通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
怒り(上) (中公文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

怒り(上) (中公文庫) 文庫 – 2016/1/21

5つ星のうち 3.9 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 90
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 371 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 怒り(上) (中公文庫)
  • +
  • 怒り(下) (中公文庫)
  • +
  • 何者 (新潮文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

信じることの難しさ

吉田修一の『怒り』が新刊として発売されたのは2年余り前だが、この秋、映画化によってあらためて注目されている。これを機に新しく巻かれた文庫本のカバーには、渡辺謙ら出演俳優の顔写真が組まれ、華やかだ。

八王子の郊外に暮らす若い夫婦が自宅で惨殺され、目撃情報から精緻なモンタージュ写真が作られる。犯人は山神一也、27歳。すぐに全国に指名手配されるも手がかりがないまま1年が過ぎた夏、房総の港町で働く親子、東京の大企業に勤めるゲイの青年、沖縄の離島で母と暮らす少女の前に、身元不詳の男が現れる。当初は訝られながらも、男はほどなく受けいれられていくのだが、警察が整形手術後の山神の写真をテレビ番組で公表したあたりから状況は慌ただしくなる。この男は殺人犯ではないかとの疑念が3者それぞれに湧きあがり、彼らの日常が震えだす──どの男が犯人かわからないまま絶妙な場面転換に従って各地の人間関係の変容を読み進めるうち、気づけば登場人物たちと同じく、私もまた信じることの意味について自問自答していた。

相手を信じきれるかどうかは、突きつめれば、そう信じている自分を信じられるかという問いになる。自分の身を賭すぐらいでなければ、信じきることなどできないのではないか。だから、それとは違う立場の他者や社会に対しては怒りがこみあげる。自分を信じていなければ、本物の怒りも湧いてこない。怒りとは、つまり、自分を信じている証しなのかもしれない。

信じることの難しさと、尊さ。この小説が突きつける問いは禍々しく、ヒリヒリするぐらい切ない。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

整形した殺人犯・山神はどこに? 房総の港町で暮らす愛子、東京で広告の仕事をする優馬、沖縄の離島へ引越した泉の前に、それぞれ前歴不詳の男が現れる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 310ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2016/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122062136
  • ISBN-13: 978-4122062139
  • 発売日: 2016/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,025位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
小さな綻びから偶然が積み重って、とりかえしのつかない裏切りや誤解につながる日常の悲劇。(以下ネタばれあり)殺人犯が顔の整形をして偽名を使いながら全国を点々とし、沖縄の無人島に潜伏…という、明らかに数年前千葉県で起きた英国人女性英語教師殺害事件を連想させるストーリを幹としているが、一見それと間違うような枝葉がずぶずぶとこの幹から生えている。千葉の漁港で、出戻り娘の婿に落ち着いた寡黙な田代哲也。平凡な中流家庭に育ち、一般企業に勤める同性愛者のもとに転がり込んだ大西直人。沖縄の無人島暮らしから民宿の手伝いをするようになった田中信吾。彼らは同一人物なのか。そうでなければ、いったい誰が八王子郊外で共働き夫婦を惨殺した犯人、山神一也なのか。

テレビニュースで容疑者に関するあらたな情報が流れるたびに、日本のあちこちでさまざまな名前を名乗る素性の知れない若い男の正体をめぐって小さな波紋が広がる。日本には、捜索願が受理された家出人だけでも8万人以上いるという。彼らも生きていれば、何らかの仕事をするなり、誰かの世話になるなりしているはずだ。最近自分の前に姿を現したあの男は何者なのか。なぜ彼は昔の話をしないのか。誰とも連絡をとろうとしないのか。普通に考えれば、過去や他人に無頓着な人間はいくらでもいるが、逃走中の殺人犯との類似点に気が付いてしまったとき、その男への疑念がどんどん深まっ
...続きを読む ›
コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
至極上質のミステリーであり、人間ドラマである。八王子で起きた夫婦惨殺事件。犯人山神一也は逃走。そして一年後、日本の3つの場所で出所不明の
3人の若い男が現れる。千葉の漁港に来た田代は、薄幸の娘愛子と恋仲になりやがて同棲を始めようとする。東京ではゲイの優馬の前に現れた直
人。優馬はその優しさに惹かれて同棲が始まる。そして沖縄。東京から来た泉という娘と地元の高校生辰哉のカップルの前にはバックパッカーの田中が
現れる。読者にはこの3人の出所不明の若い男たちが皆山神に思えてならないはずだ。いろいろな小さい仕掛けで、作者はそのように読者を誘
い込む。3つのストーリー、同性愛を含めてすべて不器用な愛がそのベースとなる、物語の展開に引き込まれながら、誰が一体山神なのかという謎解き
が残る。後半になると、まず愛子と優馬がそれぞれのパートナーが殺人犯ではないか、いやそうあってほしくないという葛藤でもがき苦しむように
なる。どこまで自分の愛した人間を信じることが出来るのか、まるでイエスを裏切るユダや、イエスを知らぬと言い張った他の使徒のように、愛した
人間を一旦捨ててしまうような行為に出る。一つの殺人事件を導火線にして、3つの愛憎が煮えたぎる。実にうまい構成であり、展開だ。それぞれの
人間劇が素晴らしく、一
...続きを読む ›
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
吉田修一氏の「悪人」は娯楽性と明確かつ深遠なメッセージを兼ね備えた近年では最高レベルの小説であった一方、その後手に取った「パレード」は雰囲気だけで中身やメッセージが有りそうでない駄作であると感じた。
この著者の実力を測りかねているところで、映画化もあり話題になっているこの本を手に取ってみた。

出だしは、それぞれに相関関係の無い幾つかの物語が目まぐるしく並行して進み、また、相変わらず同性愛ネタも織り込まれ(ちなみにこの著者、異性間の性愛の描写は淡白で、寧ろ同性愛の描写の方に力が入っていると感じる。作者自身も同性愛の趣向が有るのであろうか)、それぞれの人物造形も今一つきめ細かさに欠け、中々入り込めなかった。

しかし、読み進め、大凡描かれているそれぞれの状況を把握出来たところで、次第に著者の伝えたい事が自然に入って来る様になり、下巻に入る頃には引き込まれ、一気に読了した。

「自分はいったい何に目をつぶろうとしていたのだろうか。目をつぶろうとしていたのはこの事件ではなく、自分や愛子の、期待できそうにない人生に対してだったのではないだろうか」。

人を(時には自分自身や身内ですら)信じる事の難しさ、相手を信じたいと言う願いに反し疑いが生じる時の苦しさ、愛する者への疑いが無実であった時の取り返しよう
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
既に映画化され、タイトルを耳にした方も少なくないだろう。筆者自身は、映画は見ておらず事前情報ゼロの状態で読んだ。八王子で殺人事件を起こした男が逃亡する中、東京、千葉、沖縄で現れた素性が定かでない3人の男と、それぞれに関わった人々が並行して描かれている。この3人の男の誰かが逃亡中の犯人と思われるが、読者も登場人物も明らかにされないまま3つの物語が進んでいく。

本作品は、犯人はどの男なのかというWho had done itのミステリの要素が大きい。しかしそれ以上に、素性を明かさず、また隠して一か所にとどまることなく生きざるを得ない男と、受け皿となる人々が抱く不安や羨望、素性を疑う心が丁寧に描かれる。それぞれの地にとどまっている人々は漂流者に比べて安定しているわけではなく、限られた空間の中で揺れ動いている。どちらも微妙な均衡の中で共存しているため、その関係はちょっとしたきっかけで簡単に崩れてしまう。本書はその共同体にとっての異物と定住者との微妙な均衡が印象に残った。

映像化されるような作品は概しておもしろい。ストーリーは明るいものではないが、つまらなくて途中でやめるようなことはないので、とりあえずハズレを引きたくないのであれば本書は第一候補となるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー