつぶるな。行動を起こせ!」と訴えた32ページのシンプルな内容。

フランス国内で2010年秋に出版されると、若い人へのクリスマスプレゼントしてベストセラーになった。
ドイツ、イタリア、スペインなど債務問題で揺れる国々へ波及し、欧州全域で300万部を超えた。

「戦後、フランスは社会保障制度や年金制度を創設し、特権者を排除した民主主義の理念を掲げたが、いまや社会保障制度はぐらつき、利益追求が
横行し、報道の自由や教育の機会均等が脅かされている。

レジスタンスの動機は怒り。自由が回復した戦後になっても、フランスが植民地アルジェリアの民族独立を封じ込めようとしたアルジェリア戦争、社会主義を
掲げながら自国や東欧を抑圧したスターリンの独裁政治など、怒りの種は尽きなかった。

いまの世界は相互依存が強く、わかりにくくなっているが、それでも容認できないことはたくさん存在する。貧富の格差拡大、人権、地球環境など、世の矛盾や
不正義は周囲を見回せばいいっぱいある。だから、若者よ、怒れ!憤れ!」

エセルさん本人は、いまもパレスチナ問題の不正義に怒り、非暴力での解決のため奔走している。

内容(「BOOK」データベースより)

若者よ、無関心はいけない。怒りを持って行動せよ。欧米の怒れる人々に火をつけたといわれている活動家の回想記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 112ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2011/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822248763
  • ISBN-13: 978-4822248765
  • 発売日: 2011/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 264,065位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

私はこのパンフレットを読まない、いや買わない。なぜ840円なんだ。
日経BP社にビジネスのネタにされているではないか。
翻訳されただけで『書籍』の正装着せられて。
14ページ・3ユーロのパンフレットがなぜ112ページ・840円なんだ。
著者は怒れ!憤!と言うだろう。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
内容に関する感想ではありません。
本の作りのひどさに愕然としました。
新聞紙面を虫眼鏡で拡大した以上の大きな文字をならべ、ページ数を稼いで800円超。
買うのではなかったと思いました。
本来の著者の思いは、安価で、なるべく多くの人々に意見を伝えることでしょう。
出版社はその思いを踏みにじっていると思います。

装丁は素晴らしいの一言ですが、中身がひどすぎます。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
内容の評価ではありません。 ページいっぱいに大きな字で印刷されていて、数行読むと目がチカチカして読みすすむことができませんでした。ページ数を増やして単価を上げるための力技だと思いました。買おうとなさっている方は、普通に印刷されたものが出るのを待った方がいいと思います。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/7/20
Amazonで購入
 1917年生まれ、筋金入りのフランス・レジスタンスの闘士にして国連人権宣言起草者の一人、ステファン・エセルさんの檄文パンフレットです。
 多くの方が指摘されている通り、本の作り的に難があるというのは否定しがたいですが、内容は一読に値する名文でありますので、星は5つ付けさせていただきます。

 歴史上政治パンフレットといえばアメリカ南北戦争で大いに士気を鼓舞したトマス・ペインの『コモン・センス』や、フィヒテの『ドイツ国民に告ぐ』、マルクス・エンゲルスの『共産党宣言』などがよく知られていますが、本パンフレットは弱者への熱い人間愛と搾取する強者たちへの激しい怒りに満ちた品格ある素晴らしい文章です。

 エセルさんはフランスにおける文系の最高学府「エコール・ド・ノルマル」に在籍したエリート―所謂<ノルマリアン。でありながら、サルトルの思想的影響を受け、第二次世界大戦時、ドイツの占領下におかれた祖国フランスを取り戻すためド・ゴールの革命政府に忠誠を誓い、レジスタンスとして活動に長年身を投じて来られた真金の<闘う知識人>であられます。
 本当にまるで映画のような逸話をお持ちの方で、活動の中で投獄され、水責めなどの過酷な拷問に耐え、絞首刑直前に病気で亡くなった仲間の死体と入れ替わって脱獄、その後再び逮捕されるも不屈の意志と行動力で脱獄
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 21世紀に入って、人生のさいごもそう遠くないという93歳の著者ステファン・エセル(Stephane Hessel, 1917-)が、若者の世代に「遺言」のように書き記したのが本書である。

 本書には、著者よりひとまわり(12歳)年長の哲学者サルトルが登場する。が、本書は哲学的な思索や議論の書ではない。本書はなによりも行動の書であり、行動への呼びかけである。 

 本書の発端は、レジスタンス運動60周年を記念する共同声明とその後の著者の発言にある。エセルは自分の青春をふり返りながら、ナチス・ドイツに対するレジスタンス運動の根底にあったモチーフ(動機)は憤りだといい、若い世代の一人ひとりに「憤りの動機」をもつように呼びかける。「わたしがナチズムに憤ったように、何かについて憤るひとは戦闘的になり、強くなり、アンガジェ(engage, 参加)するのだ」。そして無関心であるのがいちばんいけない態度である、と。

 しかし、ナチズムにたいして著者がいきどおり戦闘的になったというとき、それは必ずしも武器をとって戦ったことを意味しない。ナチズムに対してさえ、エセルの抵抗は「フランス解放」のための情報の収集と発信という「平和的な蜂起」を意味したのである。

 レジスタンス運動に加わったエセルの戦後の活動は、一転して若
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ステファン・エセルさんのコラム?を書籍化したもの。
翻訳は村井章子さん。

世界人権宣言の起草に関わった著者の平和への思いが伝わる。
そして怒りを持ち変革へ向けて戦うこと。抵抗することの大切さを訴える。

弱者によりそった本物の抵抗者として歴史に名を刻むだろう。
また本文では触れられていないけれども、解説にある著者のナチスドイツの
監獄での脱走に関してはまるで映画さながらであると思う。

亡くなった人と咄嗟に入れ替わり死刑を免れるとか・・・凄いとしか言い様がない。

本の編集に関しては否定的に思われても仕方ない。
文字が大きいのは良いけれども、紙の色との関係でかえって見にくい。
これでは紙の本としてのメリット(目にやさしい)を生かしてない。

新聞一面分ほどの分量のコラムを書籍化しているだけなので
値段と釣り合いがとれてないと感じる人も多いだろう。

いったい何の本だろう?と書店で手を取って貰える可能性を増やしたという意味では
成功なのだろうけど・・・読者にとっては迷惑だろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー