通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で70... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス) 単行本(ソフトカバー) – 2009/6/17

5つ星のうち 4.3 59件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,026

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
  • +
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  • +
  • 一番やさしい! 一番くわしい!  はじめての「投資信託」入門
総額: ¥4,730
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

急落相場にも負けず、安定した利益を今後上げていくには、世界中の富にインデックス積立投資を行うのが最適だ。
天引き感覚で毎月5万円をインデックス投資でポートフォリオを組んで積み立てることで、30年後の安定資産をつくる!

内容(「BOOK」データベースより)

月に1度「引落とし」、年に1度「確認」するしくみを作るだけ。給与振込口座から掛金を自動的に引き落とし、しくみが投資信託を買い付けることで、投資にはほとんど時間をかけずにストレスなく投資が続けられるようになる画期的な投資手法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 214ページ
  • 出版社: 明日香出版社 (2009/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756913016
  • ISBN-13: 978-4756913012
  • 発売日: 2009/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
儲けるというよりも、低金利のこのご時世において資産価値の目減りに対するリスクヘッジという意味で投資信託には興味がありました。そして、この本んを読んで即座に投資信託を開始しました。この本は株などで素人が設けるのは難しいが、投資信託で長い目で資産運用をしていけば、よりリスクを抑えることができるし、第一デイトレーダーのように資産運用に手間暇をかける必要もないと説いています。
まさに自分にぴったりな投資スタンスでした。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
水色の荘重にどちらかというと心を魅かれて手にとってみた人間です。
「投資信託」を毎月積み立てていくことで35歳から定年の65歳までの30年間で7,000万円の老後資金を捻出しようという本になります。

投資信託の積み立ては
・時間がなくて個別株式を分析したり購入したりするのが面倒な人でも簡単に実行可能。
・給料口座からの毎月の決まった日に自動引き落としされる強制で否も応もなく出来てしまうこと。
・日本に3,400本はあるという投資信託の中から特定の条件の4本に絞り込むことでリスクを分散。

というように所謂「ドルコスト平均法」(毎月決まった金額で投資信託を購入することで、高い時には少なく買い、逆に安い時には多く購入して総合的に平均化することでリスクを最小限に抑えられる)の実行になります。

ポイントは投資信託の中から
・ノーロードファンド(購入の際に掛る手数料がゼロの投資信託の中から)を選ぶこと。
・インデックスファンド(ファンドの性質のうち、市場の平均に連動するタイプ)を選ぶこと。
です。

ですので、3,400もあるという投資信託の中からの銘柄の中でも上記の2つを満たしていないものは全て投資対象から外れます。さらに積立が可能なこと
...続きを読む ›
3 コメント 258人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書のタイトルの7000万は、
毎月5万円の他に、年2回のボーナスを別途20万円を、
30年間積立て、投資を行った場合に見込まれる資産である。

利息無く積み立てた場合の総額3000万に成るので、
約2.3倍程度増える見通しで説明している。

これは単純に、月利毎に複利計算をした場合、
年利5%程度の利回りを著者は見込んでいる計算に成るが、
投資信託で、リスクを抑えつつ収益を得る額としてはこの程度であり、
今まで読んだ投資本の中で最も現実的で見通しの立った本だと思った。

また、本書はリスクの分散の必要性についても非常に分かりやすく述べている。
資産を運用する側からみて、ギャンブルと投資の最大の違いは、
ギャンブルは結局胴元に利益が幾分か流れるマイナスサムゲームであり
(胴元の無い、個人間のゲームでも最大ゼロサムである)資源が増える事は決してないが、
投資とは社会全体で利益を増やす行為であり、(不景気で無い限りは)プラスサムゲームである。
之は資産の運用に大きな違いを与える。

即ちギャンブルの場合、極極最上位のパチプロなどの一部の人種を除けば、
繰り返せば繰り返すほど、収益は必ず下が
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本の表紙には

・月に一度「引落とし」
・年に1度「確認」する
・しくみを作るだけ!

読む前に内容が理解できてしまうくらいシンプルな一冊だと思います
そして初心者には何から投資を知るべきかのセオリーがあるのでオススメです

なぜ初心者に薦められるのかは読めばわかるのですが
内容がコンサルティングっぽい構成に感じるからなのと
別の言い方をすれば「本による出張セミナー」を受講している感覚です

ファンド販売会社(ネット証券)の選び方を「給与振込口座」からの引き落としが可能かどうかで決めるのは実際に現場感覚をもった人でないと書けません
これって意外と探すのが大変で大半の証券会社がドルコスト平均法で買うのにMRFからの買い付けとなってしまい入金の手間という問題は大きいものだったりします

文中ではポートフォリオについていくつかのパターンが紹介されていますが一読し終えて特筆すべきだと感じたのは第5章です

殖やしたお金をどう使うのか?
どうしても資産運用本では資産形成にばかり注目がいきがちですが本当に難しいのは取り崩し方じゃないかと思う
株式投資でも売りは買いの何倍も難しいと言われるのと同様でその部分を取り上げているのはこの本の一番良い部分に思います
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー