通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
忘れられた日本人 (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

忘れられた日本人 (岩波文庫) 文庫 – 1984/5/16

5つ星のうち 4.6 101件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 787
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 756 ¥ 224

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 忘れられた日本人 (岩波文庫)
  • +
  • 山に生きる人びと (河出文庫)
  • +
  • 塩の道 (講談社学術文庫)
総額: ¥2,571
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本全国をくまなく歩き,各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907-81)が,辺境の地で黙々と生きてきた古老たちの存在を生き生きと描き,歴史の舞台に浮かび上がらせた宮本民俗学の代表作.(解説=網野善彦) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907‐81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた宮本民俗学の代表作。


登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1984/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400331641X
  • ISBN-13: 978-4003316412
  • 発売日: 1984/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 101件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,858位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私たちの歴史に於ける現在の位置付けと、過去に生きた人々の確かな繋がりを強く意識させられ、またその人々がとてもリアルに描写され、鮮やかに蘇ってくる。また性に大らかな部分は、当時の日本に住む人々の特質だったのか(フロイスが当時の日本人は性に大らかと言う記録を残して居るそうだ)、日本以外の地域でもそうだったのか興味が有る所である。多数の人々が文字を理解する以前と以後では、人々の世の中と時間の認識が違っている指摘も大変に興味深い。文字を理解しない人々の記録は誰かが記録しない限り、消えてしまうのだから貴重な記録である。
現在でも古さを感じさせない、大変に読み易い一冊である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
土佐源氏の話が面白い。石牟礼道子氏の西南の役伝説もお薦めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
宮本常一さんは、人が語りかけたいと思わせる人だったのかな?ある映画で「聞くことは愛情を示すこと」というセリフがありましたが、文章にもその感情が感じられます。わたくし、もうすぐ孫ができるんですが、孫に祖父の思い出を語ってもらえるような愛情を注ぎたいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
対馬にて   周防の大島から漁船にのって対馬へ
村の寄りあい 古文書を借りるのに村の寄り合いではどういう話し合いの方法がとられたのか
名倉談義   東三河の名倉での老人たちの語り
子供をさがす
女の世間   世間を知るための旅に出た人々、田植えの艶歌
土佐源氏   ばくろうしていた男の数々の女性との性話
土佐寺川夜話
梶田富五郎翁  対馬に移り村を作った古老の話
私の祖父   祖父から聞いた怪談や歌の記憶 そして郷士としての剣道の巧みさ
世間師     旅に出ることで世間を知る
文字をもつ伝承者 語り部でないものが伝える民俗学は人から伝承されるものとことなる

いずれも伝統や慣習を伝承する老人たちから直接話を聞いたものである
最後の章は伝承者でありながらも、文字を用いて伝承しようとした人の話
慣習は勢いがなくなり、絶えてしまいそうな時に、文字を知る伝承者はそれを残そうとする
文字を持たない伝承者は、やがて亡くなり、慣習さえもなかったかのように未来には伝わる

昔、柳田國男の遠野物語を買った これは弟子の佐々木喜善からの聞き取りをそのまま書いたもので、非常に読みにくく、読み終わっていない

最近、
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
商品にとても満足しましたので。面白く読んだので、星5個にしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最近、昔の人はどうしていたんだろう、、、と思うことが多くこちらの本を手にしました。昔のひとはトイレットペーパーがなかっただろうからどうやってお尻を拭いたんだろうとか昔の人は毎日お風呂に入っていたのかな??とか。
この本にはそんな細かいことは書いていないけれど、村の組織や生活ぶりがわかる内容でした。それほど大昔ではない少しだけ昔の人の暮らしや考え方はあっという間に忘れられてしまうんですね。とても貴重な本だと思います。そして面白かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 もともとは1960年に刊行された本。著者は小学校の教諭などをしていた民俗学学者。古老へのインタビューを中心として構成されている。
 曰く・・・
 通りあわせて娘に声をかけて、冗談の二つ三つも言ってみて、相手が受け答えをすれば気のある証拠で、夜になったら押しかける。拒むものではないし、親は納戸で寝ているから「仕事」もしやすい。戸に小便をかければ音もしない。あとは蒲団の中に入るだけ。そうやって遊んだ。ほかに楽しみもないし(愛知県奥地の老人の話)。
 女はみんな16,7になると嫁に行くので、そうたくさんの男を知るわけでもない。夜這いを知らずに嫁にいく娘も半分はいただろう。若い者がよけいに通うのは、行きおくれたものか出戻り娘の家が多かった。男が忍んで行っても親は知らん顔をしていた。あんまり仲良うしてるとせきばらい位はしたが。相手の親とも知り合う仲なのでそうそう無茶なこともできない。知らん娘を嫁にもらうようになったのは明治の終わりごろから。おのずと家の格式とか財産とかをやかましく言うようになった。それから結婚式も派手になった(愛知県奥地の別の老人)。
 田植え歌にはセックスを歌ったものが多い。作物の生産から人間の生殖を連想する風がある。田植えのときにはエロ話になる。その話の中心になるのはたいていは元気のよい40前後の女である。こうした話を通して男への
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー