通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書) 新書 – 2015/11/28

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 69

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)
  • +
  • 書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
  • +
  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

10万部突破のベストセラー
『書くことが思いつかない人のための文章教室』著者が新たにおくる、
一流の文章が書けるコツ

文章を書くのは苦手ですか? 簡単に書くコツは「3つ」を
意識すること。これだけで作文や小論文、仕事の報告書、
ブログ記事などどんな文章も短時間で、しかも他人が唸る
内容に仕上げることができます。
大きくは1・何を書くか 2・どう書くか 3・どう構成するか――の「3つ」のもとで、
1・体験 2・気づき 3・普遍性/1・有りや 2・無しや 3・その答え/
1・頭の理解 2・心の納得 3・自己表現/1・情景 2・語らい 3・共感――など、
書く内容に応じて本書では今すぐ役立つ「3つ」を伝授。
長年新聞、雑誌上で健筆を振るってきた名コラムニストが
自らのメソッドを明かした文章術の決定版!

内容(「BOOK」データベースより)

文章を書くのは苦手ですか?簡単に書くコツは「3つ」を意識すること。これだけで小論文や仕事の報告書、ブログ記事などどんな文章も短時間で、しかも他人が唸る内容に仕上げることができます。「(1)遠景を描く(2)近景を描く(3)心模様を描く」「(1)体験(2)そこから気づいたこと(3)普遍性をもたせる」など、本書では今すぐ役立つ「3つ」を伝授。長年新聞、雑誌上で健筆を振るってきた名コラムニストが自らのメソッドを明かした、文章術の決定版!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434498398X
  • ISBN-13: 978-4344983984
  • 発売日: 2015/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,069位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この本を読んでどのような文章でも書けるというわけではないと思った。
小説、紀行文やエッセイ、詩というような情緒的な文章を書くことに重きが
置かれており、説明をするための学術的な文章術が身につくというわけではない。
こちらは文章術を説明するための文章を期待しているため、説明的内容であってほしいと思うが
その説明も情緒性に引っ張られている傾向にあり、どこかぼんやりとしている。
「なにを書くか」というのは、「どう書くか」「どう構成するか」よりもものすごく深い命題のような気がするので
「基本」というのもどうなんだろうかとも思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
高倉健さんが先生の授業を聴講したことがあるんですよね。私は受講生でしたので幸運にも同じ教室で学ぶ時間がともにできカンゲキ、コーフンしました。
それはともかく先生の助言で院生たちの作文がみるみる上手になっていくのを見て、文章ってそういうぐあいに上達できるんだと感じ入ったものです。
この本にも授業にそった内容がありますが、こうして先生の文章力と人生のキャリアもうかがえる一冊にまとめられると、格別のありがたみがあるように思われます。
みなさんもぜひ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まずもって感心しないのは、文章を教えている先生なのに、あまり論理のまとまりを感じられないところ。

たとえばこの3つというテーマに縛られて、苦心したことがうかがえる。たとえば本来なら「五感(五官)」を使って描く、ということが言いたいのに、本書のテーマに無理やり沿わせてそれを ”3つ” にしていたりする。 このような、書き手がぜひ加えたい内容が一度決めてしまったテーマと照らして一貫しないとき、どうにかテーマに合わせこむ作業はとても難しい。だから、それを責める気はない。でもそれが素人の読み手にも見通せてしまうのが残念。仮にも文のプロが文の書き方を解説している本なのだから。(まあ論理やプレゼンのプロではないけれど)

時に例として出てくる文章が、個人的には退屈な文であったりするのも少し残念。
加えて、文章の巧拙についての本なのにさりげなく原発廃絶の話などイデオロギーを挟んでみたりするのも姑息。

自分は文章術をテーマにした本をそれほど読んでいないので、ひとつやふたつは、ここからヒントは得られた。その”ひとつ”が後で効いてくるのが読書というもの。したがって、それだけをもって★三つにします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
①文章や作文に対する考え方が大きく変わる。
②五感・五官を駆使しながら、自分が体験する、あるいは体験したことに対して、何をメモすべきかが分かる。
③自分の心模様を描写する方法など、粋な文章を書くことができる術が分かる。

学生や社会人だけではなく、子どもたちにも手に取って読んでほしい文章の本だと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書を読み終え「文章を書く」行為は車の運転に相通じると感じた。
運転には3つの基本「認知」「判断」「操作」があるように、近藤流文章術にも
3つの基本がある。

(1)何を書くか (2)どう書くか (3)どう構成するか
この基本を学ぶことで、すいすいと文章が書けるのです。

言い換えるなら、何を書くか周りを見る(認知) どう書くか判断する。
そして書いたものをどう構成し操作するか。
それを本書では判りやすくテクニックを交え導いてくれます。
いわゆる文章のドライブ教習所でしょうか。

先ず、何を書くかでは「体験」「気づき」「普遍性」を織り込むことを説いています。
どう書くかでは、のどかな田舎道をドライブしていると、周りの景色に気持ちも和むように、
近藤式文章術にも、(1)遠景 (2)近景 (3)心模様 があり、この情景を抑え書くことで、
心を揺さぶる文章が生まれてくると説いています。
そして、どう構成するかでは、何があったのか現在、過去、未来、を通し書き始めることを
説いてます。
この基本を体得すれば、文章にも流れが生じてきます。
他にも多種多様なパターンが本書には盛り込まれており、読者を退屈させま
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー