怒り Blu-ray 豪華版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,344
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

怒り Blu-ray 豪華版

5つ星のうち 3.8 40件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,672 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,672 (23%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 5,672より 中古品の出品:8¥ 5,276より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 怒り Blu-ray 豪華版
  • +
  • 四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)
総額: ¥11,262
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡辺謙, 森山未來, 松山ケンイチ, 綾野剛, 広瀬すず
  • 監督: 李 相日
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2017/04/12
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 40件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01MR783RF
  • JAN: 4988104106520
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,484位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界を席巻した『悪人』タッグのもとに、超豪華俳優陣が集結!
日本アカデミー賞11部門受賞! !
日本映画史に新たに刻まれた、傑作ヒューマンミステリーが待望のパッケージ化!
主演・渡辺謙がビジュアルコメンタリーに“初"参加するなど特典映像も豪華な内容に!



■本編ディスク(Blu-ray)
本編142分/2層(BD50G)/1080p High Definition/16:9 シネスコサイズ/音声:1日本語5.1ch DTS-HD Master Audio2日本語2.0ch DTS-HD Master Audio/字幕:日本語字幕

■特典ディスク1(Blu-ray)
118分/2層(BD50G)/16:9ワイドスクリーン/音声:日本語2.0ch DTS-HD Master Audio
<収録内容>
★ドキュメント怒り 東京・沖縄・千葉それぞれの夏
アウトテイク&メイキング映像で構成されたスペシャルメイキング映像
★特番「映画『怒り』公開記念 犯人は誰だ! 豪華キャストが語る未解決事件スペシャル」
★イベント映像集
映画祭登壇時や映画公開時に行われたイベント映像集

■特典ディスク2(Blu-ray)
143分/2層(BD50G)/16:9ワイドスクリーン/音声:日本語2.0ch DTS-HD Master Audio
<収録内容>
本編ビジュアルコメンタリー
収録メンバー:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、李相日監督

封入物
ブックレット(全40P)
未公開スチールや、スタッフインタビューを収録した特製ブックレット


<キャスト>
渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 宮﨑あおい 妻夫木聡
監督・脚本:李相日
原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)
音楽:坂本龍一
主題曲:「許し」坂本龍一 feat. 2CELLOS

©2016 映画「怒り」製作委員会
発売・販売元:東宝

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『悪人』の李相日監督が吉田修一の原作を映画化。ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。そして事件から1年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。特典ディスク2枚付き。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
ある殺人事件を軸に、素性のわからない3人の男を描いた話。

別々の場所で過ごす3人の男を切り替えながら描く群像劇だが、
撮り方が非常にうまく、並行して進む話を混乱せずに観ることができる。
捜査中の殺人事件がこの3人にどう絡んでくるのかがキモで、
決着するギリギリまで緊張感が続く。
2時間20分を超える長さなのに少しも退屈しなかった。

本作のキャスティングは完璧としか言いようがなく、
すべての登場人物が見事なハマり役。
これまでのイメージを一新するような演技もあり、
彼らが演じて本当によかったと思える。

壮絶な殺人現場のインパクトに頼っただけの作品かと思いきや、
事件以外の場面の方に見どころが多い傑作。オススメ。
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
俳優一人ひとりの演技力もさることながら、長時間でも飽きさせない作りのうまさ、人間の心理の難しさ、非常に見応えのある作品だった。
ここ数年の邦画(サスペンス)の中でも傑作かと。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジェダイ 投稿日 2017/5/1
形式: Blu-ray
なかなか面白いミステリーでした。
3つの場所で物語が展開されていき、
最終的にどのような形で結ばれるのか、
ワクワクドキドキの2時間でした。
真相は自分が予想していたものとは違いましたが、
とても良い作品だったと思います。
それにしても彼は一体、何に怒っていたのだろうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤマンバ 投稿日 2017/4/19
形式: Blu-ray
鑑賞という感じは、芸術性の高いものを見るということ。最近多い娯楽映画とは一線を画し、まさに映画鑑賞をしたと思う作品。

とてつもなく重く苦しい内容になっており、この結末は嫌だなと感じる方もいると思います。ただ、圧倒的な余韻とそこまでに到達させるまでの没入感があるので、内容の割に見易く、飽きさせません。
また、複数の目線で動かしているため役に感情移入するのではなく、客観的に感情移入するという新鮮さもありました。
そして何よりも、役者が凄い。正直、何だかよくわからないPVの段階で心を震わさせられた方も多いのではないでしょうか?それに内容が加わることで、とてもものすごい作品になっています。

2016年は優れた邦画が多く、とても楽しい1年でした。最後に、映画とは相対的に評価するものではなく、どっちが優れているという評論は間違っている気がします。アカデミー賞を取っていなくてもアニー賞を取っていなくても、カンヌに選ばれていなくても面白い作品は沢山あります。娯楽映画も、そうでない作品もそれぞれの良さがあります。映画を観ましょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
原作を読まずに映画をみていたら、すべてを理解できたのだろうか、というぐらいに濃い内容。
役者が超一流をそろえているだけあって、すべての場面がみどころ。
他人に信頼されるためには、それ相応のバックグラウンドが必要なことが見事に描かれている。
そして、一つの犯罪(殺人事件)の裏には、全く関係ないところで、人間関係の崩壊が起こっている可能性を示唆している。
名作。
渡部健と池脇千鶴のやり取りの部分が泣ける。
あと、マツケンが出ていってしまった後のあおいつんと。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
これだけ原作に忠実な作品はなかなかありません。原作に感動したそのままの感動で最後は泣きっぱなしでした。出演者全てはまり役で特に宮崎あおいと妻夫木聡が素晴らしい。
この年の日本アカデミー賞作品賞、監督賞が『シン・ゴジラ』。日本アカデミー賞も終わりです。この『怒り』こそ受賞すべきだと改めて思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
暴力、強姦、猟奇殺人、変態性欲者、風俗嬢、孤児院、親子問題、沖縄基地・・・、そして監督は在日韓国人。
「意識髙い系」のユーザーが好みそうな要素を入れれば入れるほど受けるだろうという安直な思惑が透けて見えて、かえって興ざめ。
映画館でも観たが、帰りがけに年配の婦人が連れに「嫌な映画を観ちゃったわね」と言っていたのが印象的だった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ともすれば3つのオムニバスドラマのザッピングになってしまう危険性があったが、3つのロケーションを上手く調和させている。
しかも奇をてらった編集ではなく、割とオーソドックに台詞をこぼしたりして繋いでいるのに、映画が途切れない。これには舌を巻くばかり。
色々と要因はあると思うが、キャストが大物揃いで混同しようがないのと、沖縄の抜ける様な青空のロケーションがアクセントになっていたりと、他にも坂本龍一のBGM等、これぞ映画という才能のコラボレーションの賜物でしょう。
映画の内容としては、やはり観ていてしんどいシーンはある。特に沖縄のシーンでは痛々しい場面もあり、その対比としてのオーシャンビューが今の沖縄の置かれている立場とリンクしている(もちろん、そこは映画の主題ではないかもしれないが)。
私は特に沖縄のシーンを気にいって観ていた。その理由についてはネタバレになるので書かないが、観ればわかるだろう。
あと、主演は渡辺謙となっているが、実際にはパッケージに映っている7人の物語で、特に渡辺謙が演じているキャラが軸になっている訳ではない。そこは単純に役者のランクでそう表記されているだけである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画