通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
心臓が危ない (祥伝社新書155) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心臓が危ない (祥伝社新書155) 新書 – 2009/4/21

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 心臓が危ない (祥伝社新書155)
  • +
  • 不整脈 突然死を防ぐために (祥伝社新書)
  • +
  • 心臓にいい話 (新潮新書)
総額: ¥2,375
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本人の死因の3分の1は心臓病。ほぼ3人に1人はなんらかの心臓病で死んでいる。突然死は年間7万人。心筋梗塞だけでも年間15万人が死亡。世界に類を見ない超高齢化社会、食の欧米化、極度のストレスなど、日本人の心臓を取り巻く環境は危機に瀕しています。著者は、日本を代表する心臓専門病院の榊原記念病院の現場責任者として、このままいくと「日本人の心臓は破裂する」と警告を発しています。
本書では、心臓についての興味深い知識を知ることができ、狭心症・心筋梗塞・高血圧・不整脈・心破裂をどうしたら防げるかが解説されています。「ブタの心臓はヒトとそっくり「女はなぜ腹上死しないのか」など、身近な話題が満載されています。

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の死因の三分の一は、心臓病。三人に一人は心臓病で亡くなっている。世界に類をみない超高齢化社会、食の欧米化、徹底的な自由競争に転じた企業内のストレスなどが、その原因だ。特に働き盛りの中高年が、ある日突然、心臓病に見舞われるケースが急増している。高血圧、高脂血症、肥満、動脈硬化などは、心臓病の大敵。放っておけば、狭心症や心筋梗塞、さらには大動脈瘤解離などに発展し、とりかえしのつかないこととなる。著者は「今、日本人の心臓が危ない!」と警鐘を鳴らし、注意を促している。本書では、あなたの命を守るため、一生涯休むことなく働き続ける心臓について、学校の授業のようにわかりやすく解説していく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2009/4/21)
  • ISBN-10: 439611155X
  • ISBN-13: 978-4396111557
  • 発売日: 2009/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,260位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
私は、薬剤師であり、企業に勤務する者ですが、顧客からの問い合わせ対応業務や、社内研修の講師なども担った経験があります。そういう立場から読んでも、参考になる良い本です。
まず、顧客対応の立場から見ると、平易な言葉を使って分かりやすく解説している点が目を引きます。とかく心臓外科ともなれば、専門知識が豊富であり、一般の患者には理解できない用語がついつい出てきてしまうものですが、著者は患者でもわかる言葉を使って、粘り強く分かりやすく解説しています。普段の外来での診察の様子が想像できるような内容です。こういうことは、普段から行っていないとなかなか出来ることではないと感じます。著者のドクターとしての人柄も伺えます。
また研修講師の立場から見ると、是非教科書に用いたい本です。上記のような平易な表現を使いつつ、的は外してないところ、解説内容のポイントが絞られていて、話の内容が迷走していないところ、また文章が短く読みやすいところ、そういう点が大変参考になり、新社員の学術的研修にも用いたいような書籍です。私が研修などでよく使う方法ですが、ちょっぴりユーモアも入っていて、読者の心を掴み、飽きさせないところも参考になります。
この本は、高血圧などの素因を持たない方にも是非薦めたくなるような書籍で、医学系新書としては、かなりこなれている、優れたものだと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「毎年、年間約7万人が交通事故以外の、『ある死因』で突然死に見舞われている」。『ある死因』とは、日本人の死因の第2位であり、本書のテーマともなっている『心臓の病気』なのだそうです。突然死を未然に防げれば、大切な人々を残して心の準備もお別れもせずに、逝く確率は限りなく低くなります。 本書は平易で親切な文体ですので、医学書に不慣れな私でも2時間以内に読みきることができました。 交通事故は無理でも、心臓の病気に関しては、本書に示される「未然に防ぐポイント」があるとのことなので、突然の「その日」を迎えないためにも、現在健康である方にもご一読をおすすめします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
心臓病で突然亡くなったり人や、また生還した人たちの具体的なケースを臨床医ならではの語り口で書かれています。また「心臓と性生活」の章では、いわゆる腹上死について分かりやすく解説されていて、非常に勉強になりました。腹上死で病院に運び込まれてくるほとんどは、奥さん以外の女性との性交渉中とのことです。このようなデータをきっちり示した本は初めて。買って損のない1冊です。文章も読みやすくまさに「心臓の学校」です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
還暦半ばにもなって心臓治療を受けた者でさえ、この本に出会えたことは実に幸運に思えます。
「むずかしいことは書きません。心臓の病気で退院された後に、患者さんやご家族に説明する時のように・・・お話しするときのように進めていきたいと思います」と、専門家による蘊蓄集とはあくまでも一線を画しており、
「心臓は、あなたの全身を守るために、まったく休むことなく働き続けています。そんな健気な心臓について学び、あなたの心臓へのいたわりにつながれば幸いです」と、終始素人に分かりやすく丁寧に語りかけてくれます。
これまでの一知半解な知識を補完するだけに止まらず、術後の不安や悩みを癒やす手助けをしてくれました。
投げかけ、語りかける親近感の高まる文体のためもあり「長時間の講義でした・・どうぞお元気で」となると。え‾もう終わりなの?で、次の講義は何時ですか?と尋ねたくなりました。
今日も、藁にもすがる思いで助けを求めてきた患者の一人一人を穏やかで温かく癒している、そんな著者の姿が目に浮かびます。
健常者にも是非ご一読をおすすめします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私も心臓を患った人に、生活習慣の見直しを指導しています。
そんなとき、専門的なことをどのようにかみ砕いて説明すれば理解してもらえるのか、本当に悩みます。
ところが、この本はとても解りやすく面白く説明されていて、大変参考になりました。
この本をそのまま教科書として配りたいくらいだと思いました。
ぜひ、みなさん一読してみてください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
超高齢社会となり、食の欧米化の影響は進み、かつ企業で働く激しいストレス、これだけで心臓の危機は常にある。本書は「心臓の基礎知識」から、「血圧」、「働き盛りと心臓病」、「突然死」、「心臓と性生活」、「心臓リハビリ」、終章に「心臓病にならない為に」と、心臓に関し平易に、非常に解りやすく好感度抜群と思う。褒め過ぎかもしれないが、この長山医師はその人柄がわかるような良心的な著書だ。  「血圧」の項では、怖い仮面高血圧の3タイプ、血圧の降圧の3療法は参考になる。  「心臓病」の細則では、先ずは「狭心症」。病状別では労作性、安静時、労作件安静の各狭心症があり、原因別では器質性、冠攣縮性があり、後者が朝見に行くと死んでいた原因の一つだ。 次いで「心筋梗塞」。年間約15万人が発症し、致死率は30〜40%と推定する。血圧・コレステロール・血糖値が正常な健康体でも発症するから怖い。リストラや再就職失敗、生活不安という強度のストレスも原因となる。 その他に「大動脈解離」(緊急時に手術可能な病院は榊原記念病院他、東京でも数施設しかないという)。「不整脈」も原因は不眠、ストレス、喫煙、カフェイン過剰摂取等々だ。「喫煙」は心臓の大敵と随所に出て来る。 「突然死」は、50歳以上の運動中の例だと、1位ゴルフ、2位ダンス、3位ゲートボールとなる。ゴルフは、1番Hティーグラウンドでオナー、砲台グリーンに駆け上がる、そ...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック