¥ 972
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) 新書 – 2016/10/19

5つ星のうち 4.1 67件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 720

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
  • +
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

成功例の少ない「応仁の乱」で18万部。日本史研究に新たなスター誕生か

日本史上の大トピックとされていながらも、全体像を捉え難い「応仁の乱」。そんな題材を、既成史観の図式に頼ることなく、絶妙なバランス感覚で丁寧に整理した新書がヒットしている。NHK大河ドラマの歴代最低視聴率記録を長年保持していた『花の乱』(1994年)を始め、「応仁の乱」を扱ったものに成功例は少ないので、異例の現象だ。

「『応仁の乱』をテーマに選んだのは著者ご本人です。地味かもしれませんが名前を知らない日本人はおらず、そういう意味では歩留まりがよい。大ヒットはしないまでも絶対に失敗はしないテーマという認識でした。中公新書は『歴史ものに強い』というアドバンテージもありますし後は“著者力"で突破だ、と」(担当編集者の並木光晴さん)

古くは網野善彦さん、近年では磯田道史さんなど、日本史研究者には、時に、学識の確かさと読み物としての面白さを両立させるスター学者が登場する。36歳とまだ若い本書の著者は、次代の有望株だ。

「扱う題材の全体像をはっきりと理解し、その上で、読者に伝える情報を取捨選択できる。30代半ばでのこの筆力には、とても驚かされました」(並木さん)

中公新書の主な読者層は50代以上。しかし本書の売れ行きの初速はネットなどと親和性がある30代・40代が支え、そこから高年齢層に支持が広がった。これは、新たなスター誕生の瞬間かもしれない。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.3.2号掲載)

だらだらと続く大乱

小学校の教科書で紹介されていることもあってか、「応仁の乱」の知名度は高い。しかし、それがどのような戦乱だったのかと問われると、多くの日本人が口ごもる。室町後期に京都でおきた……戦国時代のきっかけとなった……諸大名入り乱れての……。

呉座勇一『応仁の乱』は、ほとんどの日本人が実態を知らないこの大乱を、最新の研究成果をふまえながら実証的に検証してみせる。さらには、同時代に生きた興福寺の2人の高僧(経覚と尋尊)が遺した日記を通じて、戦乱に巻きこまれた人々の生態を描いている。それらの合間に、気鋭の中世史学者ならではの自説も展開する。いたって学術的な内容なのだが、構成の巧さと呉座の筆力によって最後まで読ませる。

しかし、全体としては、やはりよくわからない。それは決して呉座の責任ではなく、この戦乱が結果的に大乱になってしまっただけで、発端の当事者(細川勝元と山名宗全)たちも、短期に決着するとふんでいたからだ。それがいつしか、両氏が多数の大名を引きこんだために、諸大名の目的が錯綜して、将軍も大将もコントロールできなくなっていき、京都だけでなく各地で戦闘がくり返され、だらだらと終結まで11年もかかってしまったのだ。しかも、戦後処理まで判然としないのだから、応仁の乱はよくわからない。

大義名分に乏しいだらだらと続いた応仁の乱は、第1次世界大戦に類似していると呉座は説く。結果的に諸国に新たなパワーバランスを生みだすことになる、地味な大乱。ひょっとしたら今、私たちもそんな混沌の時代を生きているのかもしれない。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。
気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。

【目次】
はじめに
第一章 畿内の火薬庫、大和
1 興福寺と大和 / 2 動乱の大和 / 3 経覚の栄光と没落
第二章 応仁の乱への道
1 戦う経覚 / 2 畠山氏の分裂 / 3 諸大名の合従連衡
第三章 大乱勃発
1 クーデターの応酬 / 2 短期決戦戦略の破綻 / 3 戦法の変化
第四章 応仁の乱と興福寺
1 寺務経覚の献身 / 2 越前の状況 / 3 経覚と尋尊 / 4 乱中の遊芸
第五章 衆徒・国民の苦闘
1 中世都市奈良 / 2 大乱の転換点 / 3 古市胤栄の悲劇
第六章 大乱終結
1 厭戦気分の蔓延 / 2 うやむやの終戦 / 3 それからの大和
第七章 乱後の室町幕府
1 幕府政治の再建 / 2 細川政元と山城国一揆 / 3 孤立する将軍 / 4 室町幕府の落日
終章 応仁の乱が残したもの
主要参考文献
あとがき
関係略年表
人名索引

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 302ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2016/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 412102401X
  • ISBN-13: 978-4121024015
  • 発売日: 2016/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
書名は「応仁の乱」ではあるが、かなり曲者である。奈良・興福寺の別当2人の日記に沿って、6代将軍・義教暗殺から10代将軍・義稙追放までの60年間を、大和や興福寺の情勢を交えつつ詳述しているが、新書だと思って読むととんでもない。応仁の乱の概略をささーっと書いている本ではない。応仁の乱を手掛かりにして、近年の研究の成果を基にした中世の世界観や思考を、同時代的に追体験させようという、かなり野心的な本である。応仁の乱が始まるまで80ページ。そこまで、「興福寺にキャリア僧侶とノンキャリ僧侶、偉い武装僧侶とそうでない武装僧侶、僧侶じゃないが門跡所属の武士……といろいろ格差がある」「近衛家系の一条院と九条家系の大乗院」などの興福寺組織や、管領家や有力守護家の跡目争いについてレクチャーをがっつり受けてから、ようやく本題に入る。

本書というか、著者が優れているのが、文章のよさである。一文一文が短くて歯切れがよい。事実と推測は明確に分けており、接続詞を多用し叙述しているので文章の相互関係が明晰である。そして、本書は新書としては非常に手がかけられている。ページが離れた事跡が再登場する際には該当ページを指し、参照を助けている。年表や詳細な地図、将軍家はもちろん、摂関家、有力大名家などの系図が掲載されていて、人物関係が把握しやすい。何より、尋常でない人物の多さを7ページにわたる索引で支え
...続きを読む ›
コメント 270人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新書で応仁の乱を解説してくれているとおもったら、これがかなり本格的な研究書になっているので、びっくりの本です。
簡単に応仁の乱を解説しているのではなく、きちんとこの時代に書かれた古文書を紐解き、それを足がかりにしてきちんと応仁の乱とはなんだったのかを読み解こうとする本となっています。
とくに、この時代の古文書というのが奈良市の興福寺の最高指導者である僧侶たちの日記を中心となっています。
興福寺は今では阿修羅像があるところだ、って感じになっていますが、当時の興福寺の影響力はものすごいものです。興福寺は藤原摂関家の氏寺でその庇護のもと、経済的にも政治的にも大きな影響力をもっていました。

この本では、その興福寺の僧侶の日記から、歴史を読み解こうとしているわけですが、その僧侶たちの情報収集力の高さというか、分析力というかすごいなあと感心してしまいます。もちろん、現在のように電話もなければ、マスコミも存在しないし、手紙のやりとりだって自由にできない時代。でも、なんとか人の伝聞なんかを書き綴って、現在まで残っているというのがすごいじゃないの。って思います。

この本は、結構読むのに骨が折れます。いろんな地名が出てくるし、その上登場人物も多いのです。応仁の乱は同族同士の争いという一面もあるので、同じ苗字で、しかも時の権力者の
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
【全体的な流れ】
読んで見ますと、まず応仁の乱開戦までに、80ページまであり、まず前提条件を把握するまでに一苦労。
開戦すると、色々な思惑が絡み、どんどん複雑になっていく様子が紹介されます。
内容は、複雑としか表現できないと思われます。
第一次世界大戦と比較しながら読むのも面白いと思いました。

【足利義政のイメージ】
小中学校の歴史では、不向きな上にいい加減で語られます。
しかし、本書をよむと、和睦の道を探したり、彼なりの努力をしたと思えるようになります。

一方、息子の足利義尚が将軍として一人前になっても、権力をなかなか手放さず、結果的に焦らせて直系を失う等、教科書とは別のマイナスイメージも出来上がりますが。

【第一次世界大戦との共通点】
共通点については、本書でも語られますが、やはり戦力戦術が互角の陣営同士が戦うと膠着し、犠牲だけ増えていくのは変わらないようです。
それと、応仁の乱での畠山義就、第一次世界大戦でのドイツのように、「暴れ足りない連中」の後処理に困ったのも同じようです。
まあ、イギリスやフランスのジェントルマン()は、暴れ足りない連中に油を注ぎましたが、義政の場合そういうマネはしなかったようですが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
意外と気にせずにさらりと受け流していた歴史の一面を改めて気づかされた思いです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー