通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】★品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。ページ側面に傷みがあります。ページ側面に少し汚れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) 新書 – 2016/10/19

5つ星のうち 3.9 76件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 446
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
  • +
  • マンガ 日本の歴史〈22〉王法・仏法の破滅―応仁の乱 (中公文庫)
総額: ¥1,538
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

成功例の少ない「応仁の乱」で18万部。日本史研究に新たなスター誕生か

日本史上の大トピックとされていながらも、全体像を捉え難い「応仁の乱」。そんな題材を、既成史観の図式に頼ることなく、絶妙なバランス感覚で丁寧に整理した新書がヒットしている。NHK大河ドラマの歴代最低視聴率記録を長年保持していた『花の乱』(1994年)を始め、「応仁の乱」を扱ったものに成功例は少ないので、異例の現象だ。

「『応仁の乱』をテーマに選んだのは著者ご本人です。地味かもしれませんが名前を知らない日本人はおらず、そういう意味では歩留まりがよい。大ヒットはしないまでも絶対に失敗はしないテーマという認識でした。中公新書は『歴史ものに強い』というアドバンテージもありますし後は“著者力"で突破だ、と」(担当編集者の並木光晴さん)

古くは網野善彦さん、近年では磯田道史さんなど、日本史研究者には、時に、学識の確かさと読み物としての面白さを両立させるスター学者が登場する。36歳とまだ若い本書の著者は、次代の有望株だ。

「扱う題材の全体像をはっきりと理解し、その上で、読者に伝える情報を取捨選択できる。30代半ばでのこの筆力には、とても驚かされました」(並木さん)

中公新書の主な読者層は50代以上。しかし本書の売れ行きの初速はネットなどと親和性がある30代・40代が支え、そこから高年齢層に支持が広がった。これは、新たなスター誕生の瞬間かもしれない。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.3.2号掲載)

だらだらと続く大乱

小学校の教科書で紹介されていることもあってか、「応仁の乱」の知名度は高い。しかし、それがどのような戦乱だったのかと問われると、多くの日本人が口ごもる。室町後期に京都でおきた……戦国時代のきっかけとなった……諸大名入り乱れての……。

呉座勇一『応仁の乱』は、ほとんどの日本人が実態を知らないこの大乱を、最新の研究成果をふまえながら実証的に検証してみせる。さらには、同時代に生きた興福寺の2人の高僧(経覚と尋尊)が遺した日記を通じて、戦乱に巻きこまれた人々の生態を描いている。それらの合間に、気鋭の中世史学者ならではの自説も展開する。いたって学術的な内容なのだが、構成の巧さと呉座の筆力によって最後まで読ませる。

しかし、全体としては、やはりよくわからない。それは決して呉座の責任ではなく、この戦乱が結果的に大乱になってしまっただけで、発端の当事者(細川勝元と山名宗全)たちも、短期に決着するとふんでいたからだ。それがいつしか、両氏が多数の大名を引きこんだために、諸大名の目的が錯綜して、将軍も大将もコントロールできなくなっていき、京都だけでなく各地で戦闘がくり返され、だらだらと終結まで11年もかかってしまったのだ。しかも、戦後処理まで判然としないのだから、応仁の乱はよくわからない。

大義名分に乏しいだらだらと続いた応仁の乱は、第1次世界大戦に類似していると呉座は説く。結果的に諸国に新たなパワーバランスを生みだすことになる、地味な大乱。ひょっとしたら今、私たちもそんな混沌の時代を生きているのかもしれない。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。
気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。

【目次】
はじめに
第一章 畿内の火薬庫、大和
1 興福寺と大和 / 2 動乱の大和 / 3 経覚の栄光と没落
第二章 応仁の乱への道
1 戦う経覚 / 2 畠山氏の分裂 / 3 諸大名の合従連衡
第三章 大乱勃発
1 クーデターの応酬 / 2 短期決戦戦略の破綻 / 3 戦法の変化
第四章 応仁の乱と興福寺
1 寺務経覚の献身 / 2 越前の状況 / 3 経覚と尋尊 / 4 乱中の遊芸
第五章 衆徒・国民の苦闘
1 中世都市奈良 / 2 大乱の転換点 / 3 古市胤栄の悲劇
第六章 大乱終結
1 厭戦気分の蔓延 / 2 うやむやの終戦 / 3 それからの大和
第七章 乱後の室町幕府
1 幕府政治の再建 / 2 細川政元と山城国一揆 / 3 孤立する将軍 / 4 室町幕府の落日
終章 応仁の乱が残したもの
主要参考文献
あとがき
関係略年表
人名索引

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 302ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2016/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 412102401X
  • ISBN-13: 978-4121024015
  • 発売日: 2016/10/19
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
書名は「応仁の乱」ではあるが、かなり曲者である。奈良・興福寺の別当2人の日記に沿って、6代将軍・義教暗殺から10代将軍・義稙追放までの60年間を、大和や興福寺の情勢を交えつつ詳述しているが、新書だと思って読むととんでもない。応仁の乱の概略をささーっと書いている本ではない。応仁の乱を手掛かりにして、近年の研究の成果を基にした中世の世界観や思考を、同時代的に追体験させようという、かなり野心的な本である。応仁の乱が始まるまで80ページ。そこまで、「興福寺にキャリア僧侶とノンキャリ僧侶、偉い武装僧侶とそうでない武装僧侶、僧侶じゃないが門跡所属の武士……といろいろ格差がある」「近衛家系の一条院と九条家系の大乗院」などの興福寺組織や、管領家や有力守護家の跡目争いについてレクチャーをがっつり受けてから、ようやく本題に入る。

本書というか、著者が優れているのが、文章のよさである。一文一文が短くて歯切れがよい。事実と推測は明確に分けており、接続詞を多用し叙述しているので文章の相互関係が明晰である。そして、本書は新書としては非常に手がかけられている。ページが離れた事跡が再登場する際には該当ページを指し、参照を助けている。年表や詳細な地図、将軍家はもちろん、摂関家、有力大名家などの系図が掲載されていて、人物関係が把握しやすい。何より、尋常でない人物の多さを7ページにわたる索引で支え
...続きを読む ›
コメント 295人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
前書きでは、すでに論じられている諸説、中世史における乱の位置付け、先輩たちによる歴史観、書籍を紹介しながらも、応仁の乱が重要であることを主張。

実際読んでみると、足利義政、山名宗全、細川勝元などのどこか煮え切らない実力者たちと大名たちの動向を事細かに解説していてめまいがするほどだ。しかも東西両軍が同族どうしの対立が多く、あげくに将軍家まで分裂、「西幕府」まで登場。
乱というと、勇ましい騎馬武者による堂々たる決闘やかけひき、傭兵術などを思い起こすが、応仁の乱は京都の市街戦をメインにし、足軽が活躍。焼き討ちや剥奪などもあった。すべてが悪循環、暗い光景。
諦めずに読んでいくと乱前後の「嘉吉の変」「明応の政変」、疫病の流行、民衆の生き様などもセットとして深くまで理解できるようになっている。

すでに他の方のレビューにあるように大名たちによる争いだけではなく、大和(奈良)にある興福寺と経覚、尋尊という2人の僧の日記を第三者の視点として活用した構成も効果的だ。

後半、乱を停滞させた主犯者・原因を探していくことになるが、当時の幕府がだらしないからとか、金儲けをした日野富子は悪女といった一面的な見方を作者は訂正し、当時の人物たちを上から見上げて弾劾することなく、いったん本人の立場を考慮し、擁護してから批評と解説を加
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最近の歴史物は戦国大名であるとかこと個人に焦点が当てられたものが多いが、こういった大乱という出来事自体にスピットが当てられていることが新鮮だった。登場人物も多いし、それだけ色々な人の思惑、利害関係がこれでもかと出てくる。でも歴史ってこういう事がほとんどだし、信長みたいな英雄が出てきて一人で全部纏めてしまうということの方が稀だと思う(だから信長や龍馬は面白いんだが)。各登場人物の考え方や行動も利己的なものを含めなんとなくわかるし、色んな人物が複雑に絡み合うことで応仁の乱という誰も制御できない大乱になってしまったということがわかった。これを興福寺の二人の僧侶の日記を元に史実をテンポよくかつ前後関係がわかるように丁寧に書いた筆者の筆力には感心した。単に史実を並べて書いているだけと思いきや、途中から大河小説を読んでいるかのように物語に没頭してしまった。まさに史実は小説より奇なり。一見地味だが、知れば知るほどみんな人間臭さがあってなかなか面白い。筆者は応仁の乱と第一時世界大戦の類似性を語っていたが、現代の混沌とした世界情勢を読み解くヒントにもなるような気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/3/17
形式: 新書
「これだけ大規模で長期にわたる戦乱なのに、大名たちが何のために戦ったのか見えてこないというのは不思議である。劇的で華々しいところがまるでなく、ただただ不毛で不条理。これが応仁の乱の難解さ、ひいては不人気につながっているのだろう」。

この手の新書としては異例の20万部以上のヒットになっているということなので、読んでみた。奈良の興福寺の2人の僧である経覚と尋尊にスポットを当て、それぞれが残した日記である『経覚私要鈔』と『大乗院寺社雑事記』の記述を重視しながら書かれている。また、応仁の乱の期間だけでなく、その前後の事柄にかなりページを割いており、その結果として、時代の大きな流れの中で応仁の乱とはなんだったのかということを切れ目なく位置付けて理解できるようになっている。

ただ、経覚と尋尊および興福寺という軸が据えてあるとはいえ、とにかく、複雑である。それは、著者の書き方の問題ではなく、事実として、応仁の乱がとにかく込み入ったものだからだ。二転三転、めまぐるしく交錯する思惑と利害、昨日の敵は今日の友、入り組んだ人間関係、膨大な数の登場人物、なのに一大決戦と呼べるものはなく、ヒーローも不在で、イデオロギー的な大義名分にも乏しい。たとえば、三国志や源平合戦や戦国時代の天下統一までの流れや明治維新と比べると、まったくつかみどころがない。「ただただ不毛で不
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー