通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック コンクール編 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 包装後、都内より発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック コンクール編 単行本 – 2011/12/9

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/12/9
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 89

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック コンクール編
  • +
  • 必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック 呼吸編
  • +
  • 必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 64pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙・巻頭 『忍びの国』 大野智
『シネマスクエア vol.93』予約開始 こちらチェック

商品の説明

内容紹介

丸谷明夫先生監修! レベルアップで吹奏楽コンクールを制する!

大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部顧問の丸谷明夫先生監修!
「吹奏楽ハンドブック」にコンクール必勝編が登場!
楽器演奏やアンサンブルの楽しさに目覚めたら、次はコンクール入賞を目指そう。
バンドの目標作り、練習方法の見直し、スケジュールの作り方など、勝つためのノウハウが満載!
パート練習やセクション練習、全体合奏など、実際の曲をもとに実践してレベルアップしよう!
意外にわかりにくいコンクールの応募方法や教材の活用方法なども充実。

内容(「BOOK」データベースより)

バンドの目標作り、練習方法の見直し、スケジュールの作り方などコンクールにのぞむためのノウハウが満載。パート練習やセクション練習におけるコツも満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 104ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア; A5版 (2011/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4636870808
  • ISBN-13: 978-4636870800
  • 発売日: 2011/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 21.5 x 15.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 363,691位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/5
大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部顧問の丸谷明夫先生監修と書かれると吹奏楽関係者や吹奏楽に興味を持つ者は手に取るでしょう。まして「コンクール編」と銘打たれているわけですから。

丸谷先生の文は「はじめに」の2ページだけです。また導入編として第1章に「コンクールに参加する!」とあり、参加するための流れやスケジュールと7ページの分量で書かれてあり、第2章で「サクラのコンクール必勝列伝」という6ページの分量で漫画が記してあります。内容はオーソドックスですが、あえてこの箇所を漫画にする必要もないでしょう。

初めてコンクールに取り組む吹奏楽の顧問や現役の部長が心覚えとして知っておくことを確認するのには有益でしょう。情報と言うのはあればあるだけ役立つと思います。ただ、もう少し多くのページを費やして掘り下げた内容を期待したのも事実です。なにしろ「コンクール編」という文字は重みをもって伝わってきますので。

第3章では、ホルスト作曲『組曲第1番』を取り上げて、各パート別に練習したり演奏するポイントが記されていました。各楽器のパートリーダーはこの箇所は必読でしょう。また新米指揮者にとってもそれぞれの楽器の特性は知っておく必要がありますので、是非マスターして欲しい内容だったと思います。
この『組曲第1番』という選曲はいいですね。譜面
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告