中古品
¥69
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。 ★ゆうメールの発送は、日曜祝日には配達されません。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2019/07/12 16:31:35 出品商品】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


志賀直哉はなぜ名文か―あじわいたい美しい日本語 (祥伝社新書) 新書 – 2006/4

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥69

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

志賀直哉は「小説の神様」と云われ、その文章は紙面から活字が立ち上がってくると云う。ところが直哉の文章の一体どこが名文なのか、直かにあたってみると、一見すらすらと読めてしまうだけに、かえって分析するのが難しい。三〇年間、志賀直哉、森鴎外、井伏鱒二などの全集を読破して「名文」を採集しつづけ、『日本語大シソーラス』を編纂した著者が、独自の視点から直哉の名文を分類、分析した画期的な書。英語では決して表現できないすっきりとした美しさ、翻訳不可能と云われる融通無碍な接続の技法、句読点の打ち方ひとつにまで施された並々ならぬ推敲…。直哉の名文を通して、日本語独自の自由、美しさを明らかにする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山口/翼
1943年、千葉県生まれ。スタンフォード大学、慶應義塾大学卒業。大学では統計・計量経済を学ぶが、小説家を志し大学院を中退、1970年、渡仏する。まずは語彙を増やそうと自分用の「類語辞典」の編纂を思い立ち、広辞苑などの辞書から言葉を収集、志賀直哉、森鴎外などの全集を読破して名文を採集する。1991年帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396110375
  • ISBN-13: 978-4396110376
  • 発売日: 2006/04
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 234,853位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2008年1月27日
形式: 新書
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年6月28日
形式: 新書
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年5月13日
形式: 新書
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告