中古品の出品:7¥ 9,592より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

必殺仕置屋稼業 VOL.7 [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 9,592より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 沖雅也, 新克利, 渡辺篤史, 小松政夫, 中村玉緒
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/09/01
  • 時間: 189 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002IJM4K
  • EAN: 4988003962845
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,730位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1975年7月4日~1976年1月9日まで朝日放送系列で放送されていた「必殺」シリーズ第6作品。第25~28話収録。

レビュー

プロデューサー: 山田久司/仲川利久/桜井洋三 監督: 大熊邦也/松野宏軌/渡邊祐介/蔵原惟繕 脚本: 中村勝行/保利吉紀/国弘威雄/村尾昭 撮影: 石原興/中村富哉/小辻昭三/藤原三郎 照明: 中島利男/釜田幸一/林利男 美術: 川村鬼世志 題字: 糸見渓南 音楽: 平尾昌晃 出演: 沖雅也/新克利/渡辺篤史/小松政夫/中村玉緒/白木万理/菅井きん/藤田まこと/小笠原良智/市原悦子/寺田農/志摩みずえ/山本麟一/美川陽一郎/山田禪二/竹下景子/本阿弥周子/大林丈史/沼田曜一/観世栄夫
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

中村主水という人間は何より一番生きる事に執着した男ではないだろうか。

後の映画"必殺3裏か表か"で強烈な強かさを見せてくれたが、そのさらに昔に既にそれに匹敵するものを主水は見せていた。それが今作の最終回である。

印玄、おこうと二人の仲間を失い仇を討とうといきり立つ市松、捨三。これ以上仲間を失わず仇を討ち、かつ生き延びるため知略を巡らす主水。痺れを切らせた捨三が動こうとしたその時、主水は止め一言言った。

「ぎりぎりいっぱい生きるんだ。」

数多の消え往く命を見てきた主水のその一言の意味は大きく重い。

そして最後の場面。市松をわざと逃がし、その失態の責任をとるため奉行所で最も低い身分の牢屋同心にまで格下げされる。落ちるとこまで落ち、生きている事さえ無様とも思えるほど荒んだ姿。しかし主水は不適に笑うのである。この場面が全てを語っていた。
まるでしてやったりとも思える表情。

中村主水が輝いていた。強かさが輝いた。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまで仕置に至るまでのブレーン的な立ち位置の主水が、本当の「仕置人」になったのが
本作の最終回ではなかろうか。だが、その伏線は実は前作で非主水シリーズの「仕事屋」最終回で
既に張られていた。「無様に生きる」だ。主水は「ぎりぎりいっぱい」生きた末に「無様な」体に
堕ちた。初めて会ったおこうに「一度仕置をした人間は一生その足枷から抜けられない」、
またその死に際「一生この稼業を続けろ」と言われ、結局プロに徹しマシーンになることを選んだ、というより
それしか道がなかった。
逆に市松はお尋ね者として追われながらも、マシーンから人間になるを得た。
この皮肉。
のちに二人を再び結ぶのが「赤井剣之介」

この頃の必殺シリーズはすべてにおいてテーマが一貫していた。
特にこの「仕置屋」、前作の「仕事屋」、そして次作「仕業人」で
そのテーマを語りつくしたように思う。
各々の最終回と特に「一筆啓上業苦が見えた」にその真髄を見る。
そして世に傑作の誉高い「新・仕置人」さえ
私にとっては蛇足の感がある。(つまらないといってるのではないが、リアルタイムで見ていて
実際後半飽きた)

仕事人以降の必殺に興味が湧かない理由がここにある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
すごく感動的な内容で恰好良かったです。

本当に有難うございました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック