必殺! III 裏か表か [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,563
1pt  (0%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

必殺! III 裏か表か [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,564
価格: ¥ 2,454 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,110 (31%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,454より 中古品の出品:2¥ 2,858より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 必殺! III 裏か表か [Blu-ray]
  • +
  • 必殺4 恨みはらします [Blu-ray]
  • +
  • 必殺! THE HISSATSU [Blu-ray]
総額: ¥7,665
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 藤田まこと, 鮎川いずみ, 村上弘明, 京本政樹, 白木万理
  • 監督: 工藤栄一
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2016/02/03
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B018RFB4IG
  • JAN: 4988105103290
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,896位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<あの頃>を超える感動と興奮を、ブルーレイ・クオリティでーー
「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」に、劇場版「必殺! 」シリーズが一挙登場!

人が人を殺す だが 今は金が人を殺す!
劇場版『必殺! 』シリーズ第3弾!
同心の死をめぐり、主水が罠にはめられた! 主水、絶体絶命のピンチ!


■持っていたい、集めてみたいコレクション性の高いシリーズとして、<あの頃>の大作・人気作を選りすぐってお届けする「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」。大好評につき2015年も新たな感動と興奮を呼びおこす名作群を続々リリース!
●あの人気TVドラマシリーズ「必殺仕事人」の劇場版全6作が同時リリース!!
・撮影監督の石原興キャメラマン監修によるブルーレイのための最新のHDデジタルリマスター(2015)でより高画質となった映像とリニアPCM(96kHz/24bit)でオリジナル音声を収録
・ジャケットデザインには“あの頃"の気分が甦る、劇場公開時のポスターアートを採用、クリアケースパッケージ
(SCANAVO社製)でコレクション性を追求
・初回限定特典には“あの頃"の気分をさらに掻き立てるロビーカード風ポストカードを封入
●中村主水(藤田まこと)のほか、組紐屋の竜(京本政樹)、花屋の政(村上弘明)にTV版「必殺仕事人V・激闘編」の“はぐれ仕事人"、壱(柴俊夫)と参(笑福亭鶴瓶)が加わり、飾り職人の秀(三田村邦彦)もカムバック。
●松坂慶子、川谷拓三、成田三樹夫などの個性派俳優を迎えた劇場版シリーズの第3弾。
●TV版でも数々の名エピソードを手掛けてきた工藤栄一監督が“個vs.集団"の抗争劇をハードかつクールなタッチで見事に描ききった傑作!

【ストーリー】
江戸の両替商・桝屋を強請っていた同心が死体で見つかり、その妻が忽然と姿を消す。この事件には裏があると探る主水に、闇の金融集団の非情な罠が仕掛けられる…。

【キャスト】
藤田まこと/鮎川いずみ/村上弘明/京本政樹
白木万理/菅井きん/笑福亭鶴瓶
伊武雅刀/三田村邦彦/松坂慶子

【スタッフ】
監督:工藤栄一
脚本:野上龍雄/保利吉紀/中村勝行
撮影:石原 興
音楽:平尾昌晃
【特典映像】
予告篇3種
バリアフリー再生機能付き◆日本語字幕

【封入特典】
〈初回生産限定〉ロビーカード風ポストカード

※特典仕様、ジャケット画像等は変更になる可能性がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

劇場版シリーズの第3弾。同心殺しを追っていた主水は、江戸の地下金脈の存在を知る。金脈を巡って、闇の金融集団と対決する仕事人たち。金融集団の刺客に主水らは窮地に追い込まれるが…。藤田まこと、鮎川いずみ、菅井きんほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Yダ電気の先行販売で購入。一般販売版では訂正されているかもしれないが、ジャケット裏に4作目のスチールが掲載されている。しかし私が気になったのは一番下に載っているスチール、「葉むら」らしき場所で連絡をとりあう竜と加代の姿が、本編中にはない場面である。予告か何かで「葉むら」らしき処で商売をする竜の映像を見たような気がする。多分、劇場公開版を製作される前に作られたという3時間バージョンには存在した場面なのだろう。
この劇場公開版は傑作だが、やはり3時間バージョンも見てみたい(ダラダラ長いだけで劇場版の方が出来がいいのかもしれないが)。
もしフィルム倉庫等にカットされたシーンのフィルム(デュープでもいいから)が残っていたら、当時のスタッフ(助監や編集)の方の手で3時間バージョンを復元していただき、BD化してもらいたいものです。
それから、映像特典は他の「あの頃映画」と同じく予告編のみ(DVDと一緒)というのも寂しい。テレビとの連動作品だったので、当時朝日放送では宣伝番組が放送されていた(テレビシリーズ中の「制作トピックス」や工藤監督や松坂さんが出演された「三枝と枝雀」等)。それらが収録されていないのが残念である。
ぜひ、長尺版と映像特典満載での再発売を望みます。

ちなみに画質は「あの頃映画」標準のフィルムグレインを残した映像で、くっきりした映像を好む人には物足りないかも。
3 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あと 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/12/13
超弩コメディ要素がどんどん増えていって
良くも悪くも娯楽要素がつよくなっていた必殺が
あえて原点回帰と暗さ鬱さがめだつ
3作目です。
主水さんが気の毒なほど冤罪にまきこまれるし
仲間もどんどん去っていくしで
見ていて楽しさより切なさがたまらないです。

4作目が途端に娯楽映画に戻ったのは
やはりこの暗さが不評だったのかなぁ・・・?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あららあ VINE メンバー 投稿日 2015/12/7
松竹京都映画の膨大なライブラリーもフィルムからHD化。6本の劇場版も単品、そしてセットのボックス販売の次第となった。好みの分かれる劇場版シリーズであるが私は第3作「必殺!ⅲ裏か表か」をお勧めします。

「裏か表か」は必殺シリーズの仕置人時代から看板監督の一人である工藤栄一の演出による劇場版必殺!第三弾(86公開)。
脚本は必殺シリーズのメインライター、野上龍雄、保利吉紀、難関突破ものでシリーズでも定評のある中村勝行らによる。

顔ぶれは激闘篇の面々であるが主役である中村主水の昔の仲間として飾り職人の秀が出演している。これは工藤監督がパイロットを演出したテレビシリーズ次回作「必殺まっしぐら」のパブリシティもあったのではないかと思われるが、なぜ秀が主水の前に現れるのか、物語の起承転結に秀、おこう、そして主水たちの解れた糸が、絡んでいく抜群の物語は圧巻であり、おこうという女の始末のつけ方が、彼女の内面を工藤監督により鋭く、そして情念のままに哀切を以って描き切られている。

工藤監督は東映作品で群像時代劇で評判をとった名手。テレビでは必殺シリーズや昭和50年代の「傷だらけの天使」はじめ数多くのドラマも演出している。前期では「必殺必中仕事屋稼業」最終回の演出がとても印象深い。後期必殺でもパイロット版を担当することも多かった
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
必殺!シリーズ最高傑作です。Blu-rayは出ないかと思って諦めていたのですが…
やっぱり必殺!は中村主水ですね。今のジャニタレだらけのチャラチャラ仕事人には決して出せない、アンニュイで人間臭い世界観が大好きです。
基本的には加治屋の政や組紐屋の竜が登場するシリーズの劇場版ですが、しばらく出ていなかった三田村邦彦演じる秀も登場しています。
まぁ私個人的には柴俊夫演じる壱がシブくて好きです。
クライマックスは必殺!には珍しく殺陣になっていますが、普通の時代劇とは必殺!は違うとあらためて認識できる殺陣です。
薄暗い中で何本もの刀がメチャクチャに飛び回っているので、そんな事は無いと思いつつも、もしかしたら中村主水も死んでしまうのではとヒヤヒヤしてしまいます。
一つだけ残念なのはパッケージですかね。
DVD版のパッケージのほうがカッコいいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す